安眠を求める人のために
ピントルの枕専門ページ

よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング

運気UP!?枕の風水について

運気UP!?枕の風水について

風水では「寝床学」という別名があるほど、寝る環境を重要視しています。どの方角に枕を向けると風水的にどのような意味を持つのかを詳しく知る方は少ないかもしれません。そんな風水の観点から見た枕の向きについて各方角ごとに解説していきます。

スポンサーリンク

風水の観点から見た枕の向き

風水の観点から見た枕の向き

金運アップが望める!?北枕の風水

「北枕」とはそもそも、仏教の始祖である釈迦が入滅(宗教的に目覚めた人が死ぬこと)した時に、頭を北の方角へ向けて横になった「頭北面西」からきています。北は「涅槃」という煩悩を吹き飛ばした悟りの状態を表す方角であり、お釈迦様が北に頭を向けて入滅したことにより、死者を北枕にして極楽往生を願う風習が生まれました。

日本では死を忌む風習から、「北枕」は縁起が悪いとされており、遺体安置の際のみ許されてきました。他にも、古来の日本家屋はすきま風が多く、就寝時に北からのすきま風で体が冷えるなど、「北枕」に対して否定的な意見が多いです。

しかし、「北枕」には多くの肯定的な意見もあります。「磁場線に体が沿う形になるので血行がよくなり、健康に良い」という説や、風水では北は良い方角であり、「健康運・財産運」などの向上が期待でき、特に金運にとても良いとされています。

このように「北枕」は避けられがちなものですが、絶対に避けなければならないものではなく、風水的にも金運等のメリットがあるものですので、神経質になる必要はありませんのでご安心ください。

>>北枕が駄目な理由について

エネルギッシュに若返る!?東枕の風水

風水的に「東」は、発展や活動を司る方角とされており、「東枕」は若返りの枕と呼ばれています。「東」は、すべての生命の源である太陽が昇る方角であり、エネルギーあふれる方角です。風水的には「東枕」で睡眠を行うことは、新陳代謝の活性化が期待でき、若返りの効果や、ダイエット効果も期待できるだけでなく、早起きもしやすいとされています。

朝が苦手でなかなか起きられないという人は、東枕で寝ると良いでしょう。「東枕」は、いつまでも若々しく生気に満ち、やる気が溢れ、行動的になる効果が期待できます。鬱傾向を持っている方や、なんとなく体全体にやる気が出ないなど、エネルギッシュな力を求める方にとって、この東枕は風水的にとても良いと言えるでしょう。

特に営業マンや、店舗で接客を行うなど、顧客と直接接触する仕事の方や、独立などをこれから考えている方にとっても良い方角と言えるでしょう。

落ち着きを得られる!?西枕の風水

風水的な観点から考える西と言う方角は、太陽が沈む方角です。つまりこれからゆっくりと夜に向かう方角であり、どちらかと言えば休みに向かう方角です。エネルギー的には、沈んでいく運気を頭から受けることになりますので、ゆっくりと落ち着いた性格を手に入れたいと考える方にとって良い方角と言えるでしょう。

普段からエネルギーに充ち溢れすぎて暴走気味の方におすすめです。運気に関しては、上げていくというよりも安定させるということが目的となります。ただしこの西枕をしすぎてしまうということは、老化も早めてしまいます。

特に、若い方でこれからという方が西枕を多用しすぎることは、必要なエネルギーも沈めてしまうことになりかねないので注意するようにしましょう。落着きを得るための方角という観点からするのであれば、若い方よりも年配の方向きと言えるでしょう。

風水的に最もNG!?南枕の風水

風水的に最もNGに近いのがこの南枕ということが言えるかもしれません。北枕を警戒する反動からかもしれませんが、この南枕で寝ている方が多くいらっしゃるようです。しかしあまりおすすめできる方角とは言えないのが事実でしょう。

まず、自然の気の流れに逆らう方角であることから、エネルギーをうまく充填できません。免疫が弱まっているかなどは病気にも注意する必要が出てくるでしょう。

南枕の特徴としては、才能運や人気運を上昇させる効果が期待されています。これらのエネルギーをどうしても受けたいという場合には、枕近くに観葉植物を置くのが風水的には良いとされています。自宅の形やレイアウト上どうしても南枕になってしまうという方は試してみると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング