安眠を求める人のために
ピントルの枕専門ページ

よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング

重い枕と軽い枕の違いについて

重い枕と軽い枕の違いについて

明日も元気に頑張る為に、今日の疲れを癒す睡眠は生活の中でも非常に重要な項目です。快眠のポイントとなる枕ですが、意外と見落としがちなのは枕の重量が大切という事です。そこで今回は重い枕と軽い枕の違いと、適切な枕の重量について紹介していきます。

スポンサーリンク

快眠に最適な枕の重さとは?

快眠に最適な枕の重さとは?

同じような寝心地でも、枕の中身によっては重量が変化し、それは使用感にも現れます。もちろん枕のサイズによっても枕の重量は変化しますし、意外に見落としやすいポイントです。

枕の重量と言うのは重ければ重い程良い、もしくは軽ければ軽い程良いという訳ではなく、睡眠の邪魔をしない程度に軽く、寝返りをしても動かない程度に重い物が良いでしょう。では、重い枕の特徴と、軽い枕の特徴について紹介していきます。

>>快眠できる枕の選び方

軽い枕の特徴

枕の重量が極端に軽い、もしくは自分にとって軽い場合どうなるかと言うと、目が覚めた時に頭の下から枕がズレてベッドや布団からはみ出してしまう事があります。もちろん、こういった減少は枕の高さが合わない(枕が高すぎる)場合にも起きますが、寝返りをうったときなどに枕がズレてしまっているという可能性もあります。

高さの適した枕を使用していて、使っている枕が軽く、睡眠時にズレてしまうと、体は無意識に枕の場所を睡眠中に探すため、深い眠りから覚醒しかけてしまいます。そのため、せっかく体と相性の良い枕を使っていても重量が自分にとって軽すぎると、グッスリと快眠する事が出来ない可能性もあるので注意が必要です。

重い枕の特徴

枕の重量が極端に重い、もしくは自分に取って重い場合どうなるかと言うと、睡眠時の体の動きを不必要に抑制してしまい、目が覚めても体がダルくなる事があります。エコノミー症候群のように、長時間同じ姿勢だと体に悪影響を及ぼすのです。

寝ている間の体の動き(寝返りなども含む)というのは、睡眠時のストレッチです。体がある程度動く事によって、目覚めはサッパリとして、体が軽くなるのですが、枕が全く動かない程に重いと、体は動きにくくなり目覚めも悪くなってしまいます。ですので、重い素材の枕で大きいサイズの場合体の不調が出てくる事もあります。

>>枕に使われる素材の定番と特徴

自分に合った重さの枕が大切

自分に合った重さの枕が大切

何故、自分に合った重さの枕を選ぶ事が快眠につながるのかというと、睡眠時の適正寝返り回数を調節する事で質の良い睡眠が得られるからです。一般的な体型の人であれば(極端にズレていなければ)寝返りは一晩20回前後です。

>>体型や体重に合わせた枕の選び方

体重によって圧迫された部分の痛みや、血液の循環状況によって寝返りを行うため、少なすぎれば体がダルくなり、多すぎれば覚醒してしまい眠りが浅くなります。そこで、寝返りを楽に打つ事が可能であり、同時に安定感も得られる枕の重量、これが非常に重要な快眠の要素となってくるのです。

>>高い枕と低い枕の違いについて

枕の最適重量とは?

枕の最適な重さ選びの目安として、身長170cm体重60kg程度の一般的な成人男性であれば2.5-3.0kg程度の重さの枕が適切です。羽毛等の軽量素材の枕であれば、肩甲骨を覆うような大きめの枕にして重量を稼ぎ、蕎麦殻などの重みのある枕であれば、奥行きを少なくしてある物を選びましょう。

合わない重さの枕が良くない理由

人間は必ず睡眠時に寝返りをします、近年では頭のガッチリ安定させるような枕を、「頭がズレなくて朝までグッスリ」といったうたい文句で販売する店もありますが、寝返りを打たないというのは、体の疲労が取れないと同じ意味なのです。

しかし枕の重量が自分に合っていない場合は、寝返りをしにくい場合や、寝返りをした際に枕がズレてしまうという減少で睡眠が妨げられてしまいます。枕がズレて頭が落ちたタイミングで深い眠りから覚醒へと移ってしまう事もありますし、首が不自然な角度で朝を迎えて痛めてしまうという事もあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング