選び方から人気ランキングまで!
ピントルの万年筆専門ページ

>> よく読まれているページはコチラ <<
インクについて
インク
徹底解説
初心者なら知っておきたい万年筆の選び方
万年筆
選び方
万年筆ブランド(メーカー)一覧
ブランド
大全集
安いのに本格的なおすすめ万年筆ランキング
お買い得
万年筆
女性におすすめの可愛い万年筆
カワイイ
万年筆

万年筆の黒インクおすすめランキング

黒インクおすすめランキング

古来より文字を書く際の色として最も使用頻度の高かった「黒色」。書道における墨汁も黒色であり、ボールペン等で書類に記載する際も基本的は黒色です。日本人にとって筆記に関して最も馴染みの深い黒色は、万年筆のインクの色としても非常に高い人気を誇ります。そこで、おすすめの万年筆のブラックインクをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

また、万年筆とインクに関しては相性が存在し、万年筆と同じメーカーのインクでなければ故障した際の保障がきかないというメーカーもありますのでご注意下さい。万年筆とインクの相性が悪ければインク漏れ等の原因にもなりますので、選ばれる際にはお使いの万年筆との相性を調べてから購入することをおすすめします。

>>万年筆のインクの注意事項について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

おすすめ第1位:ラミー/ブラック

現在の価格はコチラ

ドイツが世界に誇る筆記具ブランド「ラミー」の染料ブラックインクがおすすめ第1位です。ラミーの万年筆は斬新で機能的なデザインが魅力であり、エントリーモデルのサファリが万年筆初心者に人気が高いことから、同ブランドのブラックインクの人気も非常に高いです。

ラミーのブラックインクの特徴としては、粘土の強さが特徴です。もちろん万年筆の特徴によりますが、紙の上をヌラヌラと筆記することが出来ます。ですのでインクフローの良い万年筆との相性が非常に良いインクです。発色に関しては正統派の純黒であり、高品質だと高い評価を得ています。

数多くのデザイナーを起用しているラミーらしく、ボトルのデザインもシンプルで洗練されています。ボトルの中央が凹んでいますので、インク残量が少なくなっても最後まで使い切ることが出来ます。コンバーターを使えばカートリッジにも利用できます。

>>ラミーについて

ラミー/ブラックの使用者レビュー

  • LAMYのコンバーターと共に購入。初めてのボトルインク。ボトル中央が凹んでいるので、最後まで吸い取れる仕様になっている。凹み形状を補うように、インク吸い取りの紙がロールで付属されていて、美しく便利。ちょっと青みがかっているようにも見えますが、書いてみたら「黒」で色合いも満足。カートリッジに比べると、書き味がイイ。コスパもイイ。オススメです。使い方はまったく書かれていないので、私のような初心者は、ネットでコンバーターとインク補充の方法を調べてでも買う価値はあり。
  • LAMY2000、使い始めはパイロットの色雫「竹炭」を入れたが、インク漏れがひどく使用を断念。本品に変えたところ、インク漏れがぴたりと止んだ。フローも良すぎず渋すぎずでスラスラ流れるようにペン先が運ぶ。純正品のインクに合わせて調整してあるというのは本当だった。色もごく真っ当な純黒。ただ、ブラックでフローがちょうどいいとなるとブルーブラックはやはり相当渋めになるのか?まあ、当面はこれで行きます。
  • 初めての万年筆に初めてのインクでしたが、かなり満足しています。夏場、汗ばんだ手を書いた字の上にしばらく置くと滲みますが、そうでもしない限り気になりません。毎日平均して大学ノートに3〜4ページほど文字を書くのですが、不便に思ったことはありません。値段も安い方だし、気兼ねなく使えて重宝しています。
    (引用元:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ第2位:パーカー/ブラック

現在の価格はコチラ

120年以上の歴史を誇る老舗万年筆ブランド「パーカー」のクインクボトルインクの黒がおすすめ第2位です。パーカーのクインクボトルインクは速乾性が高く、実用性に優れているのが特徴です。万年筆のインクは乾きづらい物が多く、わずかに擦っただけで滲むことも多いのが難点です。しかしこのインクは速乾性が高く、その心配も少ないです。

色合いとしては、少し青みが感じられる黒色です。染料インクですので耐水性には優れていませんが、さらりとしたインクで書き味に優れます。インクフローも申し分なく、一定の速度で好きに筆記することが出来ます。

>>パーカーについて

パーカー/ブラックの使用者レビュー

  • 万年筆の黒インクは、大まかに分類すると次のようなタイプに分けられます。※ グレー寄りの黒インクを除く・セーラーの極黒や、モンブランのパーマネント ブラックの様な真っ黒・モンブランのミステリーブラックや、シェーファーのブラックの様に、少し赤味が感じられるブラック・ウォーターマンのブラックや、パーカーのブラックの様に、少し青味が感じられるブラックパーカーのブラックには極黒やパーマネント ブラックの様な耐水性がありませんが、さらさらしたインクでフローは良好です。筆記直後は少し青味が感じられるブラックですが、乾くと黒方向に落ち着きます。比較的メンテナンスが楽な黒インクをお探しの方には「おすすめ品」です。
  • 欲しかったインクです。乾くと、きれいな色になり、気持ち良いです。
    (引用元:https://www.amazon.co.jp/
スポンサーリンク

おすすめ第3位:モンブラン/ミステリーブラック

現在の価格はコチラ

筆記具を代表する最高級ブランド「モンブラン」の染料インク「ミステリーブラック」がおすすめのインク第3位です。万年筆のトップブランドであるモンブランのインクですが、「ミステリー」と謳うだけあって普通の黒色とは一味違います。

ミステリーブラックの色味は、少し赤みのかかった色合いが特徴です。どことなく不思議な印象があります。濃淡の出もよく、淡い部分はチャコールグレーのような発色をするのも特徴です。速乾性にも優れており、滲みも少ない優秀なインクです。インクフローも申し分なく、さすがモンブランと言えるおすすめのインクです。

>>モンブランについて

モンブラン/ミステリーブラックの使用者レビュー

  • 万年筆メーカーの筆頭、モンブラン社のブラックなのだから、さぞ正統派な黒なのだろうと思って買ってみましたが、”ミステリー”とわざわざ冠してあるだけあって、普通の黒ではありませんでした。ちょっと紫っぽいんですね。趣味の文具箱誌vol25に各社インクの色分布チャートが載っていますが、他社ブラックに比べて明らかにはみ出した位置にあるので納得しました。私には色合い、書き味含めて、ペリカンのエーデルシュタイン・オニキスの方が合いましたが、このモンブランの黒も独特な雰囲気があり滑りも良いように感じます。在り来たりの黒に飽きた向きにはこんなミステリアスな色合いの黒も面白いのではないか、と思います。
  • 墨汁の黒みたいです。黒の中の黒という感じ。ミステリーというよりストライクブラックと言う感じで良い意味でさすがモンブラン万年筆用のインクだと思いました。満足です。
    (引用元:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ第4位:セーラー万年筆/極黒

 

現在の価格はコチラ

日本三大万年筆ブランドの一角であり、メイドインジャパンにこだわる老舗万年筆ブランド「セーラー万年筆」の顔料インク「極黒」がおすすめ第4位です。顔料インクは染料インクと比較すると、耐候性や耐水性において圧倒的に優れていますが、「詰まり」の問題で万年筆のインクとしては人気がありませんでした。

しかし、この「極黒」は顔料インクの欠点であった「詰まりやすさ」を解消するために開発された画期的な顔料インクです。超微粒子のナノインクを用いることによって、優れた書き味と目詰まりのし難さを両立しました。耐水性・速乾性にも優れており、滲みや裏うつりが非常にしにくいおすすめのインクです。

>>セーラーについて

セーラー万年筆/極黒の使用者レビュー

  • ペリカンスーベレーンM400で使用中です。ペン先はEF。ムラなく濃い黒の発色。滑るような書き心地。加えて国産品ならMに相当するはずの太さのペリカンEFでもしっかり細かい字が書ける。とても気に入ってしばらく愛用していました。が……。私は持ち歩き用のリングノートに書き込むことが多いのですが、しばらく経ったら、極黒で書いたページの見開き隣が煤けたように汚れているのを発見しました。インクは完全に乾かしてからノートを閉じているので、リングノート特有の、ページの擦れによる移りが原因のようです。他のインクではもちろんこんなことはなかったので、びっくりしたと同時に、大袈裟なことを言えば愕然としました。姉妹品的位置づけの青墨でも起きない現象なのに。ただ、万年筆や紙などとの相性の問題も考えられますので、「擦れると色が移る」と一概に断定はできないでしょう。私自身、今後いろいろ試してみたいと思っています。
  • とてもとても高価ではある。・・・が、しかしである乾きにくく目詰まりしにくい、滲みもなくサラリと描ける。つけペンの苦悩は半減すると言ってもいい。やや薄いかもしれないが印刷されればそれも問題なし。Gペンや丸ペンを使って絵を描く人には素晴らしい味方となるはず。最後まで使いきれるらしいのでそこもまたよし!
    (引用元:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ第5位:ペリカン/ブラック

現在の価格はコチラ

実用性を重視した万年筆で有名なスイスの老舗万年筆ブランド「ペリカン」のブラックインクが黒インクのおすすめ第5位です。元々は絵具メーカーであったペリカンらしく、インクのクオリティには定評があります。

ペリカンのブラックインクの特徴は、非常にコストパフォーマンスに優れている点です。発色が良くて鮮やかな黒色が魅力であり、インクフローも申し分ありません。筆記量が多い方にはとくにおすすめの黒インクです。

>>ペリカンについて

ペリカン/ブラックの使用者レビュー

  • 「万年筆には純正インクを」というのが、各ブランドメーカーの建前になっていますが、海外メーカーのボトルインクの中には、日常使いには高すぎるインクも多々あります。そこで、とにかく消費量が多いという方にお薦めしたいのが、ペリカンのボトルインクです。筆記具売り場の試し書き用には大概ペリカンのインクが置かれている、と聞いた時は、思わずなるほどと納得してしまいました。もともと絵の具メーカーとして創業した事とも関係があるのかも知れませんが、品質は確かです。そして、嬉しい低価格。例えば、モンブランのそれと比べても(定価で)半額以下、容量も若干ながら多め(62.5ml)です。国産でも、人気のパイロットの『色彩雫』より、かなり割安(もちろん、そこはカラー展開という点において、遙かに及ばないのではありますが)。他社メーカーの万年筆でも安心して使える、実用性に優れたボトルインク、その筆頭に挙げられるのが、ペリカン製品でしょう。
  • 昔、使用していたペリカンを再び使いたくなり迷わず購入しました。40年前の記憶が、蘇りました、昔から変わっていないです。とても満足してます。
    (引用元:https://www.amazon.co.jp/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれているページはコチラ <<
インクについて
インク
徹底解説
初心者なら知っておきたい万年筆の選び方
万年筆
選び方
万年筆ブランド(メーカー)一覧
ブランド
大全集
安いのに本格的なおすすめ万年筆ランキング
お買い得
万年筆
女性におすすめの可愛い万年筆
カワイイ
万年筆