選び方から人気ランキングまで!
ピントルの万年筆専門ページ

>> よく読まれているページはコチラ <<
インクについて
インク
徹底解説
初心者なら知っておきたい万年筆の選び方
万年筆
選び方
万年筆ブランド(メーカー)一覧
ブランド
大全集
安いのに本格的なおすすめ万年筆ランキング
お買い得
万年筆
女性におすすめの可愛い万年筆
カワイイ
万年筆

安いのに本格的なおすすめ万年筆ランキング

安いのに本格的なおすすめ万年筆ランキング

万年筆=高価というイメージを持っている人ってすごく多いですよね。確かに高価な万年筆は本当に価格が高いです。しかし中には万年筆としての機能性を十分持ちつつもびっくりするほどリーズナブルに購入できる万年筆もあるんです。

ここではそんな『安くて本格的なおすすめ万年筆ランキング』を紹介していきます。

スポンサーリンク

高い万年筆と安い万年筆の違い

高い万年筆と安い万年筆の違い

数百円の万年筆から数十万、数百万の万年筆、中には1本1億円もする万年筆まで万年筆の価格は幅広いです。万年筆の価格には様々な要素が関係していますが、まずペン先に使われている素材を意識してみてください。

基本的に高い万年筆と安い万年筆の違いはペン先に金を使っているかどうかで変わってきます。もちろん金を使用していれば高くなりますし、1万円前後までの価格の万年筆には金ではなくステンレスが使われている場合がほとんどです。

金は金属の中でも柔らかい部類に入り、インクにも強いので腐食しづらいのが特徴となっています。それが理由で高級万年筆は柔らかいなめらかな書き心地になっており、逆にステンレスが使われている万年筆はカリカリといった硬めの書き心地になっています。

高価な万年筆の方が優れている?

基本的には」価格が高い万年筆の方が優れています。金をペン先に使った万年筆は柔らかいなめらかな書き心地になっており、書いていて気持ち良いと思う人も多いでしょう。ただ中にはステンレスのペン先のような硬めの書き味が好きな人もいます。万年筆愛好家の人でも、必ずしもペン先に金を使った万年筆だけ評価しているわけではありません。

>>ペン先の違いについて

それに加えてボールペンが主役となっている現代では筆圧は強くなる一方だそうです。そうなると柔らかい金をペン先に使っていると万年筆をだめにしてしまう可能性もあります。そういう意味では「現代人にとっては丈夫なステンレスのペン先の万年筆が優れている」とも捉えることができます。

しかしながら結局はその人の書き味の好みやデザイン、装飾への好みやこだわりによって優劣は判断されることになります。確かに高い万年筆の方が総じて評価は高いですが、価格に左右されることなく自分の好みに合った万年筆を選ぶようにしましょう。

安くて本格的なおすすめ万年筆トップ5

ではここから価格と機能性を両立しているおすすめの万年筆ランキングを紹介していきます。安くても本格的な万年筆として使っていけるものばかりなので、万年筆をこれから持とうとしている人や2本目、3本目の万年筆を考えている人はぜひチェックしてみてください。

第1位:プラチナ萬年筆/プレジール(参考価格:1000)

現在の価格はコチラ

日本を代表する万年筆ブランド「プラチナ萬年筆」が展開している、安くて本格的な万年筆で堂々の第1位になったのは「プレジール」です。1000円前後で購入できてしまうリーズナブルな価格と、その価格とは思えない高級感から大変注目されている万年筆です。

ペン先にはステンレスを使用、インクはカートリッジ/コンバーター両用なのでどちらか好きな補充方法を選べます。なによりプラチナ萬年筆独自のスリップシール機構を搭載しているので1年放置してもインクが乾きません

書き心地としてはボールペンを使用している感覚なので非常に実用向きではありますが、「万年筆らしさ」がほしい人は物足りないかもしれません。しかしながら、1000円前後の価格で書き味が良く高級感のある見た目の万年筆はなかなかお目にかかれません。カラーバリエーションも豊富なので、安くて本格的な万年筆を探している人はぜひチェックしておきましょう。

>>プラチナ萬年筆について詳しくはコチラ

第2位:ラミー/サファリ

現在の価格はコチラ

普段使い万年筆の元祖として知られている万年筆がラミーの「サファリ」です。カジュアル万年筆の代表格であり価格がリーズナブルなので、この手のカテゴリーの万年筆になってくると必ず名前が挙がるほどの人気と知名度を誇っています。

ペン先はとても硬く丈夫なので初心者の人や筆圧が高い人に向いている万年筆であり、ボールペンのような使い方をすることができます。カートリッジ/コンバーター両用なので好みに合わせたインク補充ができますし、気密性が高いので長時間放置していてもインクが乾きづらくなっています。

カジュアルデザインの万年筆なので使うシーンが限られることもあることと、EFでも若干ペン先が太くなっているので細字を書きたい人には向いていないかもしれません。デメリットになりそうなのはこれくらいで、リーズナブルな価格にも関わらず機能性が非常に優れているおすすめの万年筆ですし、これから万年筆を使ってみたい人にも適している万年筆となっています。

>>ラミーについて詳しくはコチラ

第3位:パイロット/kakuno(カクノ)

現在の価格はコチラ

万年筆で非常に知名度が高い人気のメーカーであるパイロットが展開している、1000円を切るリーズナブルな価格にも関わらずクオリティーの高さから評価が非常に高い万年筆が「kakuno(カクノ)」です。

軸とキャップが六角形になっているので机などに置いた時転がりづらくなっており、キャップには窪みがあるのでキャップの取り外しもしやすくキャップをペン置きとしても使えるのが魅力的な万年筆です。

ペン先には顔のようなデザインが施してあり、この顔が見えるように三角形になっているグリップを握ると自然に正しい持ち方になるようになっています。日本の文字が書きやすいことで人気なパイロットならではの、クセのない書き心地から子供から大人まで活用できるリーズナブルな万年筆として第3位にランクインとなりました。

>>パイロットについて詳しくはコチラ

第4位:ペリカン/ペリカーノJr.

現在の価格はコチラ

万年筆の老舗メーカーとして必ず名前が挙がる人気と高い知名度を誇るドイツのメーカー「ペリカン」が展開している児童用の万年筆が「ペリカーノJr.」です。価格が非常にリーズナブルで1500円前後で購入することが可能です。

児童用やリーズナブルな価格ですが侮ってはいけません。しっかりした書き心地はさすがペリカンという感じですし、グリップがゴム製でホールド力があるので肩が凝らず楽に書いていくことができます。それに加えてグリップ部分にガイドがあるので、それに沿って持つことによって正しいペンの持ち方を学ぶことができます。

インク補充はカートリッジ式になっているので手軽にインク交換できますし、色が4種類用意されているスケルトン仕様になっているのでプラスチック製でありながら安っぽさがないのも特徴です。児童用でありリーズナブルな価格ですが十分な機能を備えている万年筆なので、子供から大人まで活用できる万年筆として非常におすすめとなっています。

>>ペリカンについて詳しくはコチラ

第5位:プラチナ萬年筆/プレピー

現在の価格はコチラ

日本を代表する万年筆メーカー「プラチナ萬年筆」が展開している、驚くほどのリーズナブルな価格で購入することができる万年筆が「プレピー」です。価格はなんと300円前後。ボールペンを買う感覚で万年筆を手に入れることができます。

単に安いというだけでなく、ペン先が適度にしなりインクフローも悪くないので書き心地は普通の万年筆と遜色ありません。それに加えてプラチナ萬年筆独自のスリップシール機構を搭載しているのでしばらく使わずに放置していてもインクが乾燥してしまうことがありません。

プラスチック製で高級感こそありませんがカラーバリエーションも豊富で、なによりもここまでの機能がありながらも300円前後で購入できる魅力は非常に大きいです。万年筆を使ったことがない人でも導入しやすいリーズナブルな万年筆としてぜひチェックしていただきたい逸品です。

>>プラチナ萬年筆について詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれているページはコチラ <<
インクについて
インク
徹底解説
初心者なら知っておきたい万年筆の選び方
万年筆
選び方
万年筆ブランド(メーカー)一覧
ブランド
大全集
安いのに本格的なおすすめ万年筆ランキング
お買い得
万年筆
女性におすすめの可愛い万年筆
カワイイ
万年筆