仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

人気の短焦点プロジェクターおすすめランキング

短焦点プロジェクターのランキング

プロジェクターを使う際、広い部屋や会議室でないと使えないというイメージがある方もいらっしゃいます。

プロジェクターの多くはある程度の距離を取らなければ大画面で投影できないものが多いですが、商品の中には短い距離でも大きな映像を映すことができる商品もあるのです。こちらではそんな短焦点プロジェクターおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

短焦点プロジェクターとは?

短焦点プロジェクターとは?

プロジェクターはレンズを通して映像を拡大しています。そのためスクリーンに綺麗に移すにはある程度の距離が必要となります。

この距離自体は調整は出来るものの、どれだけある程度の距離が必要となってしまうのです。

100インチの映像を映すために、最低でも250cm程度は必要です。長いものであれば350cm程度は必要です。

広い部屋や会議室であれば取れそうな距離ですが、机などの障害物なども含めると意外と取りにくい距離なのです。

それに対して短焦点プロジェクターは半分程度の距離で同じ映像を映し出すことができるのです。短いものなら最短で150cm程度、長いものでも170cm程度で100インチの映像を映し出すことができるのです。

スクリーンから距離が取れない部屋で使うのであれば便利なプロジェクターです。ちなみにこれよりも短い距離で映像を投影できる超短焦点プロジェクターというものもあります。

短焦点プロジェクターのメリット

プロジェクターとスクリーンの距離が取れないような場所での使用に最適の商品です。

特に自宅内での使用する際は、スクリーンまでの距離が無いこともあります。

もちろん広い会議室などでも、自分で操作しながら投影し、資料を指しながら説明するとなるとスクリーンに近い方が良いので、短焦点プロジェクターは使いやすい商品です。

短焦点プロジェクターのデメリット

逆に遠い位置での使用は出来ません。スクリーン前に人が集まり、後方から投影するのであれば、距離が遠いことから映像が上手く映らなくなります

使用できる距離が限定されるのはデメリットにもなり得ることは理解しておかなければいけません。

短焦点プロジェクターはどんな人におすすめ?

以上の点から短焦点プロジェクターは狭い部屋などでの使用を前提としている方や、スクリーン近くでの使用を前提としている方におすすめです。

特にビジネスマンにとっては操作と説明を一緒にしながら行う場合、スクリーンから遠いとそれができないため、このような短焦点プロジェクターの方が使いやすいと感じられると思います。

短焦点プロジェクターおすすめランキング:TOP10

短焦点プロジェクターおすすめランキング:TOP10

それでは短焦点プロジェクターのおすすめランキングをご紹介していきたいと思います。

短焦点プロジェクターは見た目だけだと通常のプロジェクターと何ら変わりがなく分かりにくいと思うので、調べるのが面倒な方はこちらを参考にしていただくと選びやすいと思います。

>>プロジェクターの選び方について詳しくはコチラ

第1位:SONY(ソニー) / LSPX-P1

現在の価格はコチラ

短焦点プロジェクターを紹介するならこの商品は外せません。こちらは28cm程度の距離があれば80インチの画面を映し出せる超短焦点プロジェクターです。

プラスして軽量及びコンパクトなモデルで、持ち運びにも便利であり、またインテリアを損なわないデザインであるためホームプロジェクターとしても場所を取らない商品でもありま。

小型化とデザインに特化しており、輝度以外の性能も高いことから価格も高いですが、LCOSパネルの常識を覆したモデルとしてもおすすめとして第1位になりました。

>>SONYのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第2位:EPSON(エプソン)/ EB-535W

現在の価格はコチラ

短焦点プロジェクターとしてはこちらも人気です。83cmの距離があれば80インチの大画面を映し出せる短焦点プロジェクターですが、解像度もUXGA対応と高く、輝度も3,400ルーメンと非常に明るいため、ビジネス用には使いやすい商品です。

価格こそ高めですが、便利な短焦点プロジェクターとしてはこちらもおすすめです。

>>EPSONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第3位:BenQ(ベンキュー) / MW824ST

現在の価格はコチラ

こちらもビジネスユースにおすすめの短焦点プロジェクターです。解像度はUXGA、輝度は3,200ルーメンとこちらも高めであり、100cm離れていれば89インチの映像を映し出すことが可能です。

スピーカーも内蔵しているほか、電子黒板キットPW02にも対応しているので教室での使用もしやすい商品です。

価格も高めではありますが、使用用途の幅が広い商品として第3位に入りました。

>>BenQのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第4位:LGエレクトロニクス / PH450UG

現在の価格はコチラ

こちらはバッテリー内臓のモバイルプロジェクターとして人気の商品です。モバイルでありながら解像度は高めであり、バッテリーも最大2.5時間もつ仕様です。

また超短焦点プロジェクターでもあり、短い距離でもスクリーンへの投影が可能です。デザインもユニークであることから、おすすめの商品です。

第5位:LGエレクトロニクス / PF1000UG

現在の価格はコチラ

第4位と同じメーカーの中では超短焦点プロジェクターとして人気の商品です。LED光源によって1,000ルーメンの明るさでフルHDの映像をスクリーンに非常に近い位置からでも投影することが可能なのが特徴となっています。

性能もまずまずで、短焦点による投影が可能であることから価格はそれなりに高めですが、狭い部屋やものがたくさんある部屋でも使いたいという方にはおすすめの第5位になりました。

第6位:EPSON(エプソン) / EB-1761W

現在の価格はコチラ

薄型のプロジェクターでありながら、解像度はUXGA、輝度も2,600ルーメンとなかなかな性能を持つ短焦点プロジェクターです。

価格こそ高めではありますが、評価も高い商品であり、シンプルな使いやすさが特徴となっています。

多機能ではなくシンプルな性能をお求めの方にはおすすめとして第6位に入りました。

>>EPSONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第7位:リコー(RICOH) / PJ WXC1110

現在の価格はコチラ

こちらは手のひらサイズのモバイルタイプとして販売されている短焦点プロジェクターです。

100cmの距離から60インチの大きさの映像を高コントラストで鮮やかな映像として映し出すことができます。

またLED光源なので、寿命も長くメンテナンスコストも抑えられているのがポイントです。モバイルでありながら価格はそこそこしますが、持ち運びも考えるならおすすめの商品です。

>>リコーのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第8位:EPSON(エプソン) / EH-TW5350

現在の価格はコチラ

こちらも短焦点プロジェクターとしては性能が高い商品です。解像度はフルHDに対応しており、アスペクト比は16:9で最大輝度は2,200ルーメンとなっています。

ホームシアター用として活躍してくれる性能を持ち、液晶パネル搭載なので昼間の完全に暗く出来ない部屋であっても、綺麗な映像を楽しむことが可能でしょう。

常設タイプとしては人気も高い商品ですが、値段もそこそこすることから第8位になりました。

>>EPSONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第9位:BenQ(ベンキュー) / TH682ST

現在の価格はコチラ

フルHD搭載で3,000ルーメンもの明るさを持つ短焦点プロジェクターです。基本性能が高いのはもちろんのこと、150cmあれば100インチの大画面で映像を映し出せます。

ピアノブラックの色調も落ち着きのあるかっこいい商品として第9位にランクインしました。

>>BenQのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第10位:リコー(RICOH) / PJ WX4241

現在の価格はコチラ

こちらも短焦点プロジェクターとなっており、約80cmの距離で80インチもの大画面を投影できます。

また3,300ルーメンもある輝度で非常に明るく、WXGA(1280×800)で解像度も高い商品なので、会議室などの端からでも綺麗な映像を見ることができます。

価格こそやや高いですが、保証などが付くモデルもあり、安心して使用することができることから、第10位に入りました。

>>リコーのプロジェクターについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター