安眠を求める人のために
ピントルの枕専門ページ

よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング

マルコビーンズ枕の魅力と素材の特徴

マルコビーンズ枕について

ポリエチレンを使用した小さな球(マルコビーンズ)を詰めた枕がマルコビーンズ枕です。マルコビーンズ同士が点で結ばれるため通気性が良く夏場も快適に使えるため人気です。そんなマルコビーンズ枕の魅力や、素材の特徴から良い部分&悪い部分などを紹介します。

スポンサーリンク

マルコビーンズ枕の魅力とは

マルコビーンズ枕の魅力とは

快眠を提供してくれる枕の名門ともいえるロフテー株式会社のマルコビーンズ枕は、硬めの球体であるマルコビーンズを使用しているので沈み込みが少ないのが魅力的です。

とはいっても蕎麦がら枕などと違い、素材自体が比較的軽く、中空となっているため、ズッシリとはしておらず、枕の重さによって姿勢が悪くなると言う事もありません。マルコビーンズ同士が密着する事も無いので通気性も良く、夏場も快適なのが魅力です。

>>枕に使われる素材の定番と特徴

オススメのマルコビーンズ枕

現在の価格はコチラ

マルコビーンズ枕の洗濯方法について

ポリエチレンで作られたマルコビーンズが中に詰められているマルコビーンズ枕。まずは枕カバーを外して、マルコビーンズの詰まった中袋を取り出しましょう。中袋のまま洗濯ネットへ入れたら、少なめの洗剤を洗濯機へ投入し弱流水であらいます。

強い設定で洗濯機を稼働させると、洗濯機へ負荷がかかり故障の原因ともなります。マルコビーンズ枕を洗うときは、柔軟剤を入れる事で静電気を防止してくれるため、汚れを吸着しにくくなり綺麗に洗う事が出来るので、覚えておくと良いでしょう。

洗い終わったら風通しの良い場所に吊るして自然乾燥させるのですが、天日干しはNG。直射日光に当てすぎるとポリエチレンが劣化したり、変形してしまう可能性があります。また、マルコビーンズは熱にあまり強くないので、乾燥機などの使用もやめましょう。たまに、中袋をシャカシャカ振ってあげると早く乾きます。

>>枕を洗濯するときの注意点

マルコビーンズ枕の特徴とは

マルコビーンズ枕の特徴とは

マルコビーンズ枕は、枕全体からみると硬めの寝心地ですが、パイプ枕と比較すると、頭部のあたりは柔らかく感じ、通気性が良いので夏場の使用に最適なのが特徴です。耐久年数が長いのもマルコビーンズの特徴で、交換目安は4-5年となっています。

丸洗いが可能なので、常に清潔に使用する事が出来るため定番の素材となっていて、枕がへたってきた場合も、少し補充するだけで良い為経済的なのもポイントです。

マルコビーンズ枕の良いところ

球体であるマルコビーンズは素材自体の流動性が高く、頭部にフィットしてくれます。そのため粒状の素材を使用した枕の中では耐圧分散性能が比較的高いのがメリットで、睡眠時の頭部への負担が少なく、疲れが取れ易いとあって多くの人気を獲得しています。

また、マルコビーンズ1つ1つが中空素材となっている為、非常に高い通気性を持ち、それだけでなく、この空洞によってクッション性も両立されているのがポイントです。また、素材の寿命も非常に長く、よほど強い圧力を加えなければつぶれません。もちろん化学素材なので虫がつく事も無く、お手入れも簡単なのもメリットですね。

>>快眠できる枕の選び方についてはコチラ

マルコビーンズ枕の悪いところ

枕の中でジャリジャリとマルコビーンズが動く音が聞こえてくるので、気になる人からすると、寝にくくデメリットだと感じる場合もあります。また、マルコビーンズのサイズによっては、底つき感がある事もあります。マルコビーンズ自体の価格が比較的高いというのもこの枕のデメリットでしょう。

ポリエチレン等の素材を使用した枕は、通気性が良い代わりに吸湿性が無いので、睡眠時にでた汗や湿度は、マルコビーンズの表面に付着し、多い時は枕に出ます。そのため、吸湿性の高い枕カバーを使用する事で改善するのがおすすめです。丸洗い可能な特徴を生かして、週に一回は洗濯する事で、ニオイもつきにくく、清潔に使用出来るので、極力こまめに洗濯しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング