仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

人気のWiDiプロジェクターおすすめランキング

おすすめのWiDi対応プロジェクター

プロジェクターに機器を接続する際、ケーブルを使用しますが、スマホやタブレットであればワイヤレス接続も可能です。大抵はWi-Fiを使用するのですが、現在はその接続をより最適化したWiDiと呼ばれる接続方法もあります。

プロジェクターの中にはWiDi対応の商品も少数ですが存在し、この商品を購入することでより快適に美しい映像を映し出すことができるのです。そこでこちらでは人気のWiDiのプロジェクターおすすめランキングをご紹介していきます。

【2018年最新】おすすめの家庭用ホームプロジェクター【選び方も解説】

【2018年最新】おすすめビジネス用プロジェクターのランキング

スポンサーリンク

WiDiのプロジェクターとは?

WiDiのプロジェクターとは?

商品の紹介に移る前に、まずはWiDiについてご紹介していきましょう。WiDiとはIntel Wireless Displayから取られた名称で、Wi-Fiの規格に基づいて開発されたワイヤレスディスプレイ規格になります。

フルHDビデオ及び5.1chサラウンドサウンドをスマホなどのポータブルディバイスはもちろんのこと、PCなどからワイヤレス接続して、対応のディスプレイに送信できるシステムとなっています。

つまり、WiDi対応のプロジェクターであればWi-Fiを利用することで映像と音声を送信でき、ワイヤレスで投射することが可能という事になります。

2015年4月にはビジネス向けの機能を追加したPro WiDiも発表され、それに対応したプロジェクターも販売されていますが、2017年6月をもって開発及びサポートが終了したシステムでもあるので注意してください。

WiDiのプロジェクターのメリット

メリットは何といってもワイヤレスでの接続ができるので、Wi-Fiとの通信ができる環境であれば、スマホやPCの映像を高画質で映すことが可能という点です。

Wi-Fiだけだとワイヤレスではスマホとの接続のみしかできませんでしたが、WiDi対応となったことでPCも加えてどちらでも簡単に接続できるようになったのは便利です。

しかも5.1chサラウンドサウンドにも対応しているので、映画を大迫力の高画質と高音質で見るのであれば、こちらもおすすめのプロジェクターになります。

WiDiのプロジェクターのデメリット

既に開発やサポートが終了しているため、プロジェクター自体もいずれサポートを終了する可能性が高いです。

また商品自体も種類が非常に少ないため、選びようがほとんどありません。本体の性能自体は良いのでそれほど困らないと思いますが、選択肢が少ないだけにWiDiならばこれを買うしかない、と限定されてしまうことになります。

WiDiのプロジェクターはどんな人におすすめ?

とは言え、普段からPCなどで映画や映像を楽しんでいらっしゃる方であればこちらがおすすめです。

最近はスマホ向けのスポーツ観戦サービスなども発展してきているので、それを大画面で楽しみたいのであれば、これほど向いているプロジェクターもありません。

もちろん映画鑑賞にも使いやすく、プロジェクターと離れていても投影できるので、PCやスマホを手元で操作できるのはありがたいです。

おすすめのWiDiのプロジェクターランキング

おすすめのWiDiのプロジェクター

それではおすすめのWiDi対応プロジェクターをご紹介していきましょう。とは言っても先ほど触れましたが、この対応機種は商品数が少ないです。そのためおすすめの2商品をこちらではご紹介していきたいと思います。

初心者に向けて分かり易く解説!プロジェクターの上手な選び方

第1位:パナソニック(Panasonic) / PT-VX425NJ

現在の価格はコチラ

WiDi対応でおすすめなのがこちらの商品です。インテルPro WiDi対応であり、それ以外にもWi-Fi CERTIFIED Miracastなどを搭載し、PCやAndroid搭載のスマホなどとのワイヤレス伝送が可能となっています。

これにより、フルHDまでの出力解像度に音声まで対応させ大画面で投影することが可能です。

また複数表示モードにも対応し、複製モードから拡張モード、セカンドスクリーンなどPCモニターを複数使用した場合と同じ接続も可能です。

誤接続防止機能やWi-Fiのチャンネル選択機能などもあり、快適な通信による接続が可能となっています。これらの設定自体も3ステップで簡単に行えるので、わずらわしさを感じさせません

基本性能としてもコンパクトボディなのに最大輝度4,500ルーメンにもなる明るさはどのような部屋であっても明瞭に映像を映し出せます。

また照度センサーで色目と明るさをリアルタイムで自動調整するデイライトビューベーシック機能も付いているので便利です。

ランプ自体もエコモードであれば約7,000時間もの長寿命となっており、エアフィルターの交換も不要であるため手間とメンテナンスコストも抑えられます。

静音性も高く、スタンバイ状態の電力は0.5Wと非常に抑えられたものとなっているので環境にも優しいと性能が高いことが伺えます。

価格こそ高いですが、それを支払うだけの価値はある商品となっています。

第2位:パナソニック(Panasonic)/ PT-VW355NJ

現在の価格はコチラ

ワイヤレス機能としては上記と同様のものを持つ商品です。他の機能などもほとんど同じですが、最大輝度は4,000ルーメンと少しだけ落とされ、アスペクト比は16:10となっています。

画面サイズの違いを気にされるのであれば、こちらを選んでもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター