安眠を求める人のために
ピントルの枕専門ページ

よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング

枕の人気ブランドまとめ

枕の人気ブランド

快適に眠れる枕として人気の高いブランドをまとめました。快眠するために重要な要素となる枕では、様々な寝具メーカーが独自のノウハウを生かして、一人一人違う頭の形や体型などにフィットするよう、構造や仕組みに工夫が凝らされています。

そんな枕のブランドの中でも、特に注目度の高い人気ブランドについて、特徴などをまとめましたので、自分にピッタリの枕を見つけるための参考にしてください。

スポンサーリンク

テンピュール(Tempur)

現在の価格はコチラ

枕のブランドの中でも取り分け知名度の高い人気ブランドといえばテンピュールではないでしょうか。1970年にNASA(アメリカ航空宇宙局)において、スペースシャトルの打ち上げ計画における宇宙飛行士の操縦席として開発されたテンピュール素材を使用した枕は、体重の分散能力に優れていることが特徴です。

枕といえばおなじみの長方形型で作られたトラディショナルコンフォートに加えて、エルゴノミックと呼ばれる人間工学に基づき寝姿勢に合わせた特殊な形をしたデザインの枕まで幅広く展開しています。

>>テンピュールの枕について詳しくはコチラ

ロフテー(LOFTY)

現在の価格はコチラ

理想的な寝姿勢を保てる快眠枕だけでなく、枕工房と呼ばれるオーダーメイド枕も展開しているロフテーは、1928年に愛知県の西尾医師にあった三芯商会を全身に持ち、1970年から寝具のブランドとして浸透していった歴史を持ちます。

5つのパーツでユニット構造によって作られる快眠枕は、あらゆる人の頭の形や体重といった個性に対してフィットしやすい枕であり、睡眠に悩む多くの人々から愛されています。横向き寝に対応しているエスカルゴピローや、睡眠時の体動に対応するスーパーアスリートピローなど、意欲的な枕を生み出す人気ブランドです。

>>ロフテーの枕について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

PILOX'S(篠原化学)

現在の価格はコチラ

1957年の創業以来、枕専門業として寝具を通し快適な睡眠を追求し続ける篠原化学。オリジナルブランドであるPILOX'S(ピロックシーズ)は、創業以来追求の足を止めることなく探し求めた理想の寝具の集大成であり、快適に寝られる枕以外にも、睡眠中の汗を吸収するドライミングなど意欲的な製品を作るブランドです。

ピロックシーズには、蕎麦がら枕や低反発枕以外にも、ゴロネと呼ばれるテレビを見ながら横向きに寝転がっても、片耳がふさがることのない枕など、遊び心に溢れた快適枕を多数生み出しています。

西川産業(東京西川・京都西川)

現在の価格はコチラ

既製品としての枕だけでなく、オーダーメイド枕の老舗として、日本の睡眠を支え続ける名門ブランドといえば東京西川や京都西川などを含む西川産業の枕ではないでしょうか。日本の寝具メーカーとして400年以上の歴史を持ち、セリーヌやイヴサンローランなどのブランド商品も扱っています。

ちなみに西川産業は東京西川という名称で呼ばれることもありますが、京都西川は西川産業の孫会社となっています。オーダーメイド枕で有名な西川リビングは大阪西川の名前が変わったものです。

>>西川の枕について詳しくはコチラ

王様の夢枕(ビーチ株式会社)

現在の価格はコチラ

通販サイトやテレビ番組などで話題沸騰中の枕ブランドといえば、ビーチ株式会社の展開している王様の夢枕。今までのビーズ枕にはなかった抜群の安定感を実現した超微小ビーズとコットンの混合素材を使用した快適な枕が注目されており、まるでオーダーメイドのように頭にフィットする質感が人気です。

王様の夢枕は王様シリーズとして展開されており、他にも男の夢枕という男性の汗やニオイの悩みに注目した枕や、王様の夢枕エアロと呼ばれるサラサラのドライ感を印象付けた枕など、悩みやニーズに合わせて様々な枕が展開されています。

>>王様シリーズの枕について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

モグ(mogu)

現在の価格はコチラ

パウダービーズを使用したクッションや抱き枕で人気を得ているモグ。パウダービーズの持つ流動性や体圧分散性は、低反発とはまた違った感触を持っており、体を包み込むようなフィット感が得られる事で人気となっています。

ドーナツ型の枕以外にも、エルゴノミックなデザインになっている枕や、不思議で可愛らしい形をした抱き枕なども展開されており、一般的な寝具メーカーとは違ってカラフルな色使いやバリエーションの豊富さなど、インテリア的な観点からも高い評価を獲得している枕のブランドです。

マニフレックス(Magniflex)

現在の価格はコチラ

スプリングを使用しないマットレスで有名なマニフレックス。新世代ポリウレタンフォームと呼ばれる素材が注目されており、理想的な寝姿勢を保つための適度な弾力性と復元性が快適な睡眠を約束してくれます。

そんなマニフレックスの枕といえば、ヨーロッパの一流ホテルで使用される枕の仕様で登場しているピローグランドを中心に、人間工学に基づいて作られているバイオシェイプまくら、さらには低くてフラットな作りになっているフラットピッコロなど、多種多様な人間のカタチに合わせて枕を展開しています。

シモンズ(Simmons)

現在の価格はコチラ

人生を変えるベッド・マットレスとして知られる最高級寝具ブランドのシモンズ。東京都の港区に本社を置くブランドであり、1964年にアメリカのシモンズと東京ベッド製造の合弁会社として設立されてスタートしました。

シモンズの製品は高品質を重視するために日本国内で製造されており、高級ホテルのベッドのOEMなども請け負っています。そんなシモンズの枕には様々な種類があり、ポケットコイルを搭載した弾力性に富む枕や、独自の配分で混ぜ合わせたフォーム素材の枕など、高級寝具ブランドの名に恥じない優れた枕を生み出しています。

スポンサーリンク

枕のキタムラ

現在の価格はコチラ

不思議な形の枕「ジムナスト」で有名な枕のキタムラ。約40年の枕製造の歴史の中で、数多くのメーカーから受注生産を行い培われたノウハウ、そして72万人の寝返りを考え続けて作り出される快適な枕が人気のブランドです。

枕 のキタムラは快適に眠ることだけを考え続けて90年。仰向けから横向きまで日本人のあらゆる寝姿勢に対応する枕として多くの支持を獲得しており、その優れ た寝心地だけでなく、ハニカム構造によるクッション性を取り入れた枕や、化学繊維を使用することで家庭での丸洗いを実現した枕なども展開しています。

マリオット(MARIOTTE)

現在の価格はコチラ

理論、素材、技術、あらゆる分野で活躍しているプロフェッショナル8人が、熟睡について徹底的に追及した結果生まれたマリオットの枕。企画から完成までに1年半の歳月を費やし、眠りの理論への探求、そして快適な素材への探求、さらには、熱加工や縫製、デザインに至るまであらゆる技術を駆使して作られています。

マリオットの枕といえば、その名の由来でもある「盲点」を発見した物理学者の名前。その名の通り「眠りの盲点」をコセンプトに生まれています。吸汗速乾生地を使用し、ブレスエアーと呼ばれる安定性の高い素材と通気性の良いディーブレスと呼ばれる素材を、上下で組み合わせる独自の構造が快適な眠りへと誘います。

シーリー(Sealy)

現在の価格はコチラ

アメリカの高級ベッド業界を牽引するブランドとして1881年の誕生以来、整形外科医と連携しながら快適な眠りを追求している寝具メーカーといえばシーリーです。そんなシーリーには様々な枕が存在しており、人間工学に基づいた独特の形の枕が豊富なブランドです。

シーリーの枕は、いままで体験したことのないような、頭部を包み込む寝心地が高く支持されており、比較的反発力の強いラテックス系の素材で作られた枕が豊富に揃います。裏と表で硬さの異なるリバーシブルピローなど、斬新で意欲的な枕も展開されています。

スポンサーリンク

クラフトホリック(CRAFTHOLIC)

現在の価格はコチラ

可愛らしいぬいぐるみのデザインで作られる抱き枕が、自分買いにもプレゼントにも高い人気を博し、今や抱き枕を中心に製品展開をするブランドのなかでも頭一つ抜けた注目度を誇っているクラフトホリック。

ロフトなどの雑貨屋さんで見かけた人も多いかもしれません、梨花さんのブランド「MAISON DE REEFUR」とコラボしたり、ファッションセンターしまむらとコラボするなど、フットワークの軽さや良い意味でチープな可愛らしさが、女性を中心に爆発的な人気を獲得しています。

>>クラフトホリックの抱き枕について詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング