大切な赤ちゃんの笑顔を守るために!
ピントルのチャイルドシート専門ページ

>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴

チャイルドシートを助手席に付けるのは違反?危険?

助手席に付けるのは違反?危険?

小さなお子様はもちろんのこと、シートベルトを正しく着用することができない児童も着用するチャイルドシートですが、一体どの席にとりつけているでしょうか

実はチャイルドシートはどの席にとりつけても安全安心というわけではありません。特に助手席についてはその危険性から絶対に避けるべきと言われています。

ではなぜチャイルドシートは助手席にとりつけてはいけないのか、ここではそんな疑問について解説していきます。

スポンサーリンク

チャイルドシートを助手席につけるのは法律違反?

チャイルドシートを助手席につけるのは法律違反?

一般的にチャイルドシートは後部座席にとりつけるものだとされていますが、もしも助手席に取りつけた場合というのは法律的に問題があるのでしょうか。

このことについて先に結論を述べてしまえば、チャイルドシートを助手席に取りつけること自体、道路交通法上は問題ありません。しかし法律上問題がないとしても、チャイルドシートを助手席で使用するのは原則避けましょう。特に後ろ向きでの使用は厳禁です。

続いての項目では、なぜチャイルドシートの助手席での使用を避けるべきなのかについて解説していきます。

 

チャイルドシートを助手席で使うのはなぜダメか

チャイルドシートを助手席で使うのはなぜダメか

チャイルドシートを使用する時、皆さんは一体どの席に取りつけて使用しているでしょうか。

比較的多くの方は、他の人がそうしているのを見て、後部座席に取りつけて使用している方が多いのではないでしょうか。

しかし中にはチャイルドシートを助手席に取りつけて使用している方もいらっしゃるようです。

国土交通省のホームページにある情報によるとその割合は実に2割近くにも上っています。

これには様々な理由が想定できますが、多くの方が『助手席の方が子供の様子を確認しやすい』と考えているようです。

特にお母さんがお子様と二人だけで車を使って出かける場合に考えられる理由となるでしょう。

このように、ご自身の使い勝手の問題からチャイルドシートを助手席に取りつける方もいらっしゃるようですが、チャイルドシートは後部座席に取りつけるのが大原則となります。これは一体なぜなのでしょうか。

エアバッグが重大な怪我の原因となる危険

チャイルドシートを助手席に取りつけて運転をしてはいけない最大の理由、それは助手席に装備されているエアバッグです。

エアバッグというのは本来助手席に乗車している人の命を守る意味で非常に大切な装備の一つだと言えるでしょう。

しかしそれは、守るべき人間が大人である場合に限るということを忘れてはいけません。

エアバッグというのは大人の体体型、すなわち助手席にチャイルドシートなしでシートベルトを正しい位置で装着できる人を想定して作られています。

言いかえれば、この要件を満たさない子供の頭や体はエアバッグの大きな衝撃に耐えることが出来ないのがその大きな要因です。

またチャイルドシートはその性質上、どうしても通常大人が座るよりも前の位置に設置されることになり、子供の顔の位置は必然的に大人が座るよりも前の位置になります。

この状態でエアバッグが開くと、本来であれば開ききってある程度弾力のある状態のエアバッグに顔を埋めるはずが、開いている最中のエアバッグに顔を突っ込むことになり、逆に頭が後方へ吹き飛ばされてしまうのです。

このように、本来命を守るためにあるはずのエアバッグがチャイルドシートを使うことで逆に子供にダメージを与えてしまうことになってしまうのです。

チャイルドシートが助手席に向かないエアバッグ以外の理由

チャイルドシートを助手席に取りつけ、お子様を助手席に座らせないほうが良い理由はエアバッグ以外にもあります。

それは単純に、事故時における助手席の死亡、大怪我のリスクが非常に高いということにあります。

特に日本は左側通行であるため、対向車線で起こったことに対して反射的にハンドルを切ると、助手席側に大きな損傷を受けるケースが多くなります。

運転手が自分の意志とは無関係にハンドルを切ることで、結果的に助手席側に大きなダメージを受けやすいというのが大きな要因となるのです。

このようなことも含めて、大切なお子様を守る意味でも、助手席でのチャイルドシートの利用は避けるべきと言えるでしょう。

>>チャイルドシートの正しい取り付け方についてはコチラ

スポンサーリンク

どうしてもチャイルドシートを助手席で使う場合

どうしてもチャイルドシートを助手席で使う場合

上記のような理由から、チャイルドシートは絶対に後部座席で使用すべきということが言えます。

しかし、やむを得ない事情によりどうしてもチャイルドシートを助手席で使用しなくてはならないケースもあるかもしれません。

確かに道路交通法上問題があるわけではありませんのでそれは可能となりますが、以下のような点に注意しましょう。

座席を一番後ろまで下げる

チャイルドシートを助手席で使用した時の事故で起こるリスクの一つが、エアバッグによる衝撃であることは述べた通りです。

そこでチャイルドシートを設置する助手席を出来うる限り下げ、エアバッグからなるべく遠くになるように設置しましょう。

これによって、万が一の事故の際に、エアバッグがなるべく開ききった状態で顔にあたるようにします。

必ず前向きで設置する

やむを得ない事情によりチャイルドシートを助手席に設置する場合最も避けなくてはいけないのが後ろ向きで設置することです。

チャイルドシートを後ろむきで設置すると、エアバッグが開いた際、その衝撃でチャイルドシートは後ろへ吹き飛ばされます。

お子様への負担は甚大はものであり、大きな怪我などのリスクが非常に高いので絶対に後ろ向きでの設置はやめましょう

 

後部座席の中でも最も安全なのはどこか

後部座席の中でも最も安全なのはどこか

チャイルドシートを後部座席に設置するのを前提とした場合、後部座席でも特にどこか安全と言えるのでしょうか。

これは三列シートか、二列シートかにもよって、最も安全な設置位置は変わります。

三列シートの場合は、両サイドからの衝撃を受けにくい中央のシートが、また二列シートの場合には、運転者(右ハンドルの場合)の後ろの後部座席に設置するのが安全だそうです。

もちろんこれらの位置が絶対安全というわけではありませんが、以上のようなことを踏まえたうえでチャイルドシートの設置位置を決めると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴