仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

人気の4K対応プロジェクターおすすめランキング

4K対応プロジェクターのランキング

市場では4K対応のテレビが普及しはじめ、いち早く手に入れた方もいらっしゃるでしょう。しかしまだ販売しはじめで価格も高く、美しい映像をより堪能できる大型のものを求めれば、かなりの価格になってしまうのが現状です。

大画面を映し出すことができるプロジェクターでも4Kが普及しており、既に多くの商品が販売されています。しかも物によってはテレビよりも安く、大画面の4Kを楽しむことができます。こちらでは人気の4K対応プロジェクターおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

4K対応プロジェクターとは?

4K対応プロジェクターとは?

4K対応プロジェクターのご紹介の前に、そもそも4Kとは何なのか、そこからご紹介していきたいと思います。

普段目にしていらっしゃるであろうテレビや、PCのモニターなどには解像度と呼ばれる映像を綺麗に映す上での画素の密度を表す数値が存在します。

基本的に画像は格子、つまり色のついた点の集合で表現されていると思っていただければいいでしょう。

この格子が1×1だった場合、そこにおける点は1つであり色を表現できる箇所も1つとなります。しかしこれが2×2であれば、合計4つの点が置けるので色を表現できる箇所も4つとなります。

この格子の数を画素数とも言いますが、この数が多くなればなるほど、色を置ける場所が増え、必然的により細かい表現が可能となるのです。

一般的なPCなどのモニターでも高解像度と呼ばれるものはこの画素数が1920×1200程度であり、これ以上の解像度のものになるとモニター自体も大きく、また非常に綺麗な映像を映し出すことが可能となります。

これに対して現在テレビなどでも普及し始めている4Kはその画素数が3840×2160となっており、およそ倍の画素数を誇ります。

詳しい方なら画素数の多さでその凄さが分かると思いますが、ピンとこない方もいらっしゃると思います。

現在広く普及している液晶テレビの画像も綺麗だと感じられている方が多いと思いますが、4K対応の映像になると、例えば人の毛穴まで見えるほどの繊細な画像を映し出すことができる、と言われています。

故に女優泣かせ、とも言われているのですが、それくらい細かく綺麗な映を映し出すことが出来るのが、4K対応のプロジェクターやテレビだと思ってください。

4K対応プロジェクターのメリット

さて、これほど美しい映像を映し出すことができる4K対応のプロジェクターですが、当然メリットはその綺麗な映像表示にあります

ホームシアター用として、広いスクリーンに大画面でスポーツの中継などのテレビ番組や、映画を映し出せるのであれば、これほど映像を楽しめるプロジェクターはありません。

もちろんホームシアターセットなどで音響周りは補強しなければいけませんが、家でも大画面での映像が楽しめます。

さらに同様のサイズで映像を映し出す4Kテレビでは場所を取りますが、プロジェクターであればそれほど場所は取りません

高性能なので他の商品に比べれば多少大きくはなりますが、それでもテレビに比べれば、その差は一目瞭然です。そういった意味でもメリットは大きいでしょう。

4K対応プロジェクターのデメリット

これだけ性能が良いと価格が高いのも確かです。4Kテレビを買うことを考えれば、それほど高い買い物と思わないかもしれませんが、プロジェクターにはスクリーンも必要であるため、その購入費や設置についても一考しなければいけません。

また大きな映像となるため、スクリーン自体を設置できる広さがある壁が無いと見ることすらできないため、場所も限られてくるのはデメリットです。

4K対応プロジェクターはどんな人におすすめ?

それを踏まえた上で、4K対応プロジェクターはスポーツ観戦や映画鑑賞などを趣味とし、自宅で大画面の迫力ある映像を楽しみたい方におすすめです。

値は張りますが、全てをクリアすれば自分だけのミニシアターを作り出すことができ、美麗な映像をいつでも楽しむことができます。

贅沢な設備ではありますが、特に映画好きであれば投資するに値する設備だと思います。

4K対応プロジェクターおすすめランキング:TOP10

4K対応プロジェクターおすすめランキング:TOP10

それでは4K対応プロジェクターのおすすめランキングもご紹介していきましょう。値は張りますが、その中でも価格が抑えられ高品質なものなどを厳選してみました。

もしこれから購入を検討されている方は、こちらもご覧になった上で参考にしていただくのも良いと思います。

>>プロジェクターの選び方について詳しくはコチラ

第1位:EPSON(エプソン) / EH-TW8300W

現在の価格はコチラ

4K対応の人気モデルと言えばまずこれが挙がります。価格こそ高めですが、評価も性能も高いプロジェクターとしておすすめです。

最大輝度は2,500ルーメンですが、液晶パネルを採用しているのでより明るい映像が映し出され、昼間の薄暗い部屋でも映像がしっかりと映し出されます。

またワイヤレス対応なのでケーブルなしでもスマホやタブレットに接続できるほか、3Dにも対応しており、4Kの美麗な映像で立体感のある映像を楽しめるのもポイントです。価格に見合った高性能・高機能なモデルとして第1位に入りました。

>>EPSONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第2位:JVC / DLA-X770R

現在の価格はコチラ

高解像度と言えばLOCSパネル搭載のプロジェクターは外せません。最大輝度こそ1,900ルーメンですが、ホームシアター用としては十分な明るさと言えます。

ダイナミックレンジと広色域で映し出される映像は、まさに家に居ながら映画館に居るような大迫力で綺麗な映像を楽しむことが可能です。

LOCSパネル搭載なので値段もかなりしますが、その値段に裏付けされた確かな品質が感じられる商品としておすすめです。

第3位:EPSON(エプソン) / EH-TW8300

現在の価格はコチラ

こちらは第1位の商品と性能がほとんど変わらない商品です。唯一ワイヤレス対応ではないため、値段がわずかに安くなっています。

いずれにしても性能が高い商品としておすすめであることから第3位に入りました。ワイヤレスが必要でないのであればこちらでもいいでしょう。

>>EPSONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第4位:SONY / VPL-VW515

現在の価格はコチラ

こちらもLOCSパネルを搭載することで4Kの高解像度を実現したプロジェクターです。ホームシアター用として設計され取り、立体感・奥行き感・精細感が増したリアリティのある映像を映し出すHDR対応なのもポイントです。

他にも機能満載な商品として人気であり、評価も非常に高い商品としておすすめです。価格こそ高めですが、ソニー独自の性能重視な商品として第4位に入りました。

>>SONYのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第5位:JVC / DLA-X770R

現在の価格はコチラ

JVCもソニーに負けず劣らずの高性能で多機能なプロジェクターを製造しています。こちらは独自の色再現技術であるReal Color Imaging Technologyに加え、ガンマ調整機能付のオートキャリブレーション機能によって4Kの中でも特に美しい映像を映し出します。

またゲームでも最適な動作をする為に低遅延モードを搭載するなど、工夫が凝らされています。価格も負けず劣らず効果ですが、大画面でゲームなどを行いたい方にもおすすめとして第5位になりました。

第6位:JVC / DLA-X570R

現在の価格はコチラ

こちらも高解像度の4K対応プロジェクターの中では評価が高い商品です。LOCSパネル対応なので価格は高めですが、第5位の商品に比べれば安めなのが特徴です。

それに比べ性能としては僅かに劣る程度なので、少しでも安く購入したいという事であればこちらの方がおすすめです。

第7位:EPSON(エプソン) / EH-LS10500

現在の価格はコチラ

こちらは最大輝度こそ1,500ルーメンと他よりはやや低いですが、人気は高めの商品です。

価格もLOCSパネル搭載なので高く、第5位の商品よりも高めではあるのですが、こちらは3D対応でもあるため、値段としては納得のいくところです。

レーザー光源なのでランプ寿命も長いことから、長い目で見てメンテナンスコストを抑えられるのもポイントでしょう。初期投資こそかかりますが、性能は折り紙付きとして第7位になりました。

>>EPSONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第8位:JmGO / JmGO G1 CLV-612

     
現在の価格はコチラ

デザインとしては珍しく円形をした4K対応プロジェクターです。何と言ってもすごいのはDLPパネルを採用して4Kもの解像度を実現しながら、小型化に成功しており、重量も1.55kgと軽量である点です。

モバイルとして持ち運びも可能となっているので、外出先でも4Kの美麗な映像を楽しめます。輝度こそ300ルーメンしかありませんが、4K対応の中ではかなり安いこともあり、第8位になりました。

第9位:SONY(ソニー) / VPL-VZ1000

現在の価格はコチラ

一見すればプロジェクターには見えないデザインではあるものの、その性能は非常に高い商品です。

最大輝度は2,500ルーメンと明るいのですが、アスペクト比17:9と珍しいタイプでもあるのがネックなところでもあります。

ただワイド画面の映画を大画面で楽しみたいのであればこちらがおすすめとして、第9位に入りました。

>>SONYのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第10位:JVC / DLA-Z1

     
現在の価格はコチラ

4K対応のプロジェクターの中でも高級モデルにあたる商品です。LOCSパネル搭載なのもその要因ですが、3,000ルーメンもの高い輝度を誇り、高コントラストと優れた色再現によって非常に綺麗な映像であることも理由となっています。

他にも高い性能を支える多様な機能を持ち、まさにプレミアムなプロジェクターです。しかし値段もプレミアムとなっており、おいそれとは手が出ませんが、買うなら高級モデルが良いという方にはおすすめの商品として第10位になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター