大切な赤ちゃんの笑顔を守るために!
ピントルのチャイルドシート専門ページ

>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴

レーマー(ブリタックス)のチャイルドシートの特徴や魅力を徹底解説!

レーマー(ブリタックス)のチャイルドシート

どんなチャイルドシートを買おうかと迷った際に、一番最初に出るのは「どこのブランドにする?」ということ。チャイルドシートのブランドの中でも比較的知名度の高いレーマー(Romer)ですが、みなさんはレーマーのチャイルドシートについてどんなことを知っていますか?レーマーってどんなブランドなのか正しく知っているでしょうか?今回はぶりタックス・レーマーのチャイルドシートが持っている魅力や代表的なモデルについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

人気ブランド【ブリタックス(レーマー)】とは?

レーマーの正式名称はブライタックス・レーマー、しかし2014年にレーマーはブランド名を変えて『ブリタックス(Britax)』というブランドへと変わりました、現在のところブリタックスというブランド名よりもレーマーという名前のほうが認知されていますが、ブリタックスブランドとしてさらなるチャイルドシートの成長が期待されています。

現在、ブリタックス(元レーマー)のチャイルドシートは伊藤忠リーテイルリンク株式会社が正規輸入代理店となっており、英国王室はジョージ王子のチャイルドシートに選ばれるなど、ヨーロッパでは知らない人のいないブランドです。

ブリタックス(レーマー)のチャイルドシートはドイツのトップブランド

ドイツと言えば速度無制限の高速道路である”アウトバーン”が張り巡らされており、それゆえに高速走行という厳しい状況下に対応できる高い安全性能がチャイルドシートには求められており、そんなドイツでトップシェアを獲得しているブリタックス(レーマー)は今やプレミアムセーフティを語るにふさわしい最上級のブランドとして君臨しています。

1971年に登場したブリタックス(レーマー)はチャイルドシートの専業メーカーとして創立され、生命を守る安全装置としての強いこだわりによってドイツ国内におけるチャイルドシートのトップブランドとして評価と信頼を獲得しています。

ブリタックス(レーマー)のチャイルドシートの特徴

  • 国連欧州経済委員会の統一基準であるECE R44/04の認証を受けている。
  • 日々の成長に合わせてきめ細やかな調節ができる構造になっている。
  • メルセデスベンツやポルシェなどの自動車メーカーが純正採用している。
  • バガブーなどのバギーとベビーシートがトラベルシステムによりドッキング可能。
  • 新生児から使える乳幼児兼用タイプなどの幅広い年齢で使えるチャイルドシートが豊富。
  • アイソフィックス(ISOFIX)によって取り付けられるチャイルドシートが豊富。
  • 徹底したデータ管理により高度な安全性能が追求されている点。
  • 世界13カ国で行われている消費者テストで30年以上トップクラスの評価を獲得。
  • 乳幼児カテゴリーで最高クラスのチャイルドシートとして国土交通省の評価を獲得。

ブリタックス(レーマー)の人気チャイルドシートといえばコレ!

ブリタックス(レーマー)のチャイルドシートといえば、ロイヤルベビーにも選ばれたベビーセーフや、チャイルドシートの人気モデルとして知られるキングプラスとそのISOFIX使用のデュオプラス、そして新生児から4歳まで使えるデュアルフィックスとファーストクラス、さらには1歳手前から12歳前後まで使えることで支持を獲得しているエボルバやジュニアシートのキッドシリーズなど、注目度が高いチャイルドシートが目白押しです、そんな中でも特に人気の高いチャイルドシートについて詳しく紹介しましょう。

ベビーセーフ(BABY-SAFE)シリーズ

現在の価格はコチラ

ブリタックス(レーマー)のベストセラーモデルであり英国王室のロイヤルベビー「ジョージ王子」の初めての旅行にも使用された名作!アイソフィックス規格なだけでなく、ベビーキャリーやベビーラック、バギーといったものとも組み合わせて使用できるトラベルシステムにも対応するなど、ベビーシートの中では頭一つ抜けた実用性と安全性が魅力のシリーズです。

>>メーカー商品紹介ページはコチラ

デュアルフィックス(DUAL FIX)

現在の価格はコチラ

新生児から4歳ごろまで活用できるアイソフィックスのチャイルドシートで、360度回転するため乗り降りがスムーズ!衝突時のエネルギー変換システムのピボットリンクや、全方向衝突対応シェルなどの安全面のサポートも充実、さらには3段階のリクライニング機能もあるなど、安全性と快適性の両方の面で非常に優秀なチャイルドシートです。

>>メーカー商品紹介ページはコチラ

エボルバ1-2-3プラス(EVOLVA 1-2-3 plus)

Amazonでチャイルドシートを探すならコチラ

※現在、Amazonでの取り扱いはありません。

これ一台で1歳手前から12歳前後まで対応できるとあってコストパフォーマンスの高さが人気を獲得しているブリタックス(レーマー)の中でも注目の高いチャイルドシートで、とくに幅広い年齢のお孫さんを乗せることが多いお爺ちゃんお婆ちゃんたちから人気です。この機能性でこの価格というのも魅力の一つといえるでしょう。

>>メーカー商品紹介ページはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴