大切な赤ちゃんの笑顔を守るために!
ピントルのチャイルドシート専門ページ

>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴

マキシコシのチャイルドシートの特徴や魅力を徹底解説!

マキシコシのチャイルドシート

チャイルドシートを選ぶなら、まずは人気の高いブランドについて詳しくなる必要があるでしょう。そんな注目ブランドの中でも使い勝手が良いと評判のマキシコシ(MAXI-COSI)ですが、いったいどんな特徴があるのでしょうか?さらに人気のモデルについても詳しく解説していきますので、マキシコシのチャイルドシートが気になるという人は必見です!チャイルドシート選びの参考にしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

人気ブランド【マキシコシ(MAXI-COSI)】とは?

マキシコシ(Maxi-Cosi)は1962年に設立されたオランダのチャイルドシートブランドで、チャイルドシート以外にも子供用の自転車や家具などベビー用品のメーカーとしても有名であり、日本国内ではエアバギーと呼ばれるベビーカーで有名な株式会社GMPインターナショナルが輸入代理店を務めており、ベビーシートのままベビーカーにドッキングできるトラベルシステムなど、移動スタイルに合わせて子供を乗せ変えることなく活用できる仕組みなどで有名なブランドです。

マキシコシのチャイルドシートは乳児期に威力を発揮!

0歳から1歳までの時期、移動の多い家族の場合だと赤ちゃんが抱えるストレスは想像をはるかに超えるでしょう。そんな乳児期に大活躍するのがマキシコシのチャイルドシート、車で使うカーシートとしてはもちろんのこと、キャリーとして赤ちゃんを寝かせたまま運ぶこともできますし、外出先や公園でも赤ちゃんのベンチとなって活用できます。

家の中、車のなか、外出先、さらにはベビーカーにもドッキングできますから、寝ている赤ちゃんを起こすことなく家から車へと運び、そのままチャイルドシートとして使用したら、目的地についてもそのまま運び出すことが可能!まさにチャイルドシートの革命的商品であり、特に乳児期の赤ちゃんには適しているのがマキシコシというブランドなのです。

マキシコシのチャイルドシートの特徴とは?

  • 様々な移動スタイルに合わせて使えるトラベルシステムを採用したチャイルドシート。
  • 乳幼児兼用のチャイルドシートもあるため使用できる年齢層も広くて経済的。
  • 専用のベースメントを使用すればチャイルドシートの装着は簡単で確実!
  • ほぼ全てのチャイルドシートがISOFIX対応である事。
  • 安全性は世界基準をクリアしており、子供の骨格形成を阻害しない作り。
  • トラベルシステム対応のベビーカーがあればチャイルドシートごとドッキング可能。
  • カラーバリエーションも豊富で選ぶ楽しさもマキシコシならでは!
  • 0-1歳、1-4歳、4-12歳という区分けでロングスパンには対応していない
  • 欧州安全規格のECE R44/04に適合する認められた安全性能。

マキシコシ(MAXI-COSI)の人気チャイルドシートといえばコレ!

マキシコシのチャイルドシートには大きく分けてベビーとキッズの間によちよち歩き期の子供向けと3区分で区切られており、新生児から1歳までのチャイルドシートにペブルとカブリオフィックス、1歳から4歳までのチャイルドシートにパールとトビ、そして4歳から12歳までのチャイルドシートにロディというシリーズが存在しています。

そんなマキシコシのチャイルドシートの中でも特に人気の高いチャイルドシートについて詳しく紹介していきます。

ペブル(Pebble)

現在の価格はコチラ

マキシコシの新生児向けチャイルドシートの中でも最新版のペブルは、チャイルドシートとして使用するときに必須のベルト部分がウイング状に開くため、片手に赤ちゃんを抱っこした状態でも簡単に操作が可能。カチャッとバックルを開ければ勝手にベルトが開いてくれるので、あとは赤ちゃんを乗せるだけ!座面もカブリオフィックスより広くなっているのも特徴であり、重量が多少重くなりましたが使い勝手は格段に向上しています。

>>メーカー商品紹介ページはコチラ

カブリオフィックス(Cabrio Fix)

現在の価格はコチラ

ベンチやベビーカーとして使用もする!という人たちから人気のチャイルドシートであり、サンキャノピーと呼ばれる日よけが本体に収納できてハンドルに固定することができるので、どんな時でもサッと出して赤ちゃんを強い日差しから守ることが可能です、マキシコシのチャイルドシートの中でも不朽の定番モデルであり、愛され続けるにはワケがあります。

>>メーカー商品紹介ページはコチラ

トビ(Tobi)

現在の価格はコチラ

乳児期にマキシコシのチャイルドシートを活用している場合は、そのままステップアップでベースメントを活用できるパールシリーズのチャイルドシートがおすすめですが、1歳から初めてチャイルドシートを使う場合はトビが人気です。バタバタしやすい子供もしっかりとホールドし、車に固定した後もワンタッチでリクライニング可能な機能と、締め付け感を軽減するショルダーベルトによって快適な座り心地を実現しています。

>>メーカー商品紹介ページはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴