安眠を求める人のために
ピントルの枕専門ページ

よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング

スポンジ枕の魅力と素材の特徴

スポンジ枕について

発泡ポリエチレンやゴムスポンジを使用して反発力を持たせた素材がスポンジ枕です。スポンジの切り方やパターンなどによって様々な使い心地となり人気を得ています。そんなスポンジ枕の魅力や、素材の特徴から良い部分&悪い部分などを紹介します。

スポンサーリンク

スポンジ枕の魅力とは

スポンジ枕の魅力とは

スポンジ枕の魅力と言えば、アレルギーで悩んでいる人が使い易いと言う部分です。ラテックスなどのゴムから、ウレタンやポリエチレンなどまで幅広い物から作れるため、アレルギー体質の人や、喘息で悩んでいる人でも、自分に合わせた反発の枕が選べて、体重や体型、また肩こり等の悩みにも合わせ易いという特徴があります。

スポンジ枕には様々な種類があり、一枚物のスポンジに波状のカットをした物や、スプリングコイルのように、円錐状のスポンジを組み合わせたデザインの枕、さらには細切れにした様々な反発力のスポンジを詰めた物まであります。

>>枕に使われる素材の定番と特徴

オススメのスポンジ枕

現在の価格はコチラ

スポンジ枕の洗濯方法について

スポンジ枕というのは、ラテックス等のゴム素材を使用しているのが大半です。これはつまり、基本的には水洗いが出来ないと言う事ですので注意しましょう。とはいっても、寝汗が染み込んだりして、乾燥だけでは清潔に出来ず、どうやってスポンジ枕を洗濯すればいいのかと悩んでいる人も多いと思います。

そこで、スポンジ枕の洗い方をここで紹介しますが、自己責任でお願いします。まず、スポンジ枕は水に濡れると耐久性が低下するので、注意が必要です。洗剤を混ぜたぬるま湯に浸けてしばらく放置し、浸け置き洗いをしましょう。そのご、優しく押しつぶすように水を吐き出させ、綺麗な水で洗剤を流します。

完全に流しきったら、吸水性のあるバスタオル等の布でグルグル巻きにして、上から優しく体重をかけてしっかりと脱水を行いましょう。絞るような行為をするとスポンジが破れてしまうので注意が必要です。しっかりと脱水出来たら、風通しの良い場所で乾燥して完了です。

>>枕を洗濯するときの注意点

スポンジ枕の特徴とは

スポンジ枕の特徴とは

スポンジ枕は基本的に高反発な物が多く、寝返りが打ち易いのが特徴です。柔らかい感触でありながら、押し戻しが強いスポンジ枕は慢性的な凝りに効果があり、そもそも寝返りと言うのは、寝ている際中に自然に起きる体のストレッチであり、これが楽に行える事で、体全体の疲れを軽減する事が出来ているのです。

そのため、高反発なスポンジ枕と言うのは、その寝返りをアシストしてくれるので、弾むように軽く頭の位置を変えられて、目が覚めた時にスッキリしているのです。

スポンジ枕の良いところ

弾力性が高く、反発力のあるスポンジ枕は寝返りが打ち易いと言うのは先ほど説明しました。それだけでなく、スポンジ枕は低反発系枕と違い、中間にエアホールを空けた物や、でこぼこした表面カットを施した物も豊富であり、通気性が高いのが特徴です。

また沈み込んだ頭部も沈みっぱなしではないため、頭部が動き易く蒸れにくいため、夏場でも比較的快適に睡眠を取る事が可能と合って、現在非常に注目されています。

とくに汗っかきな人や、髪の毛の長い女性などからの支持は高く人気を獲得していて、気温が低かったりしてもスポンジ枕は堅くならないというメリットも存在しています。そのため冬場でもフカフカと心地の良い感触で睡眠できます。

>>快眠できる枕の選び方についてはコチラ

スポンジ枕の悪いところ

スポンジ枕のデメリットと言えば、何よりも「洗いにくい」と言う事です。メーカー記載の表示には、水洗い出来ませんとさえ書いてある始末な為、清潔に枕を使いたくても洗えない(実際には洗えなくもないのですが)のです。

また、スポンジ枕は他の素材と比較して寿命が1-2年程度と短いのもデメリットです。汗をかきやすい人や、寝返りが激しい人の場合、スポンジがへたりやすいので、普通よりも早く交換時期が来る可能性もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング