あなたにベストなシャーペンをご紹介
ピントルのシャープペンシル専門ページ

よく読まれるページはコチラ
人気シャープペンシルおすすめランキング
おすすめ
シャーペン

シャーペン
選び方

おすすめ
シャー芯

おすすめ
製図シャーペン

おすすめ
高級シャーペン

ベストは何mm?芯の太さ別おすすめシャーペンの選び方

芯の太さ別シャープペンシルの選び方

シャーペンを使う上で重要な要素の1つに芯の太さがあります。もちろんシャーペンによって使える太さは変わるのですが、ただ使えるのがこの太さだから、と芯を選んではいけないのです。

芯の太さはいくつか種類があり、種類があるのは目的に合わせて適した芯が違うからです。つまり、芯は目的に合わせて選ぶ必要があり、そうなるとその太さに合わせたシャーペンを使う必要があるのです。

そこでこちらでは芯の太さ別のおすすめシャーペンの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

シャープペンシルの芯の太さの種類と特徴

シャープペンシルの芯の太さの種類と特徴

まずシャーペンにはどのような太さがあるのでしょうか、そちらから見ていきます。

芯は一般のものと製図用のもの、そして芯ホルダーに使うものといくつも種類がありますが、シャーペンと分類されるのは一般のものと製図用のものになるので、今回は芯ホルダーについては割愛させていただきます。

>>シャーペンの芯の硬さや太さを徹底解説!

では一般そして製図用のシャーペンの太さを見ていきましょう。太さは以下の通りです。

  • 0.2mm
  • 0.3(0.35)mm
  • 0.4mm
  • 0.5mm
  • 0.7mm
  • 0.9(1.0)mm
  • 1.3mm
  • 2.0mm

以上の8種類になります。強調してあるものは一般も製図用も両方とも使用しているものを表しています。この太さをそれぞれの特徴・目的別に分けて解説させていただきます。

0.2mm、0.3mmの特徴

非常に細い芯となっています。特に0.2mmは製図用のみに製造された芯となります。そのため細い線を引きたい人には向いている芯となります。

それ以外にもイラストやデッサンを目的とする場合には、このような細い芯の方が描きやすくなるのでおすすめです。

0.4mm、0.5mmの特徴

0.5mmは一般的なシャーペンに多く、また普段の筆記に使っている人が多いです。これは私たちが普段書く文字に関係します。

日本人である以上、筆記には必ずひらがなやカナタカ、漢字を使用します。特に漢字は字によって非常に複雑な物もあります。そうなるとある程度細く、かつはっきりと字が分かる太さである必要があるのです。

0.5mmはこのように漢字などを書くのに最適の芯の太さとなっています。0.5で太いと感じるような細かい字を書かれる方には0.4mmの方が合っているかもしれません。

あるいは上述の0.3mmでも普段の筆記は可能です。ただ折れやすくなるのであまりおすすめはしません。あくまで細かい字を好む方は使ってもいいと思います。

いずれにしろ、この太さは普段使う筆記の場合にはおすすめとなっています。

0.7mm、0.9mmの特徴

こちらも一般的な芯の太さとして販売されていますが、どちらかと言うと日本よりも海外で使われる方が多いです。この太さはアルファベットやアラビア文字を書くのに向いた太さになります。

また先述の0.5mmの芯で折れてしまうような筆圧の高い人は0.7mmで普段の筆記をしてもいいです。その代り細かい字が書きにくくなるので注意してください。

0.9mmはアメリカで標準化された太さとなっています。日本でも英語などを使う機会はあるため、そのような時にはどちらも向いている太さの芯となります。

1.3mmの特徴

近年、マークシートの試験が増えてきたため、そのマークシート塗りつぶしに向いた太さとして一般化しました。それを利用するシャーペンもマークシート専用として販売されています。

またデザインや製図で太めの線を引く必要がある場合にもこの芯のものを使うことがあります。細い線だけではなく太い線で描くことを目的とした場合は最適の太さです。

2.0mmの特徴

2.0mmは鉛筆の芯とほぼ同じになります。そのため芯ホルダーでも使われる芯径になりますが、シャーペンでも使用できるものが販売されています。

木製の軸のものに利用されることが多く、鉛筆のような持ち味のシャーペンとなっています。そのため鉛筆と同じように持ち、同様の書き味がいい人にはおすすめです。

ただこの芯だけは基本的に専用の芯研器で削る必要が出てくるので少々面倒です。

番外:海外にある特殊な太さの芯

日本では上記の芯の太さが採用され一般的となっていますが、海外ではこれ以外の太さのものがあります。いくつかご紹介しましょう。

  • 1.1mm
  • 1.15mm
  • 1.18mm
  • 1.4mm

1.1mmはアメリカのAUTOPOINT、1.15mmはRetro51という会社が出しているシャーペンで採用されています。その使用用途は不明ですが、英語圏であることを考えると太めの芯は需要があってもおかしくありません

1.18mmはイギリスのヤード・オ・レッドやドイツのカヴェゴなどが製造しています。アンティーク品としてのシャーペンでよく使われており、日本にシャーペンが輸入されてきていた当初はこの太さのものが一般でした。

1.4mmは海外で子供の教育用として出されている芯径です。日本では鉛筆を使いますが、海外ではこのような太めの芯のシャーペンを使っているということになります。

目的別!シャープペンシルの芯の太さ

目的別!シャープペンシルの芯の太さ

それではここからは目的に合わせた芯の太さをご紹介していきます。先述した内容を踏まえているので、ある程度は予想できるかもしれませんが、再度こちらで確認していただいてもいいと思います。

勉強など一般筆記

勉強などの一般筆記には0.5mmのものをおすすめします。先述通り日本語で筆記する以上この太さが最適となります。ただ英語やアルファベットを使う語学の勉強には0.7mmや0.9mmのシャーペンを使った方が書きやすいです。

細かい字でノートを取りたいという場合はこの限りではなく、0.4mmや最も細くて0.3mmのものを使った方が合っている可能性もあります。

>>勉強におすすめのシャーペンランキング

試験(マークシート)

マークシートの場合は先ほどご紹介した通り、1.3mmのものが塗りやすくなっています。マークシート専用シャーペンも販売しているため一緒に購入することで、素早くきれいにマークシートを塗りつぶすことができます

>>マークシート用シャープペンシルについて

イラストやお絵描き

イラストなどには細い芯の方が向いているので、0.2mmや0.3mmのものがおすすめです。ただ少し太めの方がいいという方は0.4mmでもいいかもしれません。

普段から鉛筆などの太さでデッサンされる方は、同じ太さの芯である2.0mmのほうが合っていることもあります。自分のスタイルに合わせて上記のいずれかの太さの芯を選ぶといいです。

>>イラスト用シャープペンシルの選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
人気シャープペンシルおすすめランキング
おすすめ
シャーペン

シャーペン
選び方

おすすめ
シャー芯

おすすめ
製図シャーペン

おすすめ
高級シャーペン