仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

2018年最新!4K対応プロジェクターおすすめランキング

おすすめの4K対応プロジェクター

「自宅でまるで映画館にいるかのような臨場感を味わいたい!」という願望をかなえてくれるのが4K対応プロジェクターです。

美しい高精細な映像をスクリーンに映し出すことが可能、至福のひと時を味わうことが出来ます。

またスポーツ観戦にも4K対応プロジェクターは最適。まるでスタジアムで観戦しているかのような臨場感を味わうことが出来ます。

ここでは「2018年最新のおすすめ4K対応プロジェクター」をランキング形式でご紹介します。

【2018年最新】おすすめの家庭用ホームプロジェクター【選び方も解説】

スポンサーリンク

4K対応プロジェクターとは?

4K対応プロジェクターとは?

「そもそも4Kって何なのか?」というところから紹介していきたいと思います。

普段目にしているテレビやPCのモニターには、「解像度(画素数)」と呼ばれる映像を綺麗に映す上での、画素の密度を表す数値が存在しています。

基本的には画像は、色のついた点の集合(格子)で表現されています。

この格子が「1×1」の場合、そこにおける点は1つになり、色を表現できる箇所も1つだけになります。しかし、格子が「2×2」であれば、合計4つの点で色を表現することが可能になります。

4Kのプロジェクターの場合、この格子が「3840×2160」となっており、非常に綺麗な映像(高精細)を映し出すことが出来るのです。

かつては「1920×1080」のフルハイビジョンが高画質の代名詞となっていましたが、その2倍の画素数を誇るのが「4K」になります。

その4K映像をスクリーンに映し出す性能を持っているのが「4K対応」プロジェクターと覚えておきましょう。

名称 解像度 アスペクト比
4K 3840×2160 16:9
フルHD(フルハイビジョン) 1920×1080 16:9
WXGA 1280×800 16:10
HD(ハイビジョン) 1280×720 16:9

4K対応のプロジェクターのメリットとは?

4Kプロジェクターのメリットは、なんと言ってもその高精細な映像投映能力にあります。

特に、大きなスクリーンでスポーツ中継や映画鑑賞をする際には、圧倒的な映像の美しさによって臨場感や没入感が高まります。

また4Kテレビの場合は、設置する場所を確保しなければなりませんが、プロジェクターであれば、プロジェクターであればスクリーンを壁にかけて設置できるので、スペースを取ることがありません。

ワンルームにお住まいの方などは、テレビを購入せずにプロジェクターで代用しているケースも多くみられます。

4K対応のプロジェクターをテレビ代わりに使用したいと考えている方は「プロジェクターはテレビ代わりに使えるの?メリットとデメリットを解説」も参考にしてください。

4K対応プロジェクターのデメリットとは?

デメリットとしては、購入価格が通常のプロジェクターより高くなってしまうという点です。

通常の家庭用プロジェクターであれば、5万円~10万円が相場ですが、4K対応プロジェクターになると15万円以上のモデルが基本になります。

またもう一つのデメリットとしては、本体のサイズが大きく、軽量化が困難という点です。そのためやや広めの設置場所を確保する必要があります。

4K対応プロジェクターはどんな人におすすめ?

4K対応プロジェクターはスポーツ観戦や映画鑑賞などを趣味とし、自宅で大画面の迫力ある映像を楽しみたい方におすすめです。

価格こそ高いですが、自分だけのミニシアターをご自宅に作ることができ、美麗な映像をいつでも楽しむことができます。

またビジネス利用を考えている方もいるかも知れませんが、通常の会議やプレゼンの際に「4K対応プロジェクター」が必要になることはほとんどありません。

ただし、資料映像や販促映像をより綺麗に映したいというニーズがあるのであれば、購入をおすすめします。

【2018年最新】4K対応プロジェクターおすすめランキング:TOP3

4K対応プロジェクターおすすめランキング:TOP10

それでは4K対応プロジェクターのおすすめランキングをご紹介していきます。

価格はやはり通常のプロジェクターよりは高くなってしまいますが、その中でも価格が抑えられ高品質なモデルを厳選。「ユーザーの口コミや評価」も加味し、最高の4K対応プロジェクターを紹介します。

メーカー名 / モデル名 ポイント
BenQ(ベンキュー) / HT2550 コスパ最強!4Kプロジェクターの第一候補
エプソン(EPSON) / EH-TW8300W 映像の滑らかさやメリハリに強み!
ソニー(SONY) / VPL-VW245 超高級モデル!本格派ホームシアターに!
BenQ(ベンキュー) / TK800 スポーツ観戦ならこのモデル!

またプロジェクターの上手な選び方について詳しく知りたいという方は別ページで紹介していますので、そちらも参考にしてください!

初心者に向けて分かり易く解説!プロジェクターの上手な選び方

第1位:BenQ(ベンキュー) / HT2550

現在の価格はコチラ

20万円を切る価格でついに憧れの4Kプロジェクターが手に入るようになりました。

第1位にランクインしたのは台湾のプロジェクターメーカー「BenQ(ベンキュー)」の高品質プロジェクター『HT2550』です!

「3840×2160」の4K映像を再生可能、画面の細部までぼやけることがなくハッキリと鮮明な映像を自宅で楽しむことが出来ます。

また「シングルDMD DLP技術」や「HDR技術」も搭載しているため、色彩の再現性に優れ、リアリティ溢れる映像の投影が可能になっています。

ユーザーからは、「映像への没入感がすごい!」「この4K映像を観るとフルHDの映像には戻れません!」「精細でシャープな画質!」など映像技術のすばらしさに驚きの声が見られます。

サイズ感もコンパクトで3D映像にも対応、初めての4K対応プロジェクターならばこのモデルで間違いなし!

使用ニーズ 家庭
パネルタイプ DLP
最大ルーメン 2200lm
解像度 3840×2160
アスペクト比 16:9
コントラスト比 10000:1
騒音レベル(最小) 33db
幅×高さ×奥行 35.3cm×13.5cm×27.2cm
本体重量 約4.2kg
HDMI
USB ×
Wi-Fi ×
その他機能 3D対応/HDR対応
価格の目安 ¥170,000~

第2位:エプソン(EPSON) / EH-TW8300W

現在の価格はコチラ

エプソン初の4K対応ホームプロジェクター『EH-TW8300W』が第2位にランクイン。

解像度自体は「1920×1080」ですが、1画素を0.5画素にシフトさせるエプソン独自の「4Kハンスメントテクノロジー」により4K相当の映像を実現しています。

フルハイビジョン映像を「4Kハンスメントテクノロジー」と映像のざらつきを抑える「イメージ強調技術」により4K相当映像に変換して視聴することが可能です。

コントラスト比は「1,000,000:1」とプロジェクターの中でも最高峰のレベル。残像感を抑えるために「フレーム補間技術」を搭載、スピード感のある映像でもスムーズに再生することが出来るプロジェクターです。

より映像の滑らかさやメリハリを気にするのであれば、このモデルがおすすめです。

使用ニーズ 家庭
パネルタイプ 液晶
最大ルーメン 2500lm
解像度 1920×1080
アスペクト比 16:9
コントラスト比 1,000,000:1
騒音レベル(最小) 20db
幅×高さ×奥行 52cm×17cm×45cm
本体重量 約11.2kg
HDMI
USB ×
Wi-Fi ×
その他機能 3D対応/HDR対応
価格の目安 ¥360,000~

第3位:ソニー(SONY) / VPL-VW245

現在の価格はコチラ

続いてご紹介するのは、国内メーカー「ソニー(SONY)」から超高級プロジェクター『VPL-VW245』。

ソニー独自の「4K SXRD」を搭載し、映像ノイズやざらつきのない滑らかで高精細な映像を出力することを可能にしています。

また注目したいポイントとして「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」という技術を搭載し、フルハイビジョンの映像信号を「4K映像」に変換することが出来ます。

「HDR10方式」「HLG方式」の2種類のHDR技術(ハイダイナミックレンジ)に対応し、映像の立体感・奥行き感・精細感を存分に出すことも可能に!

ソニーの技術の結集ともいえる最高峰4Kプロジェクター、本格的なホームシアターを楽しみたい!という方に最適なモデルです。

使用ニーズ 家庭
パネルタイプ LCOS
最大ルーメン 1500lm
解像度 4096×2160
アスペクト比 17:9
コントラスト比 ----
騒音レベル(最小) 26db
幅×高さ×奥行 49.56cm×19.53cm×46.36cm
本体重量 約14kg
HDMI
USB ×
Wi-Fi ×
その他機能 3D対応/HDR対応
価格の目安 ¥520,000~

【番外編】BenQ(ベンキュー)/ TK800

現在の価格はコチラ

惜しくもTOP3にはランクインしませんでしたが、スポーツ観戦がメインであればBenQ(ベンキュー)『TK800』がおすすめです。

サッカー観戦をより楽しめる「フットボールモード」を搭載し、スタジアムの芝生や肌の色合いを鮮明に映し出すことが可能です。また「スポーツモード」では、バスケットボールやテニスなど動きの速い映像にも対応。

またBenQ独自の「CinemaMaster Audio+2」が、スタジアムの臨場感やレフリーの笛を最適に出力。まるで現地で観戦しているかのような気分にさせてくれます。

自宅でスポーツ観戦がしたい!仲間と一緒に応援したい!と考えているのであれば、このモデル。

使用ニーズ 家庭
パネルタイプ DLP
最大ルーメン 3000lm
解像度 3840×2160
アスペクト比 16:9
コントラスト比 10000:1
騒音レベル(最小) 33db
幅×高さ×奥行 35.3cm×13.5cm×27.2cm
本体重量 約4.2kg
HDMI
USB ×
Wi-Fi ×
その他機能 3D対応/4K対応
価格の目安 ¥150,000~
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター