大切な赤ちゃんの笑顔を守るために!
ピントルのチャイルドシート専門ページ

人気第1位 人気第2位 人気第3位
コンビ
コンビ
種類と特徴
タカタ
タカタ
種類と特徴
アップリカ
アップリカ
種類と特徴

チャイルドシートを前向きに使用するのはいつから?タイミングや時期について詳しく解説!

新生児の赤ちゃんをチャイルドシートに乗せるときは、必ず後ろ向きに設置をする必要があります。

これはまだまだ体格が未熟な赤ちゃんを強い衝撃から守るためです。

しかし赤ちゃんの身体がしっかりでき、大きくなってくると、前向きに変更する必要があります。

ここでは、そんなチャイルドシートを前向きに使用するタイミングについて解説をしていきます。

スポンサーリンク

チャイルードシートの正しい向きは?

チャイルードシートの正しい向きは?

初心者のママやパパや普段チャイルドシートを使用しないという人は、「チャイルドシートをどちら向きに付ければ良いのか分からない」という方も多いのでは?

実は、チャイルドシートはタイプによって取り付けるべき方向が異なってきます。

乳児用チャイルドシートは必ず後ろ向きに設置する

チャイルドシートは「前向き」に設置を行うのが基本ですが、新生児~1歳頃まで使用する「ベビーシート」は安全面を考慮して後ろ向きに設置を行います。

生まれたばかりの赤ちゃんはまだまだ骨格がしっかりしていません。そのため正面衝突時の強い衝撃に耐えるためには、面積の広い背中側で負荷を分散させる必要があります。

タイプ ポイント
ベビーシート
(乳児用)


身長:~70cm
体重:~10kg
新生児~1歳頃にかけて使用。まだ首のすわっていない赤ちゃんのために後ろ向きに設置することが基本です。またシートが水平になる「ベットタイプ」のモデルも発売されています。
チャイルドシート
(幼児用)


身長:65~100cm
体重:9~18kg
1歳~4歳頃まで使用することのできるチャイルドシートです。首がすわりはじめ前向きで設置することが一般的です。最近では新生児~4歳頃までロングスパンで使用できるモデルも増えています。
ジュニアシート
(学童用)


身長:~140cm
体重:15~36kg
~11歳頃まで使用することのできるジュニアシートです。お子様の体格に合わせてヘッドレストの位置を変えることができるモデルが多くなっています。前向きに設置を行います。
赤ちゃんの様子が心配なときは「ベビーミラー」を活用しよう!

お母さんお父さんの中には、赤ちゃんの様子が心配で前向きに設置をしているという方もいらっしゃいます。

しかし、お子様の安全を考えると、推奨できる設置方法ではありません。

どうしても赤ちゃんの様子が心配!という方は後ろ向きに設置しても、様子を確認することのできる「ベビーミラー」を活用するといいでしょう。

後部座席のヘッドレストに「ベビーミラー」を設置することによって、運転席からバックミラー越しに赤ちゃんの様子を確認することができますよ!

後ろを振り向く必要もないので、運転も安全に行うことができます。赤ちゃんを持つママパパには必須アイテムです。

「ベビーミラー」の人気商品をチェックする

ベビーミラーって必要?おすすめの商品も厳選してご紹介!

赤ちゃんがチャイルドシートで泣く原因は?効果的な13の対策方法やおすすめグッズをご紹介!

チャイルドシートを前向きにするのはいつから?

チャイルドシートを前向きにするのはいつから?

新生児から使用するベビーシートの場合は、後ろ向きに設置することはお分かりいただけたかと思います。

しかし最近では「乳児用」と「幼児用」が兼用になった新生児~4歳頃までのロングスパンで使用できるタイプのチャイルドシートが多く発売されています。

こういったチャイルドシートの場合は、新生児の時は後ろ向きに設置をし、成長した段階で前向きに設置方向を変更する必要があります。

では、どのタイミングで前向きに設置方向を変えればいいのでしょうか?

前向きにするタイミングはそれぞれ!

実は、前向きに変更するタイミングは赤ちゃんによって異なります。そのため何か月を過ぎたら「前向き」に設置をする!といったことは言う事ができません。

ただし、前向きにする目安として以下のような点を確認するといいでしょう。

  1. 首がきちんとすわり、自分でお座りができる
  2. 体重が9kgを超えている
  3. 身長が65cmを超えている
  4. 手足が成長し、後ろ向きだと窮屈そう

上記のような事象があらわれたら、前向きに変更してあげるといいでしょう。

ただしチャイルドシートのメーカーやモデルによっては、前向きの設置を推奨するタイミングが異なります。

取扱説明書をよく読んで、メーカーの指示に従ってください。

前向きにするタイミングが早すぎると危険

一般的には、生後10ヶ月程度で前向きに変えてあげるご家庭が多いようです。とはいっても、赤ちゃんの成長は人それぞれです。

10ヶ月がきたからといって、前向きに変えてしまうのはおすすめできません。体重や身長、首のすわり具合をみて向きを変更するようにしましょう。

また中には4~5ヶ月程度で前向きに変更した!という親御さんもいらっしゃいますが、これは危険です。

骨格が未発達な赤ちゃんが正面から強い衝撃を受けると、深刻なダメージを負ってしまいます。ゆっくりと焦らずに上記でご紹介した4つの目安にタイミングを見計らってください!

スポンサーリンク

チャイルドシートを前向きに設置するときの角度は?

チャイルドシートを前向きに設置するときの角度は?

チャイルドシートを後ろ向きに設置する際には、水平面から45度に設置するのが理想であると言われています。

これは赤ちゃんの気道が確保でき、呼吸を楽にできるからです。

では、前向きに設置するときの角度はどれくらいにすればいいのでしょうか?

結論から言うと、チャイルドシートを前向きに設置する際の角度は、車の背もたれの角度に合わせてください。

車の背もたれの角度に合わせることによって、チャイルドシートと座席に隙間がなくなり、チャイルドシートのぐらつきを防ぐことができます。

まとめ

ここまで、チャイルドシートの前向き使用はいつからできるのか?という疑問について解説をしてきました。

前向きに設置を行えるタイミングは赤ちゃんによって異なります。身長や体重の目安やメーカーの指示によって慎重に変更を行ってください。

なお、チャイルドシートを付けるときは正しい位置に正しい取り付け方法で行う必要があります。以下の関連記事で解説をしていますので、そちらも参考にしてください!

【要注意】チャイルドシートの正しい取り付け方。初心者パパママでも安心!

チャイルドシートを助手席に付けるのは違反?危険?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気第1位 人気第2位 人気第3位
コンビ
コンビ
種類と特徴
タカタ
タカタ
種類と特徴
アップリカ
アップリカ
種類と特徴