大切な赤ちゃんの笑顔を守るために!
ピントルのチャイルドシート専門ページ

>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴

レンタカーやタクシーでチャイルドシートは必要なの?

レンタカーやタクシーでも必要なの?

車で出かける際に、6歳未満のお子様を乗車させる時に必ず必要となるのがチャイルドシートですが、どのような場合でも必要なのでしょうか。

一番多く疑問で上がってくるのが、レンタカーやタクシー、または知人の車に乗る際などにチャイルドシートが必要かという問題です。

ここでは、レンタカーやタクシー、知人の車に6歳未満の子供を乗せる際のチャイルドシートの必要性について解説していきます。

スポンサーリンク

レンタカーを使用する際にチャイルドシートは必要か

レンタカーを使用する際にチャイルドシートは必要か

近年、自家用車を保有する家庭というのは減少傾向にあると言われています。特に2000年代初頭から聞かれるようになった『若者の車離れ』をになったとされる世代が家庭を持つ年代になっているのも一因かもしれません。

そのような状況を背景に、どうしても車を使わなくてはならない場合に利用されるのが、レンタカーやカーシェアリングです。

レンタカー業界に関しては近年特に「所有から利用」を追い風にその市場規模を徐々に拡大、カーシェアリングにおいてはその規模は急拡大をみせています。

では普段車を所有しない人たちがレンタカーやカーシェアリングにおいて6歳未満の幼児を乗車させる場合にチャイルドシートは必要なのでしょうか。

答えは“イエス”です。

レンタカーやカーシェアリングによる車の使用において、チャイルドシートは使用義務の免除とはなりません。つまり道路交通法上チャイルドシートは使わなくてはいけないのです。

レンタカーやカーシェアリングだからといって、お子様にチャイルドシートを使用させないのは違反であることはもちろんのこと、安全面からも決して認められるものではないのでしっかりと使用するようにしましょう。

ちなみにレンタカーのサービスによりチャイルドシートを貸出ている場合があるので、チャイルドシートをお持ちでない方はそれを利用すると良いでしょう。

>>ニッポンレンタカーのチャイルドシート貸出

カーシェアリングにおいては、タイムズ、オリックスなどの大手では、現状ご自身で準備しないといけないようです。

>>チャイルドシート使用義務の免除される場面についてはコチラ

 

タクシーやバスにおいてチャイルドシートは必要か

タクシーやバスにおいてチャイルドシートは必要か

自家用車を持たない家庭、もしくは免許を持っていないママにとって、赤ちゃんなどのお子様を連れて移動する際に使われるのがタクシーやバスでしょう。

ではタクシーやバスに、6歳未満の幼児を乗せて移動する場合、チャイルドシートは果たして必要なのでしょうか。

これに対する答えは“ノー”です。

チャイルドシートの使用義務免除に関することを記した、道路交通法施行令第二十六条の三の二の三項に定められている一文に以下のような文言があります。

六  道路運送法第三条第一号 に掲げる一般旅客自動車運送事業の用に供される自動車の運転者が当該事業に係る旅客である幼児を乗車させるとき。

これは要するに、「タクシーやバスにお客さんとして乗車する場合にはチャイルドシートの使用義務は免除されますよ」ということを意味しています。

タクシーやバスというのは、事前にどんなお客さんが何人乗るかを把握することは難しく、またそれに合わせてどのタイプのチャイルドシートをいくつ用意すればよいのかというのは難しく、それらに対応して準備するのは非現実的です。

このようなことからタクシーやバスにお客さんとして乗車する場合のチャイルドシートはその使用義務を免除されています。

ただし、あらかじめ長距離のタクシー移動が分かっているのであれば、安全面も考慮してチャイルドシートを準備しておくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

友人の車に乗る場合にチャイルドシートは必要か

友人の車に乗る場合にチャイルドシートは必要か

ご自身が車を所有されていない場合でも、友人が所有しておりそれに同乗して遊びにいくことはよくあることでしょう。

では友人などの車に6歳未満のご自身の幼児を乗車させる場合、チャイルドシートは利用しなくてはならないのでしょうか。

これに対する答えはもちろん“イエス”です。

通常利用する場合においてはご自身でチャイルドシートを用意するなどして使用する義務が発生します。

しかし、応急救護などやむをない状況において友人の車で病院に搬送してもらうといった場合には使用義務は免除されます。

ですが、基本的にはチャイルドシートの利用は義務であることを認識しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴