仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

EPSONの評判とおすすめプロジェクターランキング

エプソンのおすすめプロジェクター

プロジェクターは市場で多くの商品が販売されていますが、その中でも特に多くの商品を取り扱っているのがエプソンです。そのため店頭やネット販売でもエプソン製の製品を多く目にします

エプソンのプロジェクターは人気、評価ともに高く、購入される方も多いメーカーです。そんな人気が高いのであれば気になるところですよね。そこでこちらではエプソンの評判とおすすめのプロジェクターをご紹介していきます。

スポンサーリンク

EPSON(エプソン)とは?

EPSON(エプソン)とは?

まずはエプソンというメーカーについてご紹介していきましょう。エプソンは正式名称をセイコーエプソン株式会社といい、長野県諏訪市に本社を置く情報関連機器や精密機器の製造及び販売を主体とした電気機器メーカーです。

主力となるインクジェットプリンターを始めとしてプロジェクターやパソコンおよびその周辺機器、水晶振動子(クォーツ)や半導体などの電子デバイス部品の製造を行っています。

1942年に諏訪市の時計商であった山崎久夫によって立ち上げられた有限会社大和工業がその起源とされています。

セイコーは時計メーカーとして有名ですが、かつての東京オリンピックでは公式時計を手掛けたメーカーでもあります。

またエプソン株式会社自体はその前身である信州精器株式会社がセイコーの子会社として存在しており、この2つが合併することで現在のセイコーエプソン株式会社という社名に変わっています。

>>プロジェクターメーカーの一覧はコチラ

EPSONのプロジェクターの特徴

EPSONのプロジェクターの特徴

エプソンのプロジェクターの特徴は何と言っても、その品揃えの多さと品質の高さにあります。

プロジェクターを多用する会議やプレゼン向けにビジネスユースを豊富に揃えつつ、自宅で大画面の映像を楽しむためのホームプロジェクターまで幅広く扱っています。

ビジネスユースではオフィスや会議室に設置し、確かな性能で見やすい映像を提供できるベーシックモデルから、軽量でコンパクトな持ち運びやすいモデルまで製造しています。

また予算などに余裕がある場合は、多機能パワーモデルやスペック充実モデルと機能性重視の製品も販売されています。

他にも超短焦点デスクトップモデル、超短焦点・壁掛け対応モデル、設置性やメンテナンス性に優れ、大空間でも十分に投影できる「明るい常設モデル」なども取り扱われており、幅広いニーズに全て応えられるかのような品揃えです。

超短焦点デスクトップモデルと超短焦点・壁掛け対応モデルに至っては学校などの使用を前提としたスクールインタラクティブユース用としても販売されています。

ホームプロジェクターはビジネスユースほど多くはないものの、あり得るであろう様々なニーズで使える商品を製造しているのもポイントです。

予算や目的に合わせて購入ができるのもエプソン製プロジェクターの品揃えの強みであり、商品選びで困ることはないのではないか、と言えるほどの品質と性能、品数となっています。

EPSONのプロジェクターの口コミや評価

エプソンのプロジェクターはその品質から高評価が多い印象があります。悪い評価をあまり見ないですが、わずかに見られるものを含め、それぞれの立場でまとめてみました。

良い口コミや評価

良い評価が目立ちますが、購入された方の多くが満足されているという意見が見られました。

機能面でもプロジェクターとして搭載しておいてほしいものはしっかりと載せられていますし、価格としてもそれに見合うものとして納得されている方がほとんどでした。

悪い口コミや評価

悪い評価というほどではないのですが、デザインがいまいちと思われる方が少数見られました。

機能性を重視している面もあるので、デザインまでは気が回らないのかもしれません。あるいはビジネス用などはデザインが落ち着いて物になる傾向になることもあるでしょう。

また音が気になるという方もいらっしゃいました。ただうるさいというほどではなく、もう少し静かなら程度のようです。

EPSONのプロジェクターはどんな人におすすめ?

以上を踏まえた上でエプソンのプロジェクターは、価格に見合うハイクオリティな商品をお求めの方におすすめです。

ビジネス用もホームシアター用も、どちらを購入しても品質は高く、目的に合ったものを選べること間違いなしです。品数も多いので自分の欲しいものを探し出せると思います。

スポンサーリンク

EPSONのプロジェクターおすすめランキング:TOP5

EPSONのプロジェクターおすすめランキング:TOP5

それではエプソンのおすすめプロジェクターをランキング形式で5つご紹介していきます。人気なものから高性能モデルまでおすすめのものを厳選させていただきました。

>>プロジェクターの選び方について詳しくはコチラ

第1位:EH-TW5650

現在の価格はコチラ

エプソンの中でも最も人気なのがこちらのプロジェクターです。3LCD方式を採用したフルHD仕様で2,500ルーメンの明るさを持つため、ホームプロジェクターとしてはかなりの性能を持つことが分かります。

80インチや100インチの大画面投影が可能で、自動台形歪み補正機能もあるので設置性も優れています。

PCはもちろんタブレットやスマホとの接続も可能で、Bluetooth対応なのでオーディオとも簡単に接続できます。

価格もハイスペックなプロジェクターの中ではお求めやすいため、性能なども含め高評価であることから第1位になりました。

第2位:EB-S04

現在の価格はコチラ

こちらも3LCD方式を採用し、3000ルーメンの明るさを持つプロジェクターです。全体的にもそれほど重くなく、室内の移動なら持ち運びやすいのが特徴です。

接続方法はUSB端子のタイプAとタイプB、HDMI端子、ビデオ入力端子、VGA端子を備えており、どのような機器とも接続ができます

解像度がSVGA(800×600)なので高解像度とまではいきませんが、会議やプレゼンでの使用では十分な性能を持っています。

こちらも人気商品ですが、プロジェクターの中ではかなり安いのがその理由となっています。価格に見合う性能を持っているという事もあり、第2位になりました。

第3位:EB-W420

現在の価格はコチラ

こちらも第2位同様にビジネス用ではあるものの、高解像度な製品として人気の商品です。

3LCD方式の3,000ルーメンで、WXGA(1440×900)の解像度のおかげで会議室の後ろの方でも明瞭に画像を見ることができます

重量としては第2位と同じなので持ち運びもしやすく、端子も同様のものを搭載しているので、接続もしやすいです。

解像度の関係などで価格は第2位よりも高いことからこの順位になりましたが、高解像度を求めるならこちらもおすすめです。

第4位:EH-TW8300W

現在の価格はコチラ

こちらはエプソン製の中でも高級プロジェクターに当たりますが、価格に見合ったハイクオリティモデルとなっています。

4Kや4K相当の高画質表示ができるHDR対応で非常に高い画質の映像を楽しめます。さらにこの画質で3D対応でもあるので、まるで映像の世界に入ってしまったかのような錯覚さえ抱いてしまいそうです。

このハイスペックな画像処理機能をどこに設置しても楽しめる設置性を誇ります。当然大画面での投影が可能であり、明るさも2,500ルーメンとホームシアター用であれば最高輝度をとなっています。

またワイヤレス対応モデルと非対応モデルで選べます。高機能な分、価格も高めではありますが、それに見合ったハイエンドモデルとして第4位になりました。

第5位:EH-TW5350S

現在の価格はコチラ

こちらもホームシアター用としては人気のモデルです。2,200ルーメンの明るさでWUXGA(1920×1200)のフルHDを誇ります。

映像関係を綺麗に映し出せるHDMI端子を2カ所搭載し、プラスしてVGA端子、USB端子のタイプAとタイプBももちろん搭載しています。

Bluetoothにも対応しているので高画質・高音質を楽しめるとして第5位に入っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター