仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

BenQの評判とおすすめプロジェクターランキング

BenQのおすすめプロジェクター

製品の品質や安全性を考えると国産にこだわる方は多いと思います。しかしメーカーによっては海外産であっても品質の高い商品を取り扱っているところは複数あります。商品数も多く、価格も抑えられたものが多数あります。

台湾の企業であるBenQでは性能・品質共に高く、価格も安い商品を取り扱っています。そのため人気も高く、多くの方が購入されています。気になる方もいると思うので、こちらではBenQの評判とおすすめプロジェクターランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

BenQ(ベンキュー)とは?

BenQ(ベンキュー)とは?

プロジェクターの特徴などをご紹介する前にメーカーであるBenQについてご紹介していきましょう。

BenQは台湾台北市内湖区に本社を置く電機電子メーカーです。正式な社名は明基電通股份有限公司ですが、英名はBenQ Corporationであり、「Bringing Enjoyment and Quality」の略称からBenQと名付けられています。

液晶ディスプレイやイメージスキャナなどを主軸として事業展開していますが、これらは設立当時から続く事業となります。

1984年にエイサーグループのディスプレイや周辺機器部門を受け持つメーカーとして設立しています。その後、2001年にBenQブランド発表し、英名を現在のものに変更しました。

主軸製品は世界第3位を誇る生産数となっており、世界でも有名なメーカーとなっています。

>>プロジェクターメーカーの一覧はコチラ

BenQのプロジェクターの特徴

BenQのプロジェクターの特徴

BenQではプロジェクターの種類として、スタンダードモデルからホームシアター用、高輝度モデル、短焦点モデルと目的に合わせて選びやすい商品展開を行っています。

ビジネス用という括りはありませんが、スタンダードモデルや高輝度モデルはビジネスシーンで使用しても十分な性能を発揮する商品群です。

また短焦点モデルも高輝度となっており、自動台形補正機能なども搭載されているものが販売されているので、会議やプレゼンでの使用に適しています。

さらにビジネス用として教育現場で使用しやすいプロジェクターを専門で扱っているのも特徴です。

他社でも教育用プロジェクターは販売していますが、BenQは特に商品数が多いです。プラスしてオプションに電子黒板システムキットが販売されており、これを用いることで最大4人まで映像の中に書き込むことができ、教育現場でも威力を発揮してくれます。

もちろん会議やプレゼンでも活躍してくれること間違いなしのオプションなので、合わせて購入するのもいいかもしれません。

ホームシアター用も短焦点での100インチ投影が可能なものや、リアルフルHD対応の高解像度のもの、縦横台形補正機能付きのものなど高性能なものが揃っており、自宅での使用を検討されている方は、他メーカーと一緒にBenQの商品を一考しても良いと思います

全体的な商品数こそ多いわけではなく、むしろ少ない方に当たりますが、その分だけ1つ1つの商品の品質は高く、また価格帯も他の日本産メーカーより安いこともあり、人気や評価は高いのもポイントです。

BenQのプロジェクターの口コミや評価

BenQのプロジェクターは国産ではないものの、高い評価が目立ちます。価格の安さも然ることながら、性能が高いことで人気のようです。

ただ一部惜しい点もあるようなので、それらも含めて良い評価、悪い評価それぞれでご紹介してきます。

良い口コミや評価

良い評価としては確かな性能と品質に満足されることが多いようです。価格からしても同じような性能を持っている他のメーカーと比べてもかなり安いことから、コストパフォーマンスも良いと高評価です。

明るさや解像度も十分なものとなっており、静音性も気になるよう音は出ないようです。多くの方が満足できる性能としておすすめする方もいらっしゃいました。

悪い口コミや評価

価格帯から考えるともう少しデザインに気を遣ってもいいのではと言う意見が見られました。

また商品によってはちょっと大きくて持ち運びにくいという声もありましたが、低評価と言われるほどではありませんでした。

BenQのプロジェクターはどんな人におすすめ?

BenQのプロジェクターは性能が高いのに価格が安いコストパフォーマンスが良い商品をお探しの方におすすめです。

国産ではありませんが、それを気にしないのであれば性能、品質共に信頼の実績となっているのでおすすめのメーカーと商品となっています。

スポンサーリンク

BenQのプロジェクターおすすめランキング:TOP5

BenQのプロジェクターおすすめランキング:TOP5

それではBenQのプロジェクターのおすすめランキングをご紹介していきましょう。BenQでは購入しやすいお手頃価格のものからやや高級な物まで幅広く取り扱っているので、その中でも人気のものや評判の良いものを選ばさせていただいています。

>>プロジェクターの選び方について詳しくはコチラ

第1位:HT2050

現在の価格はコチラ

価格が安めのBenQの中ではやや高価ではありますが、それに見合う高機能モデルです。2,200ルーメンの明るさで、フルHDの高画質に加えて高音質スピーカーを基本性能として搭載しています

また様々なAV機器やPC、スマホなどと接続できる豊富な接続端子に、レンズシフト機能も搭載して、プロジェクターとしての性能を高めています。

ハイスペックモデルとして人気も高いことから第1位になりました。

第2位:MS527

現在の価格はコチラ

こちらも高い性能でありながら、同レベルのプロジェクターと比べても価格が安いことで人気の商品が第2位に入っています。

3,300ルーメンと非常に明るく、フル3D対応で美しい映像を映し出せる性能はもちろんのこと、最大10,000時間もの長時間ランプを搭載しており、頻繁なランプ交換なども必要ありません

多機能モデルで軽量・コンパクトであることから、ハイスペックで移動や設置もしやすいプロジェクターであることも人気の理由となっています。

第3位:HT3050

現在の価格はコチラ

こちらもBenQの中では価格がやや高めのプロジェクターです。しかしそれに見合う性能は健在であり、評価も高い商品です。

その性能は映画やハイビジョン映像を忠実に再現できる解像度を誇り、高画質だけでなく高音質を実現する高音質チャンバー型スピーカーも搭載しています

これ一台でホームシアターとしての映画やスポーツ、テレビ番組を十分楽しめるとして第3位になりました。

第4位:HT1070

現在の価格はコチラ

リアルハイビジョンで映し出す高解像度が魅力のプロジェクターです。選手の表情を見やすく映し出し、芝の高い色再現性を実現したスポーツモードを搭載しているため、特にスポーツ観戦に特化したプロジェクターとして話題です。

DLP方式なので残像感も少ないことから、素早い動きでも見やすく映し出してくれます。スポーツを中心に大迫力の映像を見たい方におすすめです。

第5位:MH530

現在の価格はコチラ

こちらもフルハイビジョンの高解像度で3,200ルーメンの高輝度を誇るプロジェクターです。軽量でコンパクトなモデルなので女性でも持ち運びが容易なことから人気でもあります。

スマートエコ機能でランプの寿命も10,000時間と長いのもポイントです。教室やオフィス、小中会議室で使用しやすい汎用性の高いプロジェクターとしておすすめの第5位になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター