大切な赤ちゃんの笑顔を守るために!
ピントルのチャイルドシート専門ページ

>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴

コンビのチャイルドシートの特徴や魅力を徹底解説!

コンビ(combi)のチャイルドシート

ドライブの際に、お子様の安全を守るために最も重要なアイテムがこのチャイルドシートです。そんなチャイルドシートを選ぶ上でコンビ(combi)というブランドが第一候補になるご家族も多いのではないでしょうか。

様々なベビー用品を展開する大手ブランドとしても有名なコンビ(combi)はどのような特徴を持ったチャイルドシートを展開しているのでしょうか。またコンビ(combi)の中でもおすすめのチャイルドシートとは一体どれなのでしょうか。それぞれ紹介していきます。

スポンサーリンク

人気ブランド【コンビ(combi)】とは?

1957年に医薬品を販売する会社としてスタートしたのがコンビ(combi)という会社です。当初は違う社名として創業されましたが、1961年にはコンビ(combi)というブランド名で哺乳瓶やおまるなどの販売を開始、1968年には社名がコンビ(combi)となりました。

その後は海外に進出し、アメリカにはコンビインターナショナルコーポレーションを設立し、2002年には東証へと上場を果たすなど、売上とともに着実にその知名度を広げていきました。

コンビ(combi)という名前は、母と子のコンビという意味からきています。そんなコンビ(combi)のチャイルドシートの特徴を確認していきましょう。

だっこの姿勢にこだわったコンビ(combi)のチャイルドシート

コンビ(combi)のチャイルドシートが採用している形状、それは「だっこ型」であるということです。それは赤ちゃんが最も安心できる姿勢がだっこの形であることからきています。

コンビ(combi)のチャイルドシートは赤ちゃんがもっともリラックスできるだっこに近い体勢を維持できるようにつくられており、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても一番安心できる姿勢となっています。

実際にアメリカでは、医師から特別に平らになるようなチャイルドシートの使用を勧められた場合のみしか使用する機会がないため、日本で販売されているような平らになるタイプのチャイルドシートはほとんどありません。

コンビ(combi)のチャイルドシートの特徴とは?

  • 豊富なラインナップによって、様々なニーズやお子様の成長に合わせて選ぶことができる。
  • 赤ちゃんの安全を第一に考え、「だっこ型」にこだわりを持った形状であること。
  • コンビ(combi)が独自に開発したエッグショックによって赤ちゃんに伝わる衝撃をしっかり吸収。
  • 赤ちゃんの乗せ降ろしがとにかく簡単に、ゆび一本で簡単に360°回転できる設計。
  • 立体メッシュシートと通気孔を設置したエアゲート構造で赤ちゃんをより快適に。
  • チャイルドシートを設置すると狭くなりがちな車内を広々使えるコンパクト設計
  • シートベルトを使わない「ISOFIX」タイプのチャイルドシートもしっかりラインナップ。
  • 一台でチャイルドシート着用義務期間をすべてカバーするロングユースタイプも。
  • 部屋ではロッキングチェアとしても使えるベビーシートタイプのチャイルドシートも。

 

コンビ(combi)の人気チャイルドシートと言えばコレ!

コンビ(combi)のチャイルドシートは、チャイルドシート着用義務年齢に合わせて非常に幅広いラインナップが準備されています。そんな中でどんなチャイルドシートを選べばよいか迷ってしまう方も多いでしょう。

ここではそんなコンビ(combi)のチャイルドシートの中でも特におすすめ、人気の高いシリーズについて紹介していきます。

ネルーム(NEROOM)シリーズ

現在の価格はコチラ

新生児から4才頃までを対象としたコンビ(combi)のチャイルドシートです。だっこ型にこだわるコンビ(combi)のチャイルドシートの中でも、衝撃を背中で耐えられる角度、赤ちゃんの快適性に配慮した限界の角度まで倒せる“一歩進んだベッド型”というのが最大の特徴です。

非常にコンパクトな設計であり、指一本で簡単に360°回転させることができるので操作ストレスを極限まで減らすことに成功しています。またエッグショックを採用するとともに、振動レスシステムを搭載することで衝撃や振動からお子様をしっかりと守ります。

>>メーカー商品詳細ページはコチラ

ミニマグランデシリーズ

現在の価格はコチラ

赤ちゃんをしっかり守るための安全安心機能を持ちながらも、超軽量でコンパクト、お母さんにもやさしいチャイルドシートがコチラです。取りつけも非常に簡単な点も大きな特徴の一つでしょう。

エッグショック対応モデルに関しては、Wサイドプロテクションによって側面からの衝撃もしっかり防ぎます。Sタイプに関してはその重さはたったの4.4kgと女性にも扱いやすい重量となっており、小さな車でも広々使える点が人気となっています。

>>メーカー商品詳細ページはコチラ

ジョイトリップシリーズ

現在の価格はコチラ

1才から11才頃まで長く使えるのが最大の特徴となっているのが、コンビ(combi)チャイルドシートのジョイトリップシリーズです。 お子様の成長に合わせて1才から一つのチャイルドシートで着用義務期間を超えても長くお子様の安全を守ります

その形状から、ご家族と同じ窓から同じ景色を見ることができるので、ご家族でのドライブをより一層楽しいものへと変えてくれます。さらにもしも寝てしまった時でもしっかりと頭を支えるとともに、3Dメッシュシートとエアゲートによって快適さを保ちます。

>>メーカー商品詳細ページはコチラ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今!大注目のチャイルドシート人気ブランドランキング <<
人気第1位 人気第2位 人気第3位 人気第4位 人気第5位
コンビ
コンビ(combi)
種類と特徴
タカタ
タカタ(TAKATA)
種類と特徴
アップリカ
アップリカ(Aprica)
種類と特徴
レカロ
レカロ(RECARO)
種類と特徴
リーマン
リーマン(LEAMAN)
種類と特徴