仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

NECのおすすめプロジェクターと口コミや評判

NECのプロジェクター

NECのプロジェクターは、現在オフィス用のビジネスプロジェクターが中心に販売されています。

今回はNECのおすすめプロジェクターについて、評判も交えて解説を行っていきます。

スポンサーリンク

【口コミ・評判】NECのおすすめビジネスプロジェクター

NECのおすすめビジネスプロジェクター

  • LEDモデル
  • バリューモデル
  • スタンダードモデル
  • 超短焦点モデル
  • プロフェッショナルモデル
  • DLP Cinema®プロジェクター

NECは、2018年現在6つのカテゴリーでプロジェクターを展開しています。その中でも、人気おすすめモデルをピックアップしてご紹介していきます!

LEDモデル 長寿命でメンテナンスフリー
バリューモデル シンプルな機能で手頃な価格
スタンダードモデル 軽量でコンパクト、マルチ画面投射機能搭載
超短焦点モデル 最短28cmの距離から80型の大画面投影
プロフェッショナルモデル 用途に合わせニーズを細分化したラインナップ
DLP Cinema®プロジェクター 映画上映も可能な高精細、3D対応機種も有

またプロジェクターのメーカー特徴一覧について知りたい方は「プロジェクターメーカーの比較一覧」を参考にしてください。

LEDモデル

LEDモデルは、長寿命でランプ交換不要のLED光源を採用したプロジェクターです。

ランプ交換のコストがかからないほか、消費電力110W、スタンバイ時0.5Wの省エネ設計のためランニングコストを抑えることができます。

持ち運びにも適した重さ1.4kgの小型・軽量設計で、外出先でのプレゼンにも便利です。

小型ですが3D映像の再生が可能、スピーカーも内蔵されていますが、HDMIで外付けスピーカーに接続すればさらに迫力の音声が楽しめます。

SDカードやUSBデータを直接挿入して使用できるため、パソコンやタブレットがなくてもこれ一台で作業を完結できます。

モデル名 明るさ 解像度 重さ 価格の目安
NP-L102WJD 1000lm 1280×800 1.4kg ¥90,000~
ViewLight NP-L102WJD
現在の価格はコチラ

メンテナンスフリーで省電力、持ち運び可能、ネットワーク接続、パソコンレスの投写もできるなど、多彩なニーズに応える機能が多数搭載されたモデルです。

明るさは1000lmと他の同価格帯モデルには劣りますが、口コミでは画質・明るさともに問題なしという声もありビジネスシーンでも十分使える機能性のようです。

プレゼンなどに最低限必要な機能にプラスして、3D映像再生機能などプラスアルファの要素も多いため使い方が幅広く、家庭で映画などを楽しむ際にもおすすめです。

使用ニーズ 家庭/ビジネス用
パネルタイプ DLP
最大ルーメン 1000lm
解像度 1280×800
アスペクト比 16:10
コントラスト比 10000:1
騒音レベル(最小) ----
幅×高さ×奥行 23.8cm×4.4cm×17.7cm
本体重量 約1.4kg
HDMI
USB
Wi-Fi
その他機能 3D対応
価格の目安 ¥90,000~

【ユーザーの口コミ・評判】

  • 自宅で3Dの映画を鑑賞、映像に問題なく満足。
  • パワーポイントを使用する商談で使用するが、画質・明るさともに問題なし。
  • スクリーンに文字を映しても、きれいに表示。
  • デザインが素敵で気に入っている。

バリューモデル

バリューモデルは、プレゼンなどに必要なシンプルな機能のみ搭載したコスパのいいモデルです。

機種は「NP-V302HJD」「NP-V332WJD」「NP-V332XJD」の3種類がありますが、どれも3000lm以上の明るさでスクリーンは40〜300型まで対応と、少人数の会議室から中規模程度のホールまで、幅広い会場に対応できます。

これら3機種の基本機能は細かな違いこそあれほぼ同じですが、大きな違いは解像度です。

最も画素数の多い「NP-V302HJD」が1920×1080のフルHD、「NP-V332WJD」が1280×800、「NP-V332XJD」が1024×768となっています。

モデル名 明るさ 解像度 重さ 価格の目安
NP-V302HJD 3000ルーメン 1920×1080 2.9kg ¥100,000~
NP-V332WJD 3300ルーメン 1280×800 2.8kg ¥60,000~
NP-V332XJD 3300ルーメン 1024×768 2.8kg ¥60,000~
ViewLight NP-V332WJD
現在の価格はコチラ

こちらの「ViewLight NP-V332WJD」は、バリューモデル3機種の中で画素数が真ん中のモデルです。

フルHDほどの解像度は必要なくプロジェクターの購入予算を抑えたいという場合、これより画素数の低い「NP-V332XJD」と価格帯が同じということもありこちらの機種を選ぶ人が多いようです。

他の価格帯が高いモデルのように多くの付加機能はありませんが、オートパワーオン・オフ機能やマニュアルズーム、マニュアルフォーカスなど、プレゼンに必要な機能はしっかりと押さえています。

安価で、一般的な会議やプレゼンに必要な機能を備えたコスパのいいモデルです。

使用ニーズ ビジネス用
パネルタイプ DLP
最大ルーメン 3300lm
解像度 1024×768
アスペクト比 4:3
コントラスト比 ----
騒音レベル(最小) 35db
幅×高さ×奥行 32.4cm×10.1cm×25cm
本体重量 約2.8kg
HDMI
USB ×
Wi-Fi ×
その他機能 3D対応
価格の目安 ¥60,000~

【ユーザーの口コミ・評判】

  • 社内での会議の際に使用しているが、操作が分かり易くて満足している。
  • 明るさ充分、30人規模の会議室で難なく使用できます!

スタンダードモデル

スタンダードモデルは、持ち運びやすいサイズで3300lm〜4000lmと十分な明るさを備えた、使い勝手のいいプロジェクターがラインナップされています。

「NP-ME401WJL」「NP-ME361WJL」「NP-ME331WJL」の3機種は他の全ての機能が同じで明るさのみが違う仕様になっています。

「NP-ME401XJL」はやや解像度では劣る代わりに4000lmの明るさが可能な機種、「NP-M403HJD」は解像度と明るさを両方備えたスタンダードモデルの中でも一段上の機種です。

また、全機種にマルチ画面投写機能が搭載されており、複数のパソコンやタブレットと同時接続してマルチ画面表示できることもスタンダードモデルの特徴です。

モデル名 明るさ 解像度 重さ 価格の目安
NP-ME401WJL 4000lm 1280×800 2.9kg ¥105,000~
NP-ME361WJL 3600lm 1280×800 2.9kg ¥125,000~
NP-ME331WJL 3300lm 1280×800 2.9kg ¥120,000~
NP-ME401XJL 4000lm 1024×768 2.9kg ¥115,000~
NP-M403HJD 4000lm 1920×1080 3.7kg ¥180,000~
ViewLight NP-ME401XJL
現在の価格はコチラ

こちらの「NP-ME401XJL」は、4000lmの明るさで大規模な会場でもしっかりと画面を投影できるパワフルなプロジェクターです。

解像度は他のスタンダードモデルに比べやや劣りますが、フル HD動画等を視聴するのではない限りあまり気にならないでしょう。

マルチ画面機能やクイックスタート機能、医用画像モードなど、プレゼンや学会での仕様に便利な機能が搭載され、優れた機能性を持つプロジェクターです。

解像度にはそれほどこだわらず、大きめの会場で使用したい場合にはこちらの機種がおすすめです。

使用ニーズ ビジネス用
パネルタイプ 液晶パネル(3LCD)
最大ルーメン 4000lm
解像度 1024×768
アスペクト比 4:3
コントラスト比 12000:1
騒音レベル(最小) ----
幅×高さ×奥行 33.9cm×10.85cm×25.9cm
本体重量 約2.9kg
HDMI
USB ×
Wi-Fi ×
その他機能 ----
価格の目安 ¥115,000~
ViewLight NP-M403HJD
現在の価格はコチラ

フルHDの画素数と4000lmの明るさを備え、スタンダードモデルの中でも一段上のモデルと言えるのがこちらの「NP-M403HJD」です。

HD動画や画像の細かなディテールまで鮮明に再現できるため、写真や動画の美しさが重要になる場面にも最適です。

ハイパワーですが省エネにも配慮していて、スタンバイ時は消費電力0.15W、使用時もエコモードを3段階から選択することができる省電力設計です。

広い空間でも鮮明に聞こえる20Wのスピーカー内蔵、マイク接続も可能で音声を効果的に使ったプレゼンが可能となります。

使用ニーズ ビジネス用
パネルタイプ DLP
最大ルーメン 4000lm
解像度 1920×1080
アスペクト比 16:9
コントラスト比 ----
騒音レベル(最小) ----
幅×高さ×奥行 36.8cm×10.8cm×29.1cm
本体重量 約3.7kg
HDMI
USB ×
Wi-Fi
その他機能 3D対応
価格の目安 ¥180,000~

超短焦点モデル

超短焦点モデルは、機種により28cm〜95cmの短距離でも大画面投影が可能なプロジェクターです。

NECは短焦点モデルのプロジェクターが多く、シリーズにより特性が異なります。

まず、「NP-U321HJD」は31cmの距離から100型での投影が可能、フルHD対応の高画質な機種です。

「NP-UM352WJL」「NP-UM352WJL-PN」「NP-UM351WJL」「NP-UM361XJL」の4機種は28cmの距離から80型投影が可能、電子黒板機能にも対応した学校向けモデルです。

「NP-M353HSJD」「NP-M353WSJD」は75cmの距離から80型投影が可能、フルHDにも対応で3500lmの明るさなのにエコにも配慮したモデルとなっています。

モデル名 明るさ 解像度 重さ 価格の目安
NP-U321HJD 3200lm 1920×1080 4.7kg ¥195,000~
NP-UM352WJL 3500lm 1280×800 5.8kg ¥160,000~
NP-UM352WJL-PN 3500lm 1280×800 5.8kg ¥185,000~
NP-UM351WJL 3500lm 1280×800 5.6kg ¥130,000~
NP-UM361XJL 3600lm 1024×768 5.6kg ¥80,000~
NP-M353HSJD 3500lm 1920×1080 3.7kg ¥180,000~
NP-M353WSJD 3500lm 1280×800 3.7kg ¥130,000~
ViewLight NP-M353WSJD
現在の価格はコチラ

こちらの「NP-M353WSJD」は、約75cmの距離で80型、95cmの距離で100型が投影可能な短焦点プロジェクターです。

他社製品のものまで含めた他の超短焦点プロジェクターに比べるとやや投影に距離が必要ですが、75cm〜95cmというと教壇から黒板までの距離と同程度のため、学校の授業などで使うには十分でしょう。

また、他の超単焦点プロジェクターと比べた時、こちらの商品の強みとなるのはフルHD対応の高画質とエコに配慮された省エネ設計です。

スタンバイ時の消費電力は0.15W、使用時も3種類から選べるエコモードで、使用シーンに合わせた省エネを実現できます。

使用ニーズ ビジネス用
パネルタイプ DLP
最大ルーメン 3500lm
解像度 1280×800
アスペクト比 16:10
コントラスト比 ----
騒音レベル(最小) ----
幅×高さ×奥行 36.8cm×13.4cm×29.1cm
本体重量 約3.7kg
HDMI
USB
Wi-Fi ×
その他機能 3D対応/短焦点
価格の目安 ¥130,000~
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター