大切な赤ちゃんの笑顔を守るために!
ピントルのチャイルドシート専門ページ

>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴

リーマンのチャイルドシートの特徴や魅力を徹底解説!

リーマン(LEAMAN)のチャイルドシート

チャイルドシートを選ぶなら、やっぱりブランドについて詳しく知っておきたいですよね!そこで今回は人気のブランドであるリーマン(LEAMAN)のチャイルドシートについて徹底調査してきました!みなさんはリーマンのチャイルドシートに対してどんな印象を持っていますか?また人気のモデルについて詳しく知っていますか?それではご一緒にリーマンのチャイルドシートについて詳しくなっていきましょう!

スポンサーリンク

人気ブランド【リーマン(LEAMAN)】とは?

LEAMAN(リーマン株式会社)は平成13年に設立された比較的新しいチャイルドシートのメーカーで、愛知県愛西市に本社があり、独自で設けたリーマン基準という厳しい基準をクリアできる高い技術力と、製品へのこだわりや愛情を持ったものづくりのプロ集団が、日本製であることに拘って作り出すチャイルドシートのブランドです。

リーマンのチャイルドシートはリーマン基準で作られる!

リーマンが独自で設けたリーマン基準というのはもちろんチャイルドシートにも適応されており、成型や製造などの段階においてクリアされるべき非常に厳しい独自基準の事をリーマン基準と呼んでいます。

チャイルドシートの生産における15以上の工程にて、ひとつひとつに設定された厳しい基準は、例えば部品を工具で締め付ける際の力の度合いなどの細かい部分まで数値化されており厳密に管理されています。そういった基準をクリアできる高い技術力をもって生み出されるチャイルドシートはリーマンならではの魅力と言えますし、リーマンというブランドを支えている物なのです。

リーマンのチャイルドシートの特徴とは?

  • 新生児から使える乳幼児兼用タイプや学童兼用タイプなどチャイルドシートの種類が豊富。
  • 日本製であることにこだわり、品質管理が徹底しているため安心感があること。
  • 座面が低く低重心な作りになっているためチャイルドシートの安定性が抜群。
  • 側面からの衝撃でも子供を守ることができるサイドサポートが標準で装備されている。
  • 軽量設計で作られているため女性一人でも扱いやすく、取り付けが簡単。
  • 生産を本社に隣接した自社工場で行うため管理が行き届いた製品提供がされている。
  • ほとんどの車種でチャイルドシートが使えるユニバーサル認証製品である事。
  • 通気性とクッション性を両立させた3Dメッシュ素材を使用している。

リーマン(LEAMAN)の人気チャイルドシートといえばコレ!

リーマンのチャイルドシートで人気のモデルといえば新生児に対応しているパミオやソシエ、そして最も検索されており注目度の高いピピデビューやネディといったモデルから幼児から学童兼用モデルとして人気を獲得しているフィーカやカイナといったシリーズがありますが、その中でも注目度の高い種類について解説していきましょう。

ピピデビュー(PIPIDEBUT)シリーズ

現在の価格はコチラ

低価格でありながらリーマン最大の特徴とも言えるサイドサポートに他のシリーズよりもより高い効果をもたせたピピデビューシリーズは、ソシエやネディなどよりもサイドサポートで頭部を守る部分が大きく作られており、クッションが配置されているのが特徴!新生児から4歳ごろまで使えるチャイルドシートのフラッグシップと言えるシリーズです。

>>メーカー商品紹介ページはコチラ

ソシエ(SOSIE)シリーズ

現在の価格はコチラ

リーマンのチャイルドシートの中でも1、2を争う人気の高いモデルがソシエシリーズ、定番型のソシエと安定感を高めたソシエプラスがあり、そのどちらも安心面とデザイン面が両立されており支持されています。インナークッションも他のチャイルドシートより厚手に作られており、赤ちゃんをガッチリ優しくホールドしてくれる構造が魅力です。

>>メーカー商品紹介ページはコチラ

フィーカ(FIKA)シリーズ

現在の価格はコチラ

ジュニアシートとしてリーマンから登場しているフィーカシリーズは1歳から11歳を目安に使える大きめのシートでありながらも軽量に作られているのが特徴で、リーマンらしい深めのサイドサポートを採用しており側面からの衝撃でも安心なの特徴です。

同じジュニアサイズのカイナシリーズは新生児から使えるモデルですが西松屋の専売品となっています。

>>メーカー商品紹介ページはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴