仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

簡単接続!プロジェクターでテレビを視聴する方法

プロジェクターの接続方法

昨今は映像技術も進み、テレビも非常に綺麗な映像を大画面で楽しむことができるようになりました。ブラウン管世代から考えれば、これは飛躍的な進歩と言えます。しかし画面が大きくなればなるほど、また映像がきれいになればなるほど価格も上がっていくのが現状です。

市場でテレビを購入する際には予算の上でどうしても大きさや映像の美しさを妥協してしまうこともありますが、実はプロジェクターを使えば価格を抑えて同等以上の大きく美しい映像を楽しめます。こちらではプロジェクターでテレビを視聴する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

プロジェクターでテレビを視聴する方法

プロジェクターでテレビを視聴する方法

現在販売されているテレビは大きいものだと40インチや50インチのものもあり、それだけでも大画面で楽しめます

しかし大きくなればなるほど価格も高くなりますし、大きさの限界もあります。一般的なテレビ番組ならそれでもいいかもしれませんが、映画やDVD、あるいはスポーツ観戦であれば、もっと大画面で見たいという願望もあると思います。

そんな時はプロジェクターを利用して大画面のスクリーンで楽しむ、という方法もあるのです。今回はその方法として、プロジェクターとテレビの接続方法をご紹介していきます。

>>プロジェクターとPC・スマホを接続する方法はコチラ

プロジェクターでテレビを見るのに必要なもの

プロジェクターというとDVDやブルーレイの視聴、あるいはPCなどと接続して使用することは多いですが、テレビを視聴するというのは意外にも少なく、また知っている方も少ないようです。

しかし、実はプロジェクターでもテレビを見ることは可能なのです。ただしプロジェクター単体ではテレビの視聴は出来ません。それには以下のものが必要となります。

  • スピーカー内蔵プロジェクター
  • チューナーもしくはブルーレイレコーダー
  • HDMI端子

この3種類の商品が必要となります。

スピーカー内蔵のプロジェクターとは?

プロジェクターはスピーカーを内蔵しているものとそうでないものがあります。

これは使用用途の違いであり、ホームシアター用のものだと音声も必要となるためスピーカーを内蔵しているものが多いです。

しかしビジネス用だと映像と言っても動画などではなく、資料を移すことが多いためスピーカーを内蔵していないものもあります。

もちろん全てではありませんが、スピーカー内蔵のものであれば、チューナーと接続して音声出力をすることが可能なのです。

ただしあくまで音声を出力するだけのものであり、より高音質を求めるのであれば、あるいは臨場感を出したいのであれば、ホームシアターセットなどを購入するか、別途スピーカーやアンプを用意する必要があるので注意してください。

チューナーもしくはブルーレイレコーダー

プロジェクターでテレビを視聴すると言っても、テレビと接続するわけではありません。主にはチューナーを使用する、あるいはブルーレイレコーダーで代用することになります。

チューナーは言わずもがな、アンテナから電波を拾い、映像として出力可能な形にデータ変換してくれる機器です。

プロジェクターは映像データを読み込み、光源を使用して投影する機器なので、チューナーが映像データを送ってくれれば、テレビであってもスクリーンに映し出すことができます。

チューナーの代わりにブルーレイレコーダーでも代用が可能です。現在は地デジになりB-CASEカードがテレビに挿入されることで視聴が可能となりました。

これは映像を記録するDVDやブルーレイレコーダーにも挿入されており、アンテナをまずレコーダーに接続し、そこからレコーダー経由でテレビに繋ぎます

この時、テレビ同様にブルーレイレコーダーでは送られてきた電波を映像に変換し記録してるのですが、最近のレコーダーは録画の有無にかかわらず、テレビと同じように選局して視聴することが可能なのです。

つまりレコーダー内部に搭載されているチューナーを利用して、プロジェクターでテレビを視聴することができる、という事なのです。

もし選局機能があるブルーレイレコーダーなどを持っているのであれば、わざわざチューナーを購入しなくても済むという事になります。

HDMI端子

機器同士の接続にはHDMI端子が必要になります。HDMI端子は映像を綺麗に映してくれる、もっと言えば高い精度でデータを送り、ノイズの少ない綺麗な映像を映し出すことができるため、テレビとレコーダーやPC、ゲーム機器などの接続に使用されます。

使用している方はご存知かもしれませんが、これ1本あれば映像だけでなく音声も出力することが可能なのです。

最近のプロジェクターには標準でHDMI端子の接続が可能となっているので、配線を複雑にせず、かつ綺麗な映像と音を楽しむためにも必ず準備しましょう。

プロジェクターとテレビの接続方法

上記のものを準備したらいよいよ接続です。とは言っても手順はそれほど難しくはありません。それでも機械が苦手で不安という方もいると思うので、手順に沿ってご紹介していきます。

チューナーとプロジェクターを繋ぐ

まずはチューナー、あるいはブルーレイレコーダーとプロジェクターをHDMI端子で繋ぎましょう

注意としてはチューナーまたはブルーレイレコーダーはHDMI出力端子に、プロジェクターはHDMI入力端子に接続してください。おそらく間違えないとは思いますが、念のために記載しておきます。

それぞれの機器の電源コードを挿す

電源コードを挿さなければ当然電源は付きません。電源を入れる前に必ず確認しましょう。ただしまだ電源は入れないでください。

プロジェクターから先に電源を入れる

電源を入れる順番はプロジェクターが先です。これで信号を受け入れる側の準備が出来るので、その後チューナーあるいはブルーレイレコーダーの電源を入れましょう。

チューナーなどの電源を入れる前は「信号が受信できません」などのメッセージが出るかと思いますが、電源を入れたら自動的に受信されます。

最近の機種はどちらから電源を入れても認識してくれるようになりましたが、念のためにこの順番で起動しましょう

接続する上での注意点

必ずHDMI端子で接続してから電源を入れるようにしてください。電源を入れる順番は最悪逆でも良いですが、電源を入れてからHDMI端子を接続しても全く認識しないというトラブルもあり得ます。

壊れたわけではありませんが、この場合、一度電源を落として最初から接続し直すことになりますので、手間を省くのであれば手順に合わせて行うようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター