仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング

ホームシアター用プロジェクターのランキング

自宅で大画面の美しい映像を楽しみたい場合、その選択肢としてプロジェクターを候補に挙げられる方もいらっしゃると思います。実際に市場にはホームシアター用のプロジェクターも相当数販売されているので、どれを選んだらいいか悩むこともあると思います。

ホームシアター用のプロジェクターを選ぶのであれば、性能を比較するのも良いですが、よく買われている評価の高い人気の商品から候補を絞るのも手です。こちらではホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

第1位:EPSON(エプソン) / EH-TW5350

現在の価格はコチラ

ホームシアター用のプロジェクターとしてまずおすすめしたいのが、こちらの商品です。解像度はフルHDに対応し、最大輝度は2,200ルーメンとホームシアター用としては十分な明るさを持っています。

当然HDMI端子を搭載しているので、ノイズの無い美しい映像をブルーレイレコーターやPCなどから送り出し映し出すことが可能です。

また3Dにも対応しており、必要な3D眼鏡やオーディオ機器とはBluetooth接続が可能なので、提供されているコンテンツを自宅で、しかも大迫力の映像と共に楽しむことができます。

基本性能は高いのに価格は抑えられていることから、第1位にランクインしました。

>>EPSONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第2位:EPSON(エプソン) / EB-W420

現在の価格はコチラ

ビジネスプロジェクターではあるものの、高解像度と高輝度で昼間でも大迫力の映像を楽しめることからホームシアター用としても使えるモデルになります。

特筆した機能こそありませんが、重量が2.4kgと軽く、全体的にもコンパクトであるため設置もしやすいのがポイントです。

また価格としても抑えられており、第1位と比べても安いので、価格重視であるならばこちらでもいいかもしれません。

>>EPSONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク

第3位:SONY(ソニー) / LSPX-P1

現在の価格はコチラ

モバイルプロジェクターとして人気なのがこちらのモデルになります。輝度としては100ルーメンしかないですが、暗くした部屋の中で、しかも近距離で楽しむのであれば十分でしょう。

手のひらサイズの小ささでありながら28cmの距離で80インチの大きさになる映像を投影できるのがポイントであり、ワイヤレスなのでスマホやタブレットので楽しめる動画も映し出すことができます。

デザインも良いため、インテリアを損なわず設置しておけるのもポイントです。価格は高めですが、スタイリッシュなプロジェクターをお求めであればおすすめとして、第3位になりました。

>>SONYのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第4位:BenQ(ベンキュー) / HT2050

現在の価格はコチラ

BenQの中でも人気や評価が高い商品です。ホームプロジェクターとして作られているので、フルHDの高解像度なのはもちろんのこと、2,200ルーメンの高輝度にもなっています。

さらに映像だけでなく音質にもこだわり、高音質スピーカーを標準搭載しているのもポイントでしょう。レンズシフト機能や豊富な接続端子も付いているのに、メンテナンスをあまりしなくていいので、コストパフォーマンスも良い商品です。

価格も高性能の割には高すぎるという事はないため、おすすめの第4位に入りました。

>>BenQのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第5位:BenQ(ベンキュー) / HT1070

現在の価格はコチラ

こちらも高解像度と高輝度で色再現性を高め非常に綺麗な映像を楽しめるホームプロジェクターです。

こちらは特にスポーツ観戦に特化したスポーツモードを搭載しており、映画だけでなく目まぐるしく映像が切り替わるスポーツなども大迫力の画面で楽しむことができます。

100インチの大画面を映し出すのに2.5メートル必要なのでそれなりの部屋の広さは必要ですが、美麗な映像を求める方にはおすすめとして第5位になりました。

>>BenQのプロジェクターについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク

第6位:EPSON(エプソン) / EH-TW6700

現在の価格はコチラ

エプソン製でもハイクオリティーモデルとして販売されているのが、こちらの商品です。フルHD対応の3,000ルーメンの明るさを持つプロジェクターで、ホームシアター用としては非常に高い輝度を持ちます

これによる美麗な映像は元より、3D映像にも対応しているので、大迫力で立体的な映像も楽しむことができます。

レンズシフト機能による映像の調整機能や、Bluetoothオーディオ対応で映像と共に高音質の音響で映像を見ることができるのです。

高性能な分、価格も高いことから第6位になりましたが、価格度外視で性能重視であればこちらもおすすめです。

>>EPSONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第7位:BenQ(ベンキュー) / MH530

現在の価格はコチラ

軽量でコンパクトな設計となっているフルHD対応のプロジェクターです。3,200ルーメンで高輝度であり、会議室で使うことを主にしていますが、ホームシアター用として使うことも視野に入れた商品となっています。

ランプもエコモードであれば長寿命の約10,000時間も持つようになっているので、ヘビーユーザーの方でもランプの取り換えに煩わしさを感じるほど頻繁に行うことはありません。

扱いやすさなどを求めるのであれば、こちらもおすすめとして第7位になりました。

>>BenQのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第8位:EPSON(エプソン) / EH-TW8300W

現在の価格はコチラ

エプソンの高級モデルがこちらになります。第6位同様にハイクオリティーモデルではあるのですが、性能は段違いです。

解像度は4K対応であり、輝度は2,500ルーメンとホームシアター用としては最高輝度、さらに3Dにも対応している高性能モデルです。

最高峰の映像を楽しめるプロジェクターとしてはおすすめですが、価格はかなり高いことから、第8位になりました。

>>EPSONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク

第9位:EPSON(エプソン) / EH-TW650

現在の価格はコチラ

こちらもフルHD対応で鮮やかな映像を楽しめるプロジェクターです。色再現性の高い3LCDと3,100ルーメンの輝度で明るく鮮明な映像を映し出します。

また設置性にも優れており、補正機能の操作も直観的に行えるのもポイントです。性能としては高い方なのですが、その分価格も高いことから第9位になりました。

>>EPSONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第10位:ASUS / ZenBeam E1

現在の価格はコチラ

こちらはモバイルプロジェクターにはなりますが、第3位の商品より輝度も150ルーメンと高く、WVGAの解像度を持つ商品です。

デザインとしてはシンプルですが、最長5時間も持つバッテリーを搭載し、投影サイズは120インチにもなる大画面となるため、小さくても大きな映像を楽しめます。

価格も非常に安いのですが、画面が大きい分、距離も取らなければいけないため、ホームシアター用のモバイルプロジェクターとしてはやや使い辛さもあることから第10位になりました。

>>ASUSのプロジェクターについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター