大切な赤ちゃんの笑顔を守るために!
ピントルのチャイルドシート専門ページ

>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴

チャイルドシートはレンタルと購入ではどちらが得!?

レンタルと購入ではどちらが得!?

チャイルドシートを新品や中古で購入して最後に下取りに出すのか、それともレンタル業者を使用して借りるのか、どちらがお得かを比較すると「圧倒的に購入したほうがお得」です。しかし新生児の時だけしか使えない新生児専用のチャイルドシートだけをレンタルする場合や、1ヶ月間だけ半年だけという場合はどうでしょうか、購入かレンタルかどちらがお得なのかを見極めるために、今回は徹底的に比較検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

新生児専用チャイルドシートを使いたい!という場合

新生児専用のチャイルドシートを大切な赤ちゃんのために使用してあげたいという人は多いでしょう、とはいっても新生児専用のチャイルドシートなんて最長でも1年間しか使えませんし、大柄な赤ちゃんの場合は新生児専用のチャイルドシートがたった4ヶ月で使えなくなった!なんて声も聞きます。

そのために3万円近くするチャイルドシートを買うのは・・・って思いますよね!そこでまずは新生児用のチャイルドシートはレンタルするのと購入するのではどちらが得なのか比較してみましょう。

>>チャイルドシートの賢い選び方はコチラ

新生児専用のチャイルドシートをレンタルと購入で比較

今回の比較に使用したチャイルドシートはコンビグッドキャリーです、レンタル料金と割引価格やリサイクルショップの参考価格はインターネット上で受付を行っている複数の店舗を調査して平均的なで比較しています。中古価格に関しては楽天などのオンラインショップにて販売されている同一商品の中古価格を参考にしています。

期間
レンタル
新品
中古
1ヶ月
1,944円
33,000円
メーカー希望小売価格
12,000円
リサイクルショップ参考価格
2ヶ月
3,888円
3ヶ月
5,832円
4ヶ月
7,776円
5ヶ月
9,720円
6ヶ月
11,664円
7ヶ月
13,608円
8ヶ月
15,552円
9ヶ月
17,496円
10ヶ月
19,440円
11ヶ月
21,384円
12ヶ月
23,328円
下取り価格
三ヶ月以上の利用で
20%オフの割引適用
15,000円
リサイクルショップ参考
4,000円
リサイクルショップ参考
3ヶ月比較
4,666円
18,000円
8000円
6ヶ月比較
9,332円
9ヶ月比較
13,997円
12ヶ月比較
18662円
 新生児専用チャイルドシートを購入とレンタルで比較してわかったこと

新生児用のチャイルドシートをお得に使うなら、理想的なのは「中古で購入して下取りがしてもらえること」ですね。しかし理想どうりにはなかなか行きません、新品での購入であれば下取り価格が予想通りな場合は12ヶ月の段階でレンタルするよりもお得に使用できることがわかります、つまり第2子にも使用することを考えると新品で購入しても十分レンタルよりお得に使えることがわかりますね。

しかし子供は1人だけ!という場合であれば新生児専用チャイルドシートの場合レンタルのほうがお得に使える事と、1年間まるまる使用できずに半年過ぎたあたりで体型的に新生児専用チャイルドシートが使えなくなることが多いと良く聞くため、新生児専用のチャイルドシートはレンタルで使用する方がお得に使えると考えて良いでしょう。

 

年齢に合わせたチャイルドシートがあればいい!という場合

今度は一般的なチャイルドシート(0歳児〜4歳児程度)の金額についてレンタル代金と新品での購入もしくは中古での購入を比較してどちらがお得なのか考えてみたいと思います。年数にして約4年間使用することになりますから、どう考えても4年間レンタルするよりは購入したほうがお得に使用できますが、帰省のタイミングやレンタカーでの旅行など短期的に使用することもありますし、どの程度レンタル料金との差が生まれるのかも気になるところです。

一般的なチャイルドシートをレンタルと購入で比較

今回の比較に使用したチャイルドシートはコンビミニマグランデSです、レンタル料金と割引価格やリサイクルショップの参考価格はインターネット上で受付を行っている複数の店舗を調査して平均的なで比較しています。中古価格に関しては楽天などのオンラインショップにて販売されている同一商品の中古価格を参考にしています。

期間
レンタル
新品
中古
1ヶ月
2,592円
26,000円
メーカー希望小売価格
12,000円
リサイクルショップ参考価格
2ヶ月
5,184円
3ヶ月
7,776円
4ヶ月
10,368円
5ヶ月
12,960円
6ヶ月
15,552円
7ヶ月
18,144円
8ヶ月
20,736円
9ヶ月
23,328円
10ヶ月
25,920円
11ヶ月
28,512円
12ヶ月
31,104円
下取り価格
三ヶ月以上の利用で
20%オフの割引適用
15,000円
リサイクルショップ参考
4,000円
リサイクルショップ参考
1年比較
24,883円
11,000円
8,000円
2年比較
49,766円
3年比較
74,650円
4年比較
99,533円
一般的なチャイルドシートを購入とレンタルで比較してわかったこと

一般的なチャイルドシートを利用する場合も、理想的なのは中古で購入した商品を理想通りの下取り額で引き取ってもらえることが最もお得にチャイルドシートを利用できますが、4年間という長期間を使用してこの価格で下取りしてもらえるのかは疑問が残ります、これはもちろん新品で購入した場合も同じことがいえるでしょう。

下取りを考えない場合でも、1年以上使用すればレンタルよりも購入したほうがお得なため、新生児〜4歳までの一般的なチャイルドシートはよほど短期間の場合以外は購入したほうがレンタルより得であることが比較してわかりました。

短期レンタルなら地域ごとのチャイルドシート補助制度が活用できる

短期間の場合はレンタルのほうが得なのが比較してわかりましたが、もっとお得に利用するなら各都道府県で実施されているチャイルドシートの補助制度を利用するのもオススメです。

住んでいる地域によっては無料の貸出制度や補助金の支援などを行っているため、帰省の際や車での旅行などで短期間だけチャイルドシートが必要な時には是非活用したいところです、まずはご自身の住んでいる地域やご実家のある地域でレンタルの制度があるのかどうか調べてみてください。

>>チャイルドシートの地域別支援制度まとめはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴