仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

VGA?プロジェクターとPCやスマホとの接続方法

プロジェクターとPCやスマホとの接続方法

プロジェクターと言えば、会議やプレゼンなどで使うイメージも強いと思いますがその場合、PCなどと接続することが多いと思います。あるいは最近だとスマホやタブレットと接続して投影することも数多くあるでしょう。もちろんビジネスシーンに限らず自宅でも行う方法だと思います。

プロジェクターと外部機器を接続する場合、適した方法で接続しなければ映像が見ずらくなることもありますし、物によっては便利な接続方法もあります。そこでこちらではプロジェクターとPCやスマホとの接続方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

プロジェクターとPCの接続方法

プロジェクターとPCの接続方法

ビジネスシーンで使用することが多いプロジェクターとPCとの接続ですが、この接続方法はいくつかあることをご存知の方はそれほど多くないようです。

  • VGAで接続
  • HDMIで接続
  • USBで接続
  • Macと接続

上記のような接続方法があります。様々な接続方法に出会った時にも困らないように、それぞれの特徴やメリットについてご紹介していきましょう。

>>プロジェクターでテレビを視聴する方法はコチラ

VGAで接続する特徴やメリット

プロジェクターとPCを繋ぐ上で最も一般的な接続方法です。これはPCとモニターを繋ぐ上でも採用されていることから、プロジェクターでも使用されています。

プロジェクター、PCともに必ずその端子があるため、対応するVGAコードさえあれば必ず接続できるというメリットがあります。

ただし正しくコードを繋ぎ、電源を入れても認識されないというトラブルも起きやすい接続方法なので注意してください。

また一般的なVGAコードでの接続で出力できるのは映像だけであり、音声も出力したい場合は別途音声用のコードを用意するか、音声用コードが付属している特殊なVGAコードを購入する必要があります。

HDMIで接続する特徴やメリット

HDMIはノイズをほとんど発生させず綺麗に映像を出力できるコードになります。またこれ1本で映像と音声を同時に出力できるというメリットもあります。

ただしコード自体が少し高いのと、PC側あるいはプロジェクター側、またはその両方にHDMI端子が存在しない場合は接続できません

さらにPC側のHDMI端子が音声未対応のものも稀にあるため、その場合はHDMIで繋いでも音声出力ができないこともあるので、いずれも確認が必要です。

USBで接続する特徴やメリット

PCはプロジェクターに関わらずUSBでの映像出力も可能です。ただしこれにはPC側にUSBドライバのインストールが必須となります。

そのためプロジェクターのメーカーがドライバを提供していることが必須となります。CDやDVDなどのディスク形式、あるいはネット上でダウンロードしてくるインストール形式のどちらかがあれば大丈夫です。

最新のPCだと未対応という事も十分にあり得ます。対応しているか必ず確認をした上で、主の接続方法はVGAやHDMIにするのが無難です。

アップル製品(Mac)と接続する方法

先ほどVGAはどのようなPCにも採用されている、とご紹介しましたが例外が存在します。PCの多くがWindowsを主としているため、メーカーが違ってもPCのほとんどが同じ端子を採用しており、VGAは必ずと言って良いほど搭載されています

しかしMACは別です。その昔MACはディスプレー一体型のPCを販売して話題となりました。それ以降、MACの商品の多くがノートパソコンなど、外部ディスプレーへの出力を不要としたものばかりになっています。

そのためVGAなどを採用しておらず、HDMI端子のみを内蔵しているものが多いです。

つまりHDMIでの出力は可能という事ですが、当然内蔵していないものも存在しますし、VGAで接続したいという方もいらっしゃるでしょう。

その場合はMACに採用されているサンダーボルトポートを利用します。サンダーボルトとはMAC、つまりAppleが採用しているUSB-Cと呼ばれる特殊なUSBポートのことです。

形状が特殊なので直接USBポートとの接続もできません。そのためサンダーボルトポートに接続できるVGAアダプタやHDMIアダプタと言った変換プラグが必要となります。

プロジェクターとスマホの接続方法

プロジェクターとスマホの接続方法

PCとの接続が多いですが、最近はスマホとも接続ができます。最近のスマホは処理能力も高く、画質も良いためプロジェクターで画像や映像を映し出しても綺麗に投影されます。

  • 変換プラグを使用
  • ワイヤレス接続

プロジェクターとスマホを接続するには上記の2種類の方法があります。それぞれの接続方法についてご紹介しましょう。

変換プラグを使用する方法

変換プラグとはスマホのマイクロUSBを使用し、接続するためのプラグになります。マイクロUSBに挿し込み、変換プラグでHDMIケーブルでの接続を可能とします。

つまり変換プラグとHDML端子が必要だという事です。準備するものが2つなので少々費用がかさみます

ただしMHLと呼ばれる映像及び音声の転送規格対応のプロジェクターとスマホの両方が揃っていれば、MHLケーブルのみで映像と音声の両方を出力することが可能です。

最近のスマホはこのMHL対応のものが増えており、プロジェクターも徐々に対応し始めているため、最新機種であれば一度確認してみるがいいかもしれません。

ただしここまではAndroidの話です。MAC同様、Apple製品であるiPhoneでは接続方法に違いがあります。

iPhoneの場合

MACと同じようにiPhoneではライトニングという独自の規格となっています。そのため変換プラグはマイクロUSBではなく、ライトニングとHDMLの変換プラグを用意する必要があるのです。

VGAやアナログケーブルで接続する変換プラグもありますが、音がでないなどの不具合があるそうなので、HDMI端子が最もトラブルが少ないという事です。

ワイヤレスで接続する方法

Wi-Fiを利用し接続できるプロジェクターも販売されています。スマホはWi-Fi接続が可能となっているので、これを利用しワイヤレスでの接続が可能となっています。

しかし両方ともWi-Fiの設定をすれば良いわけではなく、スマホ側は専用のアプリのインストールが必要となるため、プロジェクターの説明書などをよく読んで設定を行ってください。

>>おすすめのWi-Fi対応プロジェクターはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター