安眠を求める人のために
ピントルの枕専門ページ

よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング

ストレートネックを改善する枕の選び方

ストレートネックを改善する枕の選び方

最近肩こりや首の痛みが酷い。すぐに頭が痛くなる。こうした症状に悩まされていませんか?そんなあなたの首、もしかするとストレートネックになっているかもしれません。

デスクに座っての長時間にわたるパソコン作業や、携帯電話、スマートフォンの使いすぎによっておこってしまうストレートネック。ここではそんなストレートネックを改善するための枕の選び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

ストレートネックとは

ストレートネックとは

最近仕事をしていると肩こりが酷い、もしくは首の痛みがなかなか取れない。頻繁に頭痛が起こる。そんな症状に悩まされている方達の首に共通しているのが、ストレートネックと呼ばれるものです。このストレートネックというのは、具体的にはどのような状態のことを指すのでしょうか。

ストレートネックの人の首

まずストレートネックというのは、読んで字のごとく、首がまっすぐの状態になってしまっている状態のことをいいます。頭痛や首の痛み、肩こりの症状が慢性的に出ている方がレントゲンを撮ると、通常よりも首がまっすぐになっていることが分かります。

具体的には、頚椎の生理的前湾角度が30度以下の状態になっているものをストレートネックと言い、通常は30度から40度とされています。

一見するとまっすぐに見える人間の首ですが、横から見ると頚椎は弓状に湾曲しています。しかしこの湾曲がまっすぐの状態になってしまうことで、猫背に見えたり顔が付き出ているような状態に見えます。

ストレートネックの症状

ストレートネックになると次のような症状が現れるようになります。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 首の痛み
  • めまいやふらつき
  • 手のしびれ
  • 頻繁に起こる寝違え
  • 吐き気

これらの症状はどれも慢性的に現れやすく、仕事などの際にも気になるほどの場合には、一度病院などで診断してもらうようにしましょう。外科的治療の多くは首の牽引や、電気を用いたマッサージ、薬の処方などの対処療法が多いようです。

ストレートネックの原因

ストレートネックは多くの現代人を悩ませる症状であり、現代人ならではの原因が多くあると言われています。原因を知ることで少しでもストレートネックによる辛い症状を緩和するための材料にしましょう。

長時間のパソコンやスマホによる作業

ストレートネックになってしまう原因の中でも最も多いのがこちらでしょう。パソコンやスマートフォンを長時間使い続けることによって、前傾した姿勢を長時間取り続けることになってしまいます。

これによって自然な首の前湾曲が失われストレートネックになってしまいます。最近ではスマホの爆発的な普及によってより一層首をしたに傾けた姿勢をとる人が増え、ストレートネックに悩まされる人が増えたとされています。

スポーツによる障害

スポーツが原因となるストレートネックというものもあります。バレエなどの姿勢矯正や、格闘技などを行うことによる外部からの衝撃、転倒や衝突などによるむちうちなどがきっかけとなる場合もあります。

体に合わない枕

このサイトのテーマでもある枕が、ストレートネックの原因となっている場合もあります。ご自身の首や体に合わない枕を使い続けることによって引き起こされるものであり、枕選びが非常に重要となってきます。

ストレートネックの症状を緩和する枕の選び方

ストレートネックの症状を緩和する枕の選び方

上記のストレートネックの原因の部分の最後にも登場しましたが、自分に合っていない枕を使い続けることはストレートネックの原因となることがありますが、自分に合った枕をしっかりと選ぶことでストレートネックの辛い症状が改善することもあります。

そこでストレートネックの方であればまず押さえておきたい枕の選び方のポイントや注意点について確認していきましょう。

気を付けたいストレートネック用枕

正式には病気ではないものの、現代人の多くが抱える辛い症状であることから、ストレートネック用の枕というのが販売されています。ストレートネックの方の首の状態を改善するために開発されたものですが、これを100%信用するのは良いこととは言えません

特に、長期間に渡りストレートネック用の枕を使用しているにも関わらず症状が全く改善しない方は要注意です。使い続けることによってむしろ症状が悪化してしまうこともあるでしょう。

ストレートネック用枕が自分に合っているか

もしもすでにストレートネック用の枕を持っている方は、実際にその枕に頭を置いて横から写真を撮ってみると良いでしょう。そしてその写真を縦にして見てみてください。この時首が前に飛び出るような形になっている方は使用をおすすめしません。

枕によって、逆にストレートネックの形に首が矯正されるような形となってしまっています。こうした場合は即刻使用を中止すべきです。これは首を乗せる部分が盛り上がっている低反発枕などでも同じことが言えます。

ストレートネックには枕よりもタオル?

ストレートネックで悩んでいる方はなによりもまず自分の首の形に合った枕を選ぶ必要があるのですが、実は案外おすすめなのがタオルで枕を作ってしまう方法です。これは自宅にあるバスタオルで出来るのでおすすめ。

わざわざ高い枕を買う必要もないので、ご自身に合っているようであればかなりストレートネックによる辛い症状が改善する場合があります。しかも作り方も非常に簡単なので、一度試してみる価値はあるでしょう。

ストレートネックを改善するタオル枕の作り方

まず自宅にあるバスタオルを用意します。そして長い方に二つ折り、そして短い方に二つ折りにして、端っこからクルクルと硬く巻いていくだけです。最後はタオルの部分をゴムバンドなどを使って留めます。

これを首の下において、首が自然な湾曲を描く形となるように微調節して完成です。注意点としては、違和感を感じるような即刻中止すること、横向きになる場合は首のくぼみに入れないことです。

巻いて作ったタオル枕と合わせて、もう一枚タオルをたたんで頭の下に敷くのもおすすめです。この場合あまり厚く折ってしまうと意味がないのでなるべく薄く折るようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング