安眠を求める人のために
ピントルの枕専門ページ

よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング

いびきを改善する枕の選び方

いびきを改善する枕の選び方

睡眠中の問題の一つとして多くの人を悩ませるのが「いびき」です。これは寝ている本人だけの問題にとどまらず、一緒に眠る家族にとっても大きな問題の一つであると言えるのではないでしょうか。

そんないびきを改善させるための手段の一つとして比較的注目されるのが枕です。ここではそんないびきを改善するための枕の選び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

枕の高さといびきの関係

枕の高さといびきの関係

結論から言うと、どんな高さの枕を使っているかというのは、いびきをかきやすいかどうかと非常に関係が深いと言われています。睡眠時の気道がしっかり確保されているかを決める上で重要なのは睡眠時の姿勢です。

そんな睡眠時の姿勢に大きく影響する枕の選び方は、いびきと深い関係にあると言えます。では自分にとって高い枕と低い枕だと、どちらの方がいびきをかきやすいのかについて確認しておきましょう。

>>高い枕と低い枕の違いについてはコチラ

高すぎる枕はいびきにつながる

睡眠中のいびきが起こってしまう大きな原因の一つが、気道が狭くなってしまっているということです。気道が狭くなることによって、空気の通り道は狭くなってしまい、そこを通る空気の流れは乱れ、喉の奥にある軟口蓋という部分が振動し、いびきとなるのです。

そんな気道を狭くしてしまうのが、高すぎる枕を使うことです。高すぎる枕を使うと人間の首元は自然と折れ曲がるような形になってしまいます。こうなれば当然ながら気道がせまくなります。

このようなことから高すぎる枕を使っていると、どうしても睡眠時にいびきをかきやすい状況ができてしまうのです。いびきが気になる、家族から指摘される方は、まず自分が使っている枕が高すぎないかをチェックしましょう。

低い枕=いびきの解決ではない

上記のとおり、基本的には高すぎる枕はいびきの原因となりやすいということは間違いありません。ではいびきに悩まされている方はすぐに低い枕に変えれば解決するのかということそういうわけではありません

実は低い枕を使用することが逆にいびきを悪化させてしまっていることもあるので注意が必要となる場合があります。それがどんな場合かについてまとめてみました。

アルコールの影響

家族が酔っぱらって帰ってきてそのまま寝てしまった時、いびき がうるさかった経験がある方は少なくないでしょう。これはアルコールによってのどの筋肉がゆるくなってしまっていることが原因となっています。ベッ ドにもいかず、床で寝てしまっている人がいびきをかいているのはこれが原因の場合が多いと言えます。

加齢による衰え

加齢による筋肉の衰えというのは、なにも外見的に見える部分だけに起こるものではありません。その一つがのどの筋肉の衰えです。これによって横になった時に舌が気道に沈み込みやすくなり、結果として気道を狭めます。そしてこれは低い枕を使用した際に起こりやすいと言えます。

扁桃や口蓋垂の形状

これは先天的な要因の一つとなりますが、扁桃や口蓋垂(いわゆるのどちんこ)が人よりも大きい場合には、どうしても気道は狭くなります。横になった際には低すぎる枕を使うことでただでさえ狭い気道がさらに狭まりいびきの原因となります。

いびきをかかない枕の選び方

いびきをかかない枕の選び方

枕の高さといびきには関係があるということが分かった上で、実際にどんな枕を選べばよいのか、いびきを改善するための枕の選び方について、高さはもちろんのことながら素材についても具体的に言及して紹介していきます。

いびきを改善する枕の高さとは

いびきを改善するための枕の選び方として非常に重要な要素の一つが枕の高さであることはお分かりいただけたかと思いますが、高すぎてもダメ、低すぎてもダメということであれば一体どんな高さの枕を選べばよいのでしょうか。

自分に合っており、なおかついびきを改善するための枕の高さの決め方について紹介しますので、自分ではなく家族でいびきが気になる方がいらっしゃる場合には是非実践してみてはいかがでしょうか。

タオルを使った高さの決め方

非常に原始的なやり方と言えばそうなのですが、まずはいつも使っている枕の高さを何日かに渡って調整していきましょう。タオルを重ねるなどして、高くしてたり低くしたりして実際に眠ってみましょう。

そしていびきが改善されたかどうかを確認し、それによって自分にとってベストな枕の高さ、いびきが軽減される枕の高さを見つけます。家族の方にも協力してもらいましょう。

もしも一人暮らしで、いびきをかいているか分からないという方であれば、録音してみましょう。かなり地味なやり方ですが、人によって体の形や性質、年齢も違います。こうしたやり方が一番の近道だったりします。

何種類か用意する

すでに紹介したとおりですが、いびきの原因は決して一つではなく、人によって違うものです。また同じ人であってもその時の体調や疲れ具合などによってもいびきをかくかどうかは変わってきます。

そこで、上記のような方法で自分にとっていびきの改善される枕の高さを見つけたとしても、かならずしも毎晩静かに眠れるというわけではないということも言えます。

つまり、お酒を飲んだ時や特別疲れがたまっているときなどにも、色々な高さの枕をためしてみることをおすすめします。これによってその時の自分の体調に合わせた枕が何種類か準備できるでしょう。

いびきを改善する枕の素材選び

いびきを改善する枕を選ぶ上で、高さというのはまず絶対的に重要なものと言えますが、実はもう一つ大事な要素なるのが、どんな素材の枕を選ぶのかということでしょう。

大前提となるのは、頭を長時間おいても形が変形しにくいものであるということです。いくら自分に合った高さの枕を選んだとしても、寝ている最中にその高さが変わってしまえば意味がありません

寝返りをうつたびに沈み込んだりしてしまっては、結局はいびきをかきやすい高さになってしまったりします。これはいびきがひどくならない高さがなかなか見つからない人にも言えます。

色々な高さの枕をためしているのに、どのまくらでも時間帯によっていびきがひどくなる人というのは、その都度枕の高さが変わってしまっているためです。まずは形が崩れにくい枕を選びましょう。

>>枕に使われている素材について詳しくはコチラ

いびき改善におすすめの枕素材

いびきの改善におすすめの枕の素材と言えば、やはり第一候補となるのは「低反発」と呼ばれるタイプの枕です。詰め物が偏ったり時間によって沈み込んでいく深さが変わったりするものではありません。

いつも一定の高さで頭をサポートしてくれるため、自分に合った高さをキープしてくれるでしょう。メーカーやブランドによってかなり劣化の早いものもあるので、ここはやはり良いものを選んでおきたいところです。

逆に羽毛や羊毛、ポリエステルなどの柔らかすぎる素材の枕は避けましょう。頭が沈み込んでしまい高さは都度変わります。またソバガラなど素材の硬いものでも枕の中で偏りができると高さが変わってしまうので注意しましょう。

>>おすすめの低反発枕ランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング