仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

パナソニック(Panasonic)のプロジェクターの特徴とおすすめモデル

パナソニック(Panasonic)のプロジェクター

パナソニック(Panasonic)は、業務用プロジェクターのみを展開。家庭用ホームプロジェクターの取り扱いは2018年現在ありません。

高い性能が特徴で、オリンピックやライブ会場といった大規模イベントにも使用されています。

そんなパナソニックのプロジェクターを徹底解説。会議やプレゼンに、学校の授業などに使えるおすすめのプロジェクターをユーザーの口コミ・評判を交えながらご紹介していきます!

【他メーカーのプロジェクターについて知りたい方はコチラ】
プロジェクターメーカーの比較一覧

スポンサーリンク

パナソニック(Panasonic)のプロジェクターの特徴

パナソニックのプロジェクターは以下の5つのタイプで展開がされています。

タイプ 特徴
ポータブルモデル 3,600ルーメン以上のハイパワーなビジネス向き
システムモデル 劇場・展示会・舞台演出など多彩な用途
プロフェッショナルモデル 映画館やスタジアム向きの超高品質モデル
短焦点モデル 80cmの距離から80インチ画面に投影可能
一体型プロジェクター 画面付きで会社のエントランスやショールームに

業務用プロジェクターとして展開

パナソニックが販売しているプロジェクターは、業務用プロジェクターのみです。

他社のプロジェクターより全体的に高機能・高価格で、イベントなどの大型会場やスタジアムでの使用も可能なモデルもあります。

2018年の平昌オリンピックでも、開会式のプロジェクションマッピングなどに用いられました。

もちろん、一般的な企業での会議やプレゼンに使えるビジネスモデルも多数販売しています。

パナソニック(Panasonic)のおすすめプロジェクター

パナソニックのプロジェクターの中でも、おすすめのモデルを厳選してご紹介していきます。

スペックやユーザーの評価、価格を比較し、2018年購入すべきパナソニックのプロジェクターをご紹介!

ポータブルモデル「PT-VW355NJ」

現在の価格はコチラ

4000lmの高輝度で、明るい部屋でも問題なく使うことができます。解像度は1280×800で、WXGAと呼ばれる規格です。

HD相当の高画質のため、画質に対して特別にこだわりがなければ映画や映像鑑賞も可能です。もちろん、文字や図が主体の会議やプレゼンには十分な画質を備えています。

ワイヤレス機能搭載で、PCやタブレット、スマートフォンと簡単に接続することができます。スマートフォンは、iPhone、Androidどちらも接続可能です。

パナソニック独自のワイヤレス送信用アプリケーション「ワイヤレスマネージャーME6.3」によりWindows・Mac両方からの無線投影ができ、音声も送信できます。

また、最大16台のPCからマルチ画面投影が可能で、講義や学会でのプレゼンで効果的な演出が可能です。

また、広い会場で複数のプロジェクターを使う場合には、1台のPCで最大8台のプロジェクターと同時に接続できます。

ワイヤレス接続機能が充実しており、幅広い使い方が可能なモデルとなっています。

使用ニーズ ビジネス
パネルタイプ 液晶
最大ルーメン 4000lm
解像度 1280×800
アスペクト比 16:10
コントラスト比 12000:1
騒音レベル 37db
幅×高さ×奥行 35.2cm×9.8cm×27.94cm
本体重量 約3.4kg
HDMI
USB
Wi-Fi
その他機能 ----
価格の目安 ¥230,000~

ポータブルモデル「PT-VX425NJ」

現在の価格はコチラ

上の項目でご紹介した「PT-VW355NJ」に比べ、解像度は劣るが輝度は高いモデルです。4500ルーメンの明るさがあり、明るい会議室や広い会議室でも問題なく使用できます。

ワイヤレス接続機能などの付加機能には「PT-VW355NJ」と差はありませんが、価格面では70万円ほどの差があります。

これはなぜかというと、解像度に差があるためです。

「1280×800」と「1024×768」という数字だけを見ると大きな差があるようには思えませんが、前者は「16:9」後者は「4:3」という比率になっています。

「1024×768」はXGAという規格で、現在映像作品などの主流となっている16:9のワイド画面で製作された映像を投影すると、両サイド部分が切れてしまいます。

もしくは、横幅に合わせて投影し、上下部分を余らせた状態で映像を見る必要があります。

そのため、こちらの「PT-VX425NJ」は映像を見るのにあまり向いていませんし、投影する資料などもフルサイズで映すためには4:3の比率で制作する必要があります。

このような違いがあるため、「PT-VX425NJ」はPT-VW355NJ」よりも価格が安く設定されていると考えられます。

こちらの「PT-VX425NJ」は、購入コストを抑えたい場合や、プロジェクターで映像を観る予定がない・頻度が低い場合におすすめです。

使用ニーズ ビジネス
パネルタイプ 液晶
最大ルーメン 4500lm
解像度 1024×768
アスペクト比 4:3
コントラスト比 12000:1
騒音レベル 37db
幅×高さ×奥行 35.2cm×9.8cm×27.94cm
本体重量 約3.4kg
HDMI
USB
Wi-Fi
その他機能 ----
価格の目安 ¥160,000~
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター