喉や肌を乾燥から守る!
ピントルの加湿器専門ページ

よく読まれるページはコチラ
種類や電気代を徹底比較!加湿器の上手な選び方
加湿器
選び方
人気の超音波式加湿器おすすめランキング:TOP10
超音波式
ランキング
人気のスチーム式加湿器おすすめランキング:TOP10
スチーム式
ランキング
人気の気化式加湿器おすすめランキング:TOP10
気化式
ランキング
人気のハイブリッド式加湿器おすすめランキング:TOP10
ハイブリッド式
ランキング

タイガーの特徴や口コミ評判とおすすめの加湿器

タイガー(TIGER)の加湿器

日本の家電メーカーの名前はいくつか挙がると思いますが、その中の1つであり魔法瓶などで有名なタイガーが加湿器を生産していたことはご存知でしょうか?

どうしても魔法瓶や炊飯器のイメージが強いですが、それ以外の家電も多々製造しています。そこでこちらではタイガーの特徴や口コミ評判とおすすめの加湿器についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

タイガー(TIGER)とは?

タイガー(TIGER)とは?

タイガー魔法瓶株式会社は、大阪府門真市速見町に本社を置く、主に魔法瓶・炊飯器・家庭用電化製品の製造販売を行う企業です。

タイガーの創業者・菊池武範は、愛媛県西宇和郡三島村皆江の実業家に生まれたが、12歳の時に父・武揚の事業が破綻し、加えて父が脳溢血で倒れて闘病の身となったため皆江小学校高等科を中退後、大阪のメリヤス工場に奉公に出たのち仕事を転々として1918年、内職として魔法瓶の製造販売業を始めました

そして1923年には大阪市西区で「菊池製作所」を設立し、「虎印魔法瓶」の製造販売を開始します。戦争の煽りは受けたものの、1953年にはタイガー魔法瓶工業株式会社に商号変更、さらに1983年にタイガー魔法瓶株式会社に商号変更、同時にCIも導入しました。

主力商品である魔法瓶や炊飯器を中心に、多くの家電を製造販売してきました。その中の1つに加湿器が挙がります。その特徴などは後述しますが、現在はどの加湿器も生産終了しており、業界からは撤退しています。

>>加湿器のメーカーについてはコチラ

タイガーの加湿器の特徴

タイガーの加湿器の特徴

タイガーは象印同様、水筒やポットのイメージが強いブランドです。その特徴が加湿器にも活かされ、ラインナップはスチーム式がメインとなっています。デザインとしても加湿量が多いものは筒状の形状をしており、こちらも水筒などを思わせます。

加湿性能はスチーム式なので高めなのですが、どうしても他社製品には見劣りしてしまう性能になっています。ただ適用畳数はワンルーム程度なら十分に加湿できるものとなっているので、一人暮らしの方には扱いやすい製品となっています。

また据え置き型でもパーソナル加湿器も販売しており、そちらは筒状ではなくコンパクトなデザインとなっています。どの製品も価格としては抑えられており、お求めやすい価格になっています。

タイガーそのもののブランドバリューはやはり魔法瓶などの水筒などの方が高いため加湿器の方には重きが置かれていないのが特徴です。

>>種類や電気代を徹底比較!加湿器の上手な選び方

タイガーの加湿器の口コミや評判

スチーム式なので多少は音がしますが、気にならないほどの静音性となっています。加湿性能もそれなりにあるので満足とまではいかないものの、納得の性能となっているよです。

色やデザインについては良いという声が多く、容量も小さいながらコンパクトで置き場所を取らないことから許容できる範囲との評価を得ています。

ただ給水ランプがかなり水が残ってる段階で点灯されるらしく、そこが気になっているユーザーもみえました。慣れれば点灯してもしばらく放置が出来るでしょうが、知らないと誤作動かと不安になってしまうこともあるようです。

タイガーの加湿器はどんな人におすすめ?

タイガー製はパーソナルな使い方を主体としているので、ワンルームでの使用や個人的に周辺を加湿したい方にはおすすめの製品となっています。デザインとしても悪くなく、男女とも使いやすく安い製品となっているので、冬場の乾燥が気になる若い層の方々に特におすすめです。

>>失敗しない!加湿器おすすめランキング:TOP10

スポンサーリンク

タイガーで人気のおすすめ加湿器

タイガーで人気のおすすめ加湿器

それではタイガーの製品をいくつかご紹介させていただきます。タイガー製でも安くてコストパフォーマンスがいいものを中心に、おすすめの製品をご紹介させていただきます。ご購入を検討されている方は是非参考にしてみてください。

ATC-A300

現在の価格はコチラ

筒状の形をしたスチーム式加湿器のご紹介です。先述した通り、こちらは加湿能力が高いわけではありませんが、個人的な使用には十分な能力を持っています。ワンルーム程度ならこれを動かしておけば乾燥状態を改善することが可能です。

価格としても他社のスチーム式よりは安くなっており、デザインとしてもシンプルなものとなっていて、カラーもクリームホワイトとカカオブラウンの2色から選べるので男性だけでなく女性でも購入しやすい製品です。

>>スチーム式加湿器の特徴や評判

ASY-A300

現在の価格はコチラ

タイガー製唯一のハイブリッド式加湿器になります。加湿量は標準的なものの適用畳数は広めとなっており、タイガー製の中では高い加湿能力があると言えます。デザインとしても白い本体にシーブルーのタンクがワンポイントとなった少し格好良い製品です。

価格はハイブリッド式よろしくやや高めですが、性能も高めなので納得いく値段となっています。

>>ハイブリッド式加湿器の特徴や評判

ASR-B080

現在の価格はコチラ

先述したパーソナル加湿器になります。アイロンのようなデザインの卓上加湿器で、ラベンダー、ピンク、イエローの3色から選べるのも嬉しいところです。

卓上加湿器なので加湿能力はあまり高くないですが、操作は簡単で周辺の加湿程度なら十分に加湿できる能力を持っており、価格も安くなっているのでおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
種類や電気代を徹底比較!加湿器の上手な選び方
加湿器
選び方
人気の超音波式加湿器おすすめランキング:TOP10
超音波式
ランキング
人気のスチーム式加湿器おすすめランキング:TOP10
スチーム式
ランキング
人気の気化式加湿器おすすめランキング:TOP10
気化式
ランキング
人気のハイブリッド式加湿器おすすめランキング:TOP10
ハイブリッド式
ランキング