大切な赤ちゃんの笑顔を守るために!
ピントルのチャイルドシート専門ページ

人気第1位 人気第2位 人気第3位
コンビ
コンビ
種類と特徴
タカタ
タカタ
種類と特徴
アップリカ
アップリカ
種類と特徴

リーマンのチャイルドシートの口コミや評判は?ネディやカイナなどの人気モデルもご紹介!

リーマンのチャイルドシート

チャイルドシートを選ぶなら、メーカーについて詳しく知っておきたいですよね。

ここでは、人気メーカー「リーマン(LEAMAN)」のチャイルドシートについて調査していきます!

おすすめのモデルをはじめ、実際に使用しているユーザーの口コミや評判に迫っていきます。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

リーマン(LEAMAN)とは?

リーマン(LEAMAN)とは?

リーマンは、2001年(平成13年)に設立された比較的新しいチャイルドシートのメーカーです。

愛知県愛西市に本社を置き、メーカー独自で設けている「リーマン基準」という厳しい基準をクリアできる高い技術力と製品へのこだわりや愛情を持ったモノ作りのプロ集団です。

「MADE IN JAPAN」にこだわり、多くの製品を本社に隣接した自社工場で生産を行っています。

チャイルドシートの他には、ベビー用品や介護福祉用品の製造販売しています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f.y.manamiさん(@moto3i0721)がシェアした投稿 -

独自の基準「リーマン基準」とは?

独自の基準「リーマン基準」とは?

リーマン基準とは、以下のようなものとされています。

 

成形・製造段階でクリアされるべき、厳しい独自基準です。生産の各ラインで15以上の工程を設け、そのひとつひとつに厳しい基準を設定。例えば、部品を工具で締め付ける際の力の度合いなど、細かい部分まで数値化して厳密に管理し、小さな誤差も見逃しません。

また、その基準をクリアする高い技術をスタッフひとりひとりが身につけられるよう、きめ細かい指導体制も徹底しています。

引用:リーマンのものづくり(https://www.leaman.co.jp/craftsmanship/)

国産のチャイルドシートは、2012年頃から施行された新基準「ヨーロッパ基準」に基づき製造がおこなわれていますが、さらにリーマン独自で厳しい自社基準を設けることによって、より高い安全性を実現しています。

スポンサーリンク

リーマンのおすすめチャイルドシート

リーマンのおすすめチャイルドシート

リーマンのチャイルドシートは、大きく分けて4つのタイプに分かれて展開されています。

新生児から使える「ネディ」や「カイナ」「ソシエ」などは特に人気のモデルになっています。

ここからは、「どのモデルを購入したらいいか迷っている」という読者の為に、おすすめのモデルの特徴について解説をしていきます!

【商品ラインナップ(2018/11現在)】

新生児対応チャイルドシート 新生児~4才頃
新生児対応チャイルドシート(ロングユース) 新生児~7才頃
チャイルド&ジュニアシート 1才~11才頃
ジュニアシート 3才~10才頃

おすすめの新生児対応チャイルドシート

まずご紹介していくのは、新生児~4歳頃までを対象とした「新生児対応のおすすめチャイルドシート」です。

このシリーズは、全7モデルに分かれており、それぞれ特徴が異なります。

モデル名 メーカー紹介文
(公式HPより)
レスティロ ISOFIX 唯一のISOFIXタイプ。
車の中でも、"抱っこ"のようにやさしく包む

【希望小売価格】
¥53,000(+税)
【対象年齢】
新生児~4歳
【車載方法】
ISOFIX
レスティロ-Ⅱ 赤ちゃんの"上質なくつろぎ"にこだわりました

【希望小売価格】
¥43,000(+税)
【対象年齢】
新生児~4歳
【車載方法】
シートベルト
ソシエプラス3 スポーツデザインと快適さをプラス

【希望小売価格】
¥31,000(+税)
【対象年齢】
新生児~4歳
【車載方法】
シートベルト
ソシエ3 ハイパフォーマンスなシンプル&コンパクト設計

【希望小売価格】
¥29,000(+税)
ピピデビューフォルテ 深い奥行きの安心感
【対象年齢】
新生児~4歳
【車載方法】
シートベルト

【希望小売価格】
¥25,000(+税)
【対象年齢】
新生児~4歳
【車載方法】
シートベルト
ネディアップ ママにもやさしいベーシックモデル

【希望小売価格】
¥19,800(+税)
【対象年齢】
新生児~4歳
【車載方法】
​​​​​​​シートベルト
ネディライフ スタイリッシュなシンプルモデル

【希望小売価格】
¥19,000(+税)
​​​​​​​​​​​​​​【対象年齢】
新生児~4歳
【車載方法】
​​​​​​​シートベルト

▶詳しいラインナップは、リーマン公式HPを参考にしてください。

おすすめモデル:ネディライフ
現在の価格はコチラ

製品詳細

  • ネディLife
  • 価格の目安:¥19,000~
  • Amazon評価(2018/11):4.3/5点(7件)
  • 適応体重:新生児~18kg
  • 年齢の目安:新生児~4歳頃
  • 身長の目安:新生児~100cm
  • サイズ:W475×D525×H650mm
  • 重量:約6.1kg
  • イス型
  • シートベルト

リーマンが展開している新生児対応のチャイルドシートの中でも、最もリーズナブルな価格帯で購入できるのが「ネディライフ」になります。

多くの機能は搭載せずに、構造は至ってシンプル。本体重量も「6.1kg」と軽量なので、女性でも簡単に取り付けることができます!

ユーザーからの評価も高く、「軽い」「取付が簡単」「コンパクト」といった点で満足度が高くなっています。

カラーは「スタイルブラック」と「スタイルレッド」の2カラーで展開されています。

 

  • コンパクトカーなので、なるべく場所を取らないこのモデルを購入しました。(ネディライフ)
  • 軽量なので女性一人でラクラク取り付けることができます。(ネディライフ)
  • 安いのでレンタルするよりも、お得です。(ネディライフ)
  • シートが倒れないので、新生児には苦しそう。1歳児頃から快適に使用することができます。(ネディライフ)
  • 作りはシンプルだけど、丈夫なので満足です。(ネディライフ)
  • 国産なので安心感がある。(ネディライフ)

「ネディライフ」の最新価格をチェックする

おすすめモデル:ピピデビューフォルテ
現在の価格はコチラ

製品詳細

  • ピピデビューフォルテ
  • 価格の目安:¥25,000~
  • Amazon評価(2018/11):5.0/5点(3件)
  • 適応体重:新生児~18kg
  • 年齢の目安:新生児~4歳頃
  • 身長の目安:新生児~100cm
  • サイズ:W480×D530×H650mm
  • 重量:約7.7kg
  • イス型
  • シートベルト

続いてご紹介するのは、コチラも人気の高いモデル「ピピデビューフォルテ」

ネディライフに比べて、シートの奥行が深くなっており、頭部にクッションが追加。保護性が高くなっているのが特徴です。

またシートカバーには、通気性の高い「3Dメッシュ」を採用しており、汗をたくさんかく赤ちゃんでも快適に過ごすことができます。

カラーは、「ノワールレッド」と「ノワールブラウン」の2カラーで展開されています。

「ピピデビューフォルテ」の最新価格をチェックする

おすすめモデル:ソシエ3
現在の価格はコチラ

製品詳細

  • ソシエ3
  • 価格の目安:¥29,000~
  • Amazon評価(2018/11):3.7/5点(3件)
  • 適応体重:新生児~18kg
  • 年齢の目安:新生児~4歳頃
  • 身長の目安:新生児~100cm
  • サイズ:W480×D530×H650mm
  • 重量:約7.9kg
  • イス型
  • シートベルト

赤ちゃんの快適性や安定性をより高めたのが「ソシエ3」。

首の座っていない赤ちゃんでも安定して座ることのできる「フルサポートソフトインナーパッド」を採用しており、ユーザーからも「すぐに寝てしまう!」との意見が見られます。

また背もたれ前面には「ヘッドプロテクション」を搭載。万が一の事故の際でも、衝撃を吸収する仕組みになっています。

「ソシエ3」の最新価格をチェックする

おすすめの新生児対応チャイルドシート(ロングユースタイプ)

新生児から7才頃まで、長い期間にわたって使用することのできるのが「ロングユースタイプ」です。

このシリーズで展開されているのは、2018年11月現在「カイナ(Caina)」のみになっています。

モデル名 メーカー紹介文
カイナ 使用義務期間を1台でカバー!

【希望小売価格】
¥19,800(+税)

▶詳しいラインナップは、リーマン公式HPを参考にしてください。

おすすめモデル:カイナ
現在の価格はコチラ

製品詳細

  • ソシエ3
  • 価格の目安:¥19,800~
  • Amazon評価(2018/11):--
  • 適応体重:新生児~25kg
  • 年齢の目安:新生児~7歳頃
  • 身長の目安:新生児~120cm
  • サイズ:W440×D650×H500mm
  • 重量:約6.5kg
  • イス型
  • シートベルト

新生児から7才までの期間をカバーすることのできる「カイナ」

新生児~1歳頃「ベビーモード」、1~4歳頃「チャイルドシート」、3~7歳頃「ジュニアモード」の3モードで7才まで使用することができます。

お子様の成長に合わせて「ヘッドレスト」の高さを調節することができるので、しっかりと安全性を確保。

国土交通省と自動車事故対策機構が実施する「チャイルドシートアセスメント」で、乳児・幼児ともに「優」の評価を得ています。

「カイナ」の最新価格をチェックする

おすすめのチャイルド&ジュニアシート

新生児の使用はできませんが、1歳~11歳までの長期使用ができのが「チャイルド&ジュニアシート」です。

このシリーズで展開されているのは、2018年11月現在「フィーカ DX(FIKA DX)」のみになっています。

モデル名 メーカー紹介文
フィーカ DX クッションをボリュームUP
11歳頃まで使えるロングユースシート

【希望小売価格】
¥26,800(+税)

▶詳しいラインナップは、リーマン公式HPを参考にしてください。

おすすめモデル:フィーカ DX
現在の価格はコチラ

製品詳細

  • フィーカ DX
  • 価格の目安:¥26,800~
  • Amazon評価(2018/11):3.7/5点(5件)
  • 適応体重:9~36kg
  • 年齢の目安:1歳~11歳頃
  • 身長の目安:70cm~145cm
  • サイズ:W670×D450×H330mm
  • 重量:約6.8kg
  • イス型
  • シートベルト

1歳~11歳頃まで使用できるロングユースタイプの「フィーカ DX」

夏場の車内の温度が高くなる季節でも、通気性抜群の「エアフリーシート」や「3Dメッシュ」を採用しているので、暑がりなお子様でも快適に使用することができます。

左右取り付け可能な「カップホルダー」が付属。ドライブをより快適なものにしてくれます!

「フィーカ DX」の最新価格をチェックする

おすすめのジュニアシート

最後にご紹介するのは、3才~10才頃まで使用することのできる「ジュニアシート」です。

このシリーズは、全4モデルに分かれており、それぞれ特徴が異なります。

モデル名 メーカー紹介文
カイナハイバック ISOFIX ISOFIXとシートベルト、ダブルで守るジュニアシート

【希望小売価格】
¥30,000(+税)
カイナハイバック 大切なのは、乗っているお子様が"楽"なこと

【希望小売価格】
¥13,500(+税)
リーマンジュニア EX おしりにやさしいふわふわクッション

【希望小売価格】
¥4,500(+税)
リーマンジュニア コレット COLLOR Is Fun!!!!!選べる6色のバリエーション

【希望小売価格】
¥3,480(+税)

▶詳しいラインナップは、リーマン公式HPを参考にしてください。

おすすめモデル:リーマンジュニア コレット
現在の価格はコチラ

製品詳細

  • リーマンジュニアコレット
  • 価格の目安:¥3,480~
  • Amazon評価(2018/11):4.3/5点(63件)
  • 適応体重:15~36kg
  • 年齢の目安:3歳~10歳頃
  • 身長の目安:100cm~138cm
  • サイズ:W425×D350×H210mm
  • 重量:約1.1kg
  • シートベルト

3,000円台で購入することのできるリーズナブルなジュニアシートが「リーマンジュニア コレット」になります。

「メッシュ生地」「ウレタンクッション」「PE発泡剤」の3層クッションになっており、快適な座り心地を実現しています。

重量は、わずか「1.1kg」と非常に軽量になっています。カラーは、「レッド」「ブルー」「グリーン」「ベージュ」「オレンジ」「ピンク」の6色。

お子様の好きな色を選べば、気に入ること間違いなしです!

「コレット」の最新価格をチェックする

リーマンのチャイルドシートの口コミ

リーマンのチャイルドシートの口コミ

リーマンのチャイルドシートを購入しようか迷っているという方のために、実際に使用しているユーザーの口コミをご紹介していきます。

良い口コミ

  • マイカーが小さめなのが比較的コンパクトなチャイルドシートが欲しくて購入しました。軽量なので他の車への乗せ換えも楽チンです。(ネディライフ)
  • 取付が簡単なので、女性一人でもできます。(ネディライフ)
  • レンタルをするか迷いましたが、この価格帯なら買った方がお得!扱いやすく満足しています。(ネディライフ)
  • 新生児の時期は、いろいろとお金がかかる時期。そんな中、日本製にもかかわらず安い価格で購入できたのがリーマン。日本製という安心感に加えて、快適性もあるので赤ちゃんもスヤスヤ寝てくれます。(ピピデビューフォルテ)
  • 購入してから届くまでも早かったので、とても満足しています。(ピピデビューフォルテ)
  • 孫の為に購入。安定性が高いのか、すぐに寝てしまいます。(ソシエ3)
  • 「安全」「軽量」「安さ」を加味して、カイナを購入しました。シートベルト方式なので設置に手間はかかりますが、安くて軽量なので助かっています。(カイナ)
  • 新生児から7才まで、これ1台で行けるのは本当に助かる。コストパフォーマンスがとても高いです。(カイナ)
  • 2歳半の娘にピッタリのサイズ。頭がしっかりと支えられている感じがします。(フィーカ DX)
  • 座り心地がすごく良いことはありませんが、安いのにしっかりとした作りです。(コレット)
  • 5歳の子供の為に購入。たまにしか使用しないので、これで十分です。(コレット)

悪い口コミ

  • 新生児なので、もっと横になるベッド型の商品の方が子供を乗せやすい。(ネディライフ)
  • 後ろ向きの場合は、多少乗せずらくなってしまう。(ネディライフ)
  • 座面のクッションに厚みが足りない。(コレット)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気第1位 人気第2位 人気第3位
コンビ
コンビ
種類と特徴
タカタ
タカタ
種類と特徴
アップリカ
アップリカ
種類と特徴