選び方から人気ランキングまで!
ピントルの万年筆専門ページ

>> よく読まれているページはコチラ <<
インクについて
インク
徹底解説
初心者なら知っておきたい万年筆の選び方
万年筆
選び方
万年筆ブランド(メーカー)一覧
ブランド
大全集
安いのに本格的なおすすめ万年筆ランキング
お買い得
万年筆
女性におすすめの可愛い万年筆
カワイイ
万年筆

万年筆のブルーブラックインクおすすめランキング

ブルーブラックインクおすすめランキング

ブルーブラックとは、日本語で言うところの「紺色」のことです。黒よりも色彩が薄く、「とめ」「はね」「はらい」等の筆跡が見えるので日本では非常に人気の高い万年筆のインクです。ブルーブラックインクは、長期の保存に適さない染料インクに、耐候性を持たせるために開発されたインクであり、鉄の酸化による反応を利用します。しかし、近年ではこの仕組みを利用しないブルーブラックインクが主流となっています。そんなブルーブラックインクのおすすめインクをランキング形式でご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

また、万年筆とインクに関しては相性が存在し、万年筆と同じメーカーのインクでなければ故障した際の保障がきかないというメーカーもありますのでご注意下さい。万年筆とインクの相性が悪ければインク漏れ等の原因にもなりますので、選ばれる際にはお使いの万年筆との相性を調べてから購入することをおすすめします。

>>万年筆のインクの注意事項について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

おすすめ第1位:セーラー万年筆/ブルーブラック

現在の価格はコチラ

日本三大万年筆ブランドの1つであるセーラー万年筆のブルーブラックインクがおすすめ第1位です。非常に黒に近い色合いが特徴であり、色揺れと呼ばれる発色の濃淡が揺れる現象が起きやすいインクです。

セーラー万年筆のブルーブラックインクは黒に近い色ですが、黒と青のバランスが良く、このインクをメインに使用している万年筆愛好家も多いようです。インクフローにも優れており、スラスラと滑らかな筆記を楽しめるおすすめのブルーブラックインクです。

>>セーラーについて

セーラー万年筆/ブルーブラックの使用者レビュー

  • いくつかのブルーブラックインクを試してみました。定番のパイロット社の色は大変気に入っていて、長く使っていたのですが、何年も使っていると、ペン先やインクの通り道にだんだん澱が溜まってきます。本当は、定期的にペンを洗浄して使うべきなのですが、面倒くさがりの私としてはついついメンテナンスをおろそかにしていまいがちです。そこで、長くつかっても安心なセーラー製にしてみました。色は、ブルーブラックというより、黒・青・緑が混じったようななんともいえない渋い感じです。最初は鮮明さに欠けるような気がしていたのですが、かなり続けて書いていると、目が疲れない、黒が基本の日本語文書でも違和感がない、そして飽きない、といった良い点を感じるようになりました。今後、このインクをメインにしようと思っています。
  • パイロット社の万年筆を使うにあたり、パイロット社のブルーブラックインクカートリッジを装着したところ、青すぎた印象がありました。それまで使っていたこのインクの色が「ブルーブラック」だと思っていたんです。で、コンバーターを購入して、このインクを使うことにしました。青味と黒の絶妙な色が気に入っています。他にもいろんな色合いのインクが販売されているので、ういう楽みもありそうですが、私にはこのインクがスタンダードです。
    (引用元:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ第2位:ウォーターマン/ミステリアスブルー

現在の価格はコチラ

世界で初めて毛細管現象を利用した万年筆を開発したブランド「ウォーターマン」のミステリアルブルーインクがおすすめの第2位です。このインクは粘度が低いのが特徴であり、サラサラとした書き味が魅力です。そのため非常に万年筆に優しいインクとして高い評価を得ており、愛好に人気の高いインクです。

美しい色も魅力であり、ブルーブラックに分類されていますが「ミステリアスブルー」ですので、黒というよりも深い青という印象が強いです。時間の経過とともに緑色を帯びた深い青に変化していくのも特徴です。多くの万年筆店でもおすすめされているインクです。

>>ウォーターマンについて

ウォーターマン/ミステリアスブルーの使用者レビュー

  • このインクは万年筆に優しく、常用していてもメンテナンスが3ヶ月〜半年に一回程度で済むので、万年筆愛好家に人気の高いインクです。書いた紙やニブの太さによって異なりますが、書いた直後は紺に近い青なんですが、時間が経つと緑色を帯びた青になっていきます。数ヶ月後には色彩雫の孔雀の様なターコイズに近い青緑色に変化していることも。(パーカーのブルーブラックにも同様の特徴あり)人気の高いインクではありますが、この『変色』を嫌う方がいらっしゃるのも事実です。最近のパッケージ変更の際に、商品名がミステリアス・ブルーに変わっていますが、上記のこのインクの特徴を思えば、「ミステリアス・ブルー」というネーミングは言い得て妙だと思います。
  • 万年筆や紙によって少しづつ表情の変わるインクです。その怪しげなところをメーカーも意識したのかブルーブラック(ブルノワール)からわざわざミステリアスブルー(ブルミステール)へと名前を変更。紙の具合によって緑寄りの変色が強く出たり出なかったり。万年筆も乾燥しやすい軸とそうでない軸とで色の変化に度合いが出たり。飽きの来ないインクですが、青寄り、緑寄りが強いので好まない人も多いかもしれません。私もいまだにそうだったりします。嫌いじゃないけど、場面によって使い分けたいと思うときも多いです。それで、メーカー保証外ですが混ぜることになります。無難なのは同じくウォーターマンのブラックを混ぜてみる使い方でしょうか。長年これをしていますが、とくに問題は無いように思います。あくまでも自己責任で。配合量は好みで。ペンの中で煮詰まってくると、なかなか良い色になってきます。ペンを傷めることのない良いインクの一つだと思います。
    (引用元:https://www.amazon.co.jp/
スポンサーリンク

おすすめ第3位:パーカー/ブルーブラック

現在の価格はコチラ

120年以上の長い歴史を誇る万年筆の老舗ブランド「パーカー」のブルーブラックインクがおすすめ第3位です。インクフローがやや渋い印象ですが、速乾性に優れており、素早い筆記にも耐えられるインクです。

正統派のブルーブラックインクであり、色合いも落ち着いた印象です。ウォーターマンのブルーブラックに似ている印象ですが、あのような緑色への変色は無く、時間の経過によって色あせたような変化が楽しめるインクです。

>>パーカーについて

パーカー/ブルーブラックの使用者レビュー

  • よくパーカーのインクはインクフローが渋くなるとの評判ですが、インクフローもよく他のインクよりもすぐに乾くのでいいなと思いました。このブルーブラック、なんとなく乾いたら緑色になるので、ウォーターマンのブルーブラック(ミステリアスブルー)に似ているなと思いました。色あいがウォーターマンに似ていると思ったのは、私だけでしょうか?使い始めたばかりなので、しばらく使用してみようと思います。
  • コンバーターを愛用しているので、いろいろなメーカーのボトルインクを楽しんでいますが、個人的にはPARKERが一番好きです。色合いが明る過ぎず落ち着いていて、乾燥も早い印象があります。
    (引用元:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ第4位:ペリカン/ブルーブラック

現在の価格はコチラ

スイスの老舗万年筆ブランド「ペリカン」のブルーブラックインクがおすすめ第4位です。ペリカンは実用性を重視しているブランドとして有名であり、このブルーブラックインクはいわゆる「古典ブルーブラックインク」と呼ばれるインクです。

古典ブルーブラックですので、染料インクにもかかわらず耐水性や耐光性に優れており、紙の裏抜けも少ない特徴があります。今では数少ないブランドしか製造しておらず、希少なインクです。落ち着きがある綺麗な発色も魅力であり、根強いファンの多いおすすめのブルーブラックインクです。

>>ペリカンについて

ペリカン/ブルーブラックの使用者レビュー

  • いわゆる古典インクを使いたくて購入してみました。今では少なくなってしまった、耐水性、耐光性に優れ、紙の裏抜けも少ない古典ブルーブラックです。その分、万年筆内で乾いてしまうと厄介なので注意ですよ。低価格なのも嬉しいですね。普段使いの実用インクに最適かと思います。
  • 6年前にモンブラン万年筆を購入し、1年間は色々インクを試しましたが最終的にペリカンのブルーブラックが一番気に入りました。以来、ブルーブラック一筋です。
  • 15年ほどまえから、ペリカンの万年筆を使い続けていますが、インクはこのブルーブラックのみ。15年前に書いた文字も、、人生を感じさせる綺麗な色あせ方です。今後も、これを使い続けますので、よろしくお願いします。
    (引用元:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ第5位:パイロット/ブルーブラック

現在の価格はコチラ

日本最大の筆記具ブランド「パイロット」の「ブルーブラックインク」がおすすめ第5位です。日本最大の筆記具ブランドということもあり、日本で広く一般的に売られているので、非常に入手しやすいインクです。

パイロットのブルーブラックインクは深みのある色合いが特徴であり、インクフローも良いので濃淡のある美しい筆記が可能となります。また、長期間の保存にも適しており、耐水性にも優れている機能性の高いインクです。

>>パイロットについて

パイロット/ブルーブラックの使用お者レビュー

  • 万年筆やカリグラフィーペンなど、紙に書く用途としてのインクの中で濃厚な青色というと日本では、このインクが非常に広く一般的に売られていて一番に思い浮かべる方も多いと思います。良い点:最大の特徴といえる非常に高い耐水性次に耐退色性深みのある落ち着いた色水性インク。悪い点:(個人的に)インクの匂いが強烈(乾けばなくなります)間違えて布、服等に付着させると落とすのが困難透明軸の万年筆に使うと軸内部に染色跡が残る安心して葉書や手紙の表書きに使え、長期間保存する書類にも適していますまた、この瓶は内側に特殊な仕掛けがあり、吸入式万年筆のインク補充をするときインクが残り少なくなっても新品時と同様にできるよう小さなインク溜りがついています世界に誇れる日本の技術を結晶させたインクと言うことが出来ます。
  • 現在、プラチナ♯3776センチュリーのMニブで使用しています。インクフローはサラサラで大変良く、濃淡が綺麗に出るので気に入っています。(絵の具の匂いはしますが…)他メーカーと比較すると、同じブルーブラックでも青みが強いです。黒味が強いインクが好きな方には合わないかも知れません。小瓶の方も使用していますが、インクの吸入はこちらの方が圧倒的にやり易いですね。便のデザインもお洒落で、インテリアとして置いておいても絵になります!コストパフォーマンスも非常に良く入手も簡単なので、今後も使用したいと思います。
    (引用元:https://www.amazon.co.jp/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれているページはコチラ <<
インクについて
インク
徹底解説
初心者なら知っておきたい万年筆の選び方
万年筆
選び方
万年筆ブランド(メーカー)一覧
ブランド
大全集
安いのに本格的なおすすめ万年筆ランキング
お買い得
万年筆
女性におすすめの可愛い万年筆
カワイイ
万年筆