大切な赤ちゃんの笑顔を守るために!
ピントルのチャイルドシート専門ページ

>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴

要注意!チャイルドシートの正しい取り付け方

チャイルドシートの正しい取り付け方

お子様との安全なドライブにおいて絶対に欠かすことのできないチャイルドシートですが、その機能を十分に果たすためには正しく装着することが絶対条件となります。

正しい装着方法でチャイルドシートを設置しなければ、お子様の安全はもちろん、逆に危険になってしまうこともあり得るでしょう。

ここではそんなチャイルドシートの正しい取り付け方について、チェックするポイントなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

チャイルドシートの取り付け位置

チャイルドシートの取り付け位置

チャイルドシートの取り付け方に入るまえに、そもそもチャイルドシートをどの座席に設置するのか。これもお子様の安全を守る上で重要なポイントと言えます。

そこでまずはチャイルドシートを設置してはいけない場所、座席について確認しておきましょう。

  • シートベルトが設置されていない座席
  • 進行方向に対して前を向いていない座席
  • エアバッグが設置されている座席

まず、そもそもですがシートベルトが設置されていない座席にはチャイルドシートは固定できません。ですのでシートベルトが設置されていない座席にはチャイルドシートを設置してはいけないというより、“できない”という方が正しいですね。

滅多にないとは思いますが、シートベルトはないけれどアイソフィックス(ISOFIX)対応の金具はあると言う場合、チャイルドシートがアイソフィックス(ISOFIX)対応であれば使用は可能と言えるでしょう。

続いて進行方向に対して前を向いていない座席ですが、チャイルドシートは前向きの座席に設置することを想定して作られているものがほとんどです。

そのため、横向きや後ろ向きになっている座席に対してチャイルドシートを使用することは安全性の点において避けるべきでしょう。

最後にエアバッグですが、エアバッグが搭載されている助手席にチャイルドシートを設置するのは危険なので避けましょう。

エアバッグが膨らむ衝撃でチャイルドシートを弾き飛ばしたり、通常より前にあるお子様の顔面に膨らむ最中のエアバッグが強い衝撃を与えてしまうなどのトラブルが起きます。

>>チャイルドシートを助手席に付けるのは違反?危険?

 

チャイルドシート取り付け時のポイント

チャイルドシート取り付け時のポイント

チャイルドシートを取り付ける際に注意する点はいかに正しく取り付けができるかということに集約されます。

そのためには、そのチャイルドシートにある取扱説明書をよく読み、しっかりと設置することができるまで何度もトライすることです。

チャイルドシートはもちろんのことながら、機種やメーカーによって作りが違うため、設置方法も異なります。

メーカーによってはDVDなども付属されているものがあるので、しっかりと何度も確認しながら設置をしましょう。

チャイルドシートの設置で間違えやすい点

チャイルドシートを設置する上で間違えやすいのが、ロッキングクリップの位置と向き、シートベルトのねじれ、ベルトの締め付け不足、ベルトの通し方の間違いなどが挙げられます。

一見正しく固定されているようにみえても間違っていたり、間違っているにも関わらず固定はしっかりされているように感じる場合もあるので注意しましょう。

JAFの調査によると腰ベルトの締め付け不足が最も多いミスユースとなっているので、締め付けに関してはしっかり確認しましょう。

チャイルドシートがしっかりと付いているかの確認

チャイルドシートがしっかりと座席に固定されているかについて、一体どのように確認すればよいのでしょうか。

これもメーカーや製品ごとに異なると言えますが、目安としては設置したチャイルドシートを手で動かしてみて3センチ以内にその動きが収まっているかどうかです。

手で動かした程度でこれ以上の動きがチャイルドシートにある場合はなんらかのミスユースとなっている場合があります。

一旦取り外して設置をやり直すなどするようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴