大切な赤ちゃんの笑顔を守るために!
ピントルのチャイルドシート専門ページ

>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴

タカタのチャイルドシートの特徴や魅力を徹底解説!

タカタ(TAKATA)のチャイルドシート

車の安全面におけるプロフェッショナルブランドとして世界中でも非常に認知度の高いメーカーがこの「タカタ(TAKATA)」というブランドです。チャイルドシートにおいてもその評価は高く、自動車メーカーの純正品としても採用されています。

そんなタカタ(TAKATA)のチャイルドシートにはどのようなラインナップがあり、どんな特徴を持っているのでしょうか。ここではそんなタカタ(TAKATA)のチャイルドシートについて、その特徴や選び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

人気ブランド【タカタ(TAKATA)】とは?

現在車のエアバッグ、シートベルト、チャイルドシートなどの製造を販売を行うタカタ(TAKATA)は1933年に織物製造の工場、高田工場としてスタートしました。

その高い織物技術から救命索の製造もおこなわれ、この頃からすでに命を守るための製品製造がスタートしていたことになります。その後1956年には自動車乗員拘束装置などの製造販売を目的として法人化されました。

1960年にはシートベルトの製造販売を開始、1987年にはエアバッグの製造販売が開始され、2006年には東証への上場も果たしています。

ISOFIXのラインナップが豊富なタカタ(TAKATA)のチャイルドシート

タカタ(TAKATA)のチャイルドシートの特徴としてまず挙げることができるのは、国産メーカーの中でもISOFIXタイプのチャイルドシートに対する取り組みがトップクラスと言える点でしょう。

従来はシートベルトによって固定されていたチャイルドシートですが、このISOFIXというのは座席に直接固定することによって使用されるタイプのチャイルドシートとなっています。

日本国内でも60%以上のチャイルドシートユーザーがその取り付けについてミスがあるとされているチャイルドシート、この点に注目したタカタ(TAKATA)は特にISOFIX対応のチャイルドシートに力を入れているブランドであると言えるでしょう。

タカタ(TAKATA)のチャイルドシートの特徴とは?

  • ISOFIX対応のチャイルドシートのラインナップが豊富であること。
  • ジュニアシート以外はすべて新生児から対応しているため長く使える。
  • 激しく揺れてもぐらつかないHUG発想のチャイルドシート。
  • 自動車専門の安全システム開発ブランドとして世界中の自動車メーカーへ製品を提供。
  • 3年連続でグッドデザイン賞を受賞する高いデザイン性。
  • チャイルドシートの国連統一規則において乳児、幼児の両方で優を受賞
  • ブレスエアーを採用することで通気性に優れたチャイルドシートを実現。

タカタ(TAKATA)のリコール問題とチャイルドシート

現在タカタ(TAKATA)と言えば、エアバッグのシステムにおけるリコールの問題を抱えた企業であるとも言えるでしょう。タカタ(TAKATA)の製造したエアバッグに使用されるインフレータというエアバッグを膨らませるためのガスを発生させるための装置に問題があるとされています。

もちろんチャイルドシートは、エアバッグとは全く違うものなのでインフレータは使用されていません。よって直接的に因果関係があるわけではないので、現時点ではタカタ(TAKATA)だからといってチャイルドシートにも問題があるとは言い切れないでしょう。

 

タカタ(TAKATA)の人気チャイルドシートといえばコレ!

タカタ(TAKATA)のチャイルドシートと言ってもそのラインナップは様々です。そんな中からどんなタイプのチャイルドシートを選べばよいのでしょうか。

やはりISOFIX対応のシリーズがおすすめとなりますが、従来のシートベルト固定タイプのものも合わせてタカタ(TAKATA)の人気チャイルドシートについて紹介していきます。

タカタ04 アイ フィックス WS

現在の価格はコチラ

タカタ(TAKATA)のISOFIX対応のエアバッグの中でも、一歩進んだ技術である、エアパッドを搭載したチャイルドシートがこの「takata04-ifix WS」です。

側面衝突時に、パッド内部の空気を逃しながらその衝撃を吸収することによって、よりお子様の安全性を高めることに成功したチャイルドシートとなっています。

>>メーカー商品詳細ページはコチラ

タカタ04 アイ フィックス プレミアム

 
現在の価格はコチラ

タカタ(TAKATA)が持つ機能性だけでなく、そのスポーティーなデザインも大きな特徴となっているチャイルドシートがこの「takata04-ifix premium」です。

従来の安全性能はもちろんのことながら、チャイルドシートのベースとなる部分と、本体部分に一体感を出すためのガーニッシュを採用することによって豪華な雰囲気となっているのが大きな特徴です。

>>メーカー商品詳細ページはコチラ

タカタ04 スマートフィックス

現在の価格はコチラ

チャイルドシートの国連統一規則において、初めて乳児、幼児用の両方で最高評価の「優」を獲得した高い安全性能を誇るチャイルドシートがこの「takata04-smartfix」です。

スイングアブソーバーシステムによって、安全性能を抜群に高めるだけでなく、3Dメッシュシートによって通気性を確保、熱がこもりにくくどんな季節でも快適に使用可能なシートベルト固定タイプのチャイルドシートです。

>>メーカー商品詳細ページはコチラ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴