仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

当日の利用は可能?プロジェクターをレンタルする際にかかる費用や必要なもの

プロジェクターをレンタルする際の費用や必要なもの

「パーティの際にプロジェクターが必要」「今からプレゼンなのにプロジェクターが壊れてしまった」そんな時にプロジェクターのレンタルショップを利用してみてはいかがでしょうか?

この記事では、プロジェクターをレンタルするまでの流れや必要なもの、そして費用の目安について解説を行っていきます。

スポンサーリンク

プロジェクターってレンタルできるの?

プロジェクターってレンタルできるの?

プロジェクターのレンタルショップは全国各地にあり、WEBもしくは店頭で申し込みを行うことにより希望のプロジェクターを借りることが出来ます。

通常の家庭用プロジェクターであれば、1日3,000円程度でレンタルをすることが可能になっています。

当日の予約も可能なレンタルショップが多いので、急にプロジェクターが必要になったという際でも利用することが出来ます。

プロジェクターをレンタルする際の簡単な流れ

  1. ネットや店頭で予約
  2. 会員登録
  3. 支払い(多くの店では前払い)
  4. プロジェクターの引き渡し(店頭もしくは宅配便)
  5. 返却(店頭もしくは宅配便)

プロジェクターをレンタルする際に必要なもの

プロジェクターをレンタルする際に必要なもの

多くのレンタルショップでは初回利用時に「会員登録」が必要になってきます。

その会員登録の際に必要な書類について説明をします。なお「個人での利用の際」と「法人での利用の際」で必要な物が異なってきますので注意が必要です。

個人登録の際に必要なもの

  1. 登録用のメールアドレス
  2. 自宅と勤務先の固定電話番号(不要な場合もあります)
  3. 携帯電話番号
  4. 現住所記載の身分証明書

個人登録の際に必要なものは上記の4点になります。なお現住所記載の身分証明書は「運転免許証」「住民基本台帳カード(顔写真付き)」「マイナンバーカード」のいずれか1点になります。

仮にこれらを持っていない場合は、「パスポート」「母子手帳」「住民基本台帳カード(顔写真)」「障害者手帳」「保険証」「学生所もしくは社員証」のいずれかに加え、住所が記載されている公共料金の領収書(2ヵ月以内)が必要になってきます。

一部のレンタルショップでは、携帯電話番号のみの登録は不可となっているケースがありますので注意が必要です。

法人登録の際に必要なもの

  1. メールアドレス
  2. 勤務先の固定電話番号
  3. 法人印の捺印
  4. 名刺または社員証

一部のレンタルショップでは、携帯電話番号のみの登録は不可となっているケースがありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

プロジェクターをレンタルする際の費用

プロジェクターをレンタルする際の費用

プロジェクターをレンタルする際にかかる費用は、どのプロジェクターをレンタルするかによって大きく異なってきます。当然本体価格が高く、高性能なプロジェクターほどレンタル料金も高額になってきます。

以下は、1日レンタルした場合の料金目安になっています。店舗によって料金は異なるので、あくまでも目安として見てください。

またこれらの料金に加え、配送が必要な場合は別途送料がかかってきます。

プロジェクターのタイプ 1日レンタルの場合 1週間レンタルの場合
一般的なプロジェクター ¥3,000~ ¥7,000~
高画質プロジェクター ¥18,000~ ¥55,000~
大規模イベント用プロジェクター ¥65,000~ ¥200,000~
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター