安眠を求める人のために
ピントルの枕専門ページ

よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング

パイプ枕の魅力と素材の特徴

パイプ枕について

現在流通している枕の中でも、定番素材と言えるのがストローを切ったようなパイプ素材です。大きさや堅さなども様々存在するので、自分にあった形状が選べるのもポイントですね。そんなパイプ枕の魅力や、素材の特徴から良い部分&悪い部分などを紹介していきます。

スポンサーリンク

パイプ枕の魅力とは

パイプ枕の魅力とは

すこし昔にさかのぼると、ほとんどの家庭で見る事が出来たパイプ素材の枕は、通気性の高さや、素材自体の寿命の長さで非常に高い性能を発揮してくれます。

蕎麦がら枕などが好みな人で、手入れがめんどくさいと感じている人は、パイプ枕の寝心地が最も合うと感じる人も多いかもしれません。丸洗い可能なパイプ枕は常に清潔に使う事が出来るという魅力も持っています。

>>枕に使われる素材の定番と特徴

オススメのパイプ枕

現在の価格はコチラ

パイプ枕の洗濯方法について

パイプ枕は、洗濯機で丸洗いする事が可能なお手入れのし易さに定評のある素材です。まずは洗濯ネットに、パイプ枕の中袋(パイプの入った袋)を入れて準備をしましょう。もし中袋が破れても大丈夫なように洗濯ネットを使うだけなので、無くても洗えます。

洗濯機の設定が変更出来るのであれば、弱水流にしたほうが洗濯機の負担が少ないです。洗い終わったら、通気性の良い日陰でほして、乾いたらカバーをかけて完了です。パイプ枕のニオイが気になる場合は、大抵不十分な脱水による雑菌が原因です。酸素系漂白剤をお湯に溶かし、つけ置き洗いをしてから洗濯機に入れると改善します。

>>枕を洗濯するときの注意点

パイプ枕の特徴とは

パイプ枕の特徴とは

パイプ枕の特徴といえば、価格が比較的安く、管理がしやすい平均的な枕と言う事です。パイプの硬さや大きさ、素材によっても様々に寝心地が変化するのもこの素材の特徴で、硬く大きいパイプを使用した枕は、通気性が良い代わり、当たった感触が悪かったり。

柔らかく小さいパイプを使用した枕は、通気性が悪いが、あたりは柔らかいと言う事です。そのため、住んでいる地域の平均気温や、自身の体質に合わせて適度な物を選べば、一年を通して快適な枕となるのも、パイプ枕の特徴と言う事ができます。

パイプ枕の良いところ

パイプ枕のメリットとしては、まず通気性の高さが一番に挙げられると思います。パイプ自体がストローのように薄く、全てに空洞が空いている素材なので、素材自体が硬ければ硬い程、その通気性は他の素材の比ではないほどに高くなります。

またクッション性も高く、パイプ枕全般でいうと、比較的硬めの枕と考えられます。日頃のお手入れも風通しの良い場所であれば日陰干しでよく、腐食も起こりません。手軽に使えて、寝心地も良いため、現在でも枕の定番素材として使われています。

パイプ素材はプラスチックなどで作られているので虫が湧いたりする心配もありません。そのまま洗濯機で丸ごと洗う事ができるので、手入れも非常に楽なのがメリットです。

>>快眠できる枕の選び方についてはコチラ

パイプ枕の悪いところ

パイプ枕の難点としては、肌あたりが硬いため、トゲトゲした感触があります。多少枕の中でパイプ素材がゴソゴソ動く音もあり、気になる人も居るでしょう。パイプ素材はプラスチックなどで出来ているため、吸湿性はほぼありません。

ひどく汗をかいた日等は、枕の表面まで汗染みが出来ていると言う事もあります。そのため、吸湿性の高い枕カバー等をつかって改善するとよいでしょう。また、耐圧分散も低反発などの素材と比べると低いというのがデメリットです。

パイプ枕は、素材自体の流動性が比較的低いという特徴があるため、目が覚めると肩や背中が痛いという人にはあまり向いていない事があります。それでもパイプ枕の質感が気に入っていて、睡眠へ導入し易いと言う人は、中袋が小分けになっていて、パイプのバランスが崩れにくい物を選びましょう。頭部や首の高さを安定させられるパイプ枕であれば、心地よく眠る事ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング