喉や肌を乾燥から守る!
ピントルの加湿器専門ページ

よく読まれるページはコチラ
種類や電気代を徹底比較!加湿器の上手な選び方
加湿器
選び方
人気の超音波式加湿器おすすめランキング:TOP10
超音波式
ランキング
人気のスチーム式加湿器おすすめランキング:TOP10
スチーム式
ランキング
人気の気化式加湿器おすすめランキング:TOP10
気化式
ランキング
人気のハイブリッド式加湿器おすすめランキング:TOP10
ハイブリッド式
ランキング

ダイソンの特徴や口コミ評判とおすすめの加湿器

ダイソン(dyson)の加湿器

羽根の無い扇風機や、サイクロン掃除機で有名なダイソンですが、このメーカーは加湿器も製造していることもご存知でしょうか?

家電製品の中でも独自の機構を開発し続けるダイソンなので、加湿器も他社と違った構造を持っています。そこでこちらではダイソン製加湿器の特徴や口コミ評判とおすすめの加湿器のご紹介をさせていただきます。

スポンサーリンク

ダイソン(dyson)とは?

ダイソン(dyson)とは?

ダイソンというメーカー名は今や知らない方はいないのではないかと言えるほど有名となっていますが、その歴史などはあまり知られていないと思うので、そちらからご紹介してきます。

ダイソン(Dyson Limited) は、イギリスに本拠を構える電気機器メーカーです。サイクロン式掃除機を初めて開発・製造した会社として日本でも良く知られた企業となっています。

イギリス・ウィルトシャーのコッツウォルズにある小都市マルムズベリーで創業し、本社・研究所などを同都市に置いたのが始まりです。

創業者のジェームズ・ダイソンは、従来型の紙パック式掃除機が、紙パックが満杯になっていなくても吸引力が落ちてきて交換しなければならないことに気が付きました。そこからフィルターを定期的に交換するか、水洗浄すれば紙パックが不要な方式として、デュアルサイクロン方式を発想、開発したと言われています。

実際に1990年にその第1号と言われるGフォース型サイクロン掃除機を開発、1991年には日本の国際産業デザイン見本市で賞を受賞しました。この掃除機に感銘を受けたシルバー精工がライセンスを取得して、製造販売に乗り出します。

このライセンス料を用いてダイソンを起業、1993年6月にウィルトシャーに研究所と工場を開設し、新型掃除機DC01を開発しました。

このようなダイソン独自の機構を搭載した家電を多数製造しており、加湿器もその例に漏れず他社にはない構造となっていますが、その分、性能も高く売れ筋商品となっています。種類は少ないですが、他社を含めた加湿器の中でも上位の方に位置づく製品です。

加湿器業界ではまだまだ新参者ですが、勢いがあり、またメーカーとしての知名度は高いのでこれから他社にとって代わる可能性が十分あるメーカーともなっています。

>>加湿器のメーカーについてはコチラ

ダイソンの加湿器の特徴

ダイソンの加湿器の特徴

ダイソンの加湿器は基本的にこのメーカーの主力商品である「エアマルチプライヤー(Air Multiplier)」という羽根の無い扇風機に加湿機能が搭載されたものとなっています。

機構としては超音波加湿器とはなっているものの、この加湿方法の弱点である衛生面の低さを補うため、除菌用UV-Cライトを搭載し、水を除菌してから加湿を開始する構造となっています。これによりバクテリアを99.9%除去できると言うデータも出ています。

またこのエアマルチプライヤーの性能も相まって衛生的に加湿された空気を均一に素早く静かに送り出します。8畳程度の部屋であれば隅々まで加湿してくれます。加湿性能の高いスチーム式加湿器よりもその均一性は高いくなっています。

室内環境をモニターし正確な温度湿度管理が可能なインテリジェントサーモスタット機能を搭載しているので快適な温度湿度の環境を作り上げることができます。

また音響高額に基づく設計となっているため、使用していることを忘れてしまうような静けさを得られます。タンクも最大18時間連続運転できるため、効率的に運用することが可能となっています。

設定した時間に自動で切れるスリープタイマーも搭載しているので、睡眠時にも安心して使用できます。涼風モードに切り替えることも可能なので、通常は扇風機として使用することもでき、どの季節でも使用することができるところも便利な製品となっています。

ラインナップは少ないものの、エアマルチプライヤーの洗練されたデザイン性をそのまま受け継いでいるため、リビングに置いてあっても景観を損なうことはないデザインとなっています。ダイソン製の最大の難点はその高価な価格ですが、ブランドバリューとその性能の高さからよく売れているのが印象的な製品となっています。

>>種類や電気代を徹底比較!加湿器の上手な選び方

ダイソンの加湿器の口コミや評判

先述した性能の高さは購入された方のほとんどが感じており、値段は高いもののそれに見合った効果がるようです。特に加湿器としての性能としては高く、部屋全体を均一に加湿してくれるという売り文句を実感されている方は多いようです。

それ以外にも使いやすさや静音性、サイズやデザインへの満足度も高く加湿器としての評価は非常に高い製品と言えます。付属で夏場は扇風機としても使えるので文句なしの評価がついています。

ダイソンの加湿器はどんな人におすすめ?

価格は高いもののその加湿性能はお墨付きです。広い空間の加湿が可能となっている広いリビングなどで使用したい方にはおすすめです。

もちろん一人暮らしの部屋では十分な効果を発揮してくれますが、価格の面から手が出にくいと思います。ただその点を除けば一人暮らしの方にももちろんおすすめとなります。

>>失敗しない!加湿器おすすめランキング:TOP10

スポンサーリンク

ダイソンで人気のおすすめ加湿器

ダイソンで人気のおすすめ加湿器

それではダイソン製の加湿器をご紹介していきましょう。とは言ってもこちらはタイプが1つしかありません。皆さんも見たことがある製品だと思うので、その性能などを詳しくご紹介していきたいと思います。

Hygienic Mist MF01

現在の価格はコチラ

ダイソンの代名詞の1つともなった羽根の無い扇風機「エアマルチプライヤー」に加湿機能が加わった製品です。この加湿器の凄いところは超音波式なのに非常に衛生的というところです。

本体内部にウルトラバイオレットクレンズテクノロジーによって3分間でバクテリアを99.9%除菌してくれます。そのため超音波式の欠点をしっかりと解決してくれています。もちろん自動運転による正確な温度湿度管理や、部屋中の均一な加湿が可能となっています。

音響工学における静音設計で静かに加湿できるのもポイントです。タンク容量はあまり多くないようにみえますが連続使用時間は最短で10時間、最長で18時間も可能となっています。スリープタイマーなども搭載しているので夜間の使用にも適しています。

ダイソン製の唯一の欠点は高性能ゆえの価格の高さですが、こちらは上述通りエアマルチプライヤーに加湿機能を持たせたものなので、扇風機としても使用でき、年間を通して使用できるのでコストパフォーマンスとしても良いです。高性能な扇風機と加湿器を両方購入することを考えれば、お得とも言える価格となっています。

>>超音波式加湿器の特徴や評判

Hygienic Mist AM10

現在の価格はコチラ

こちらはMF01のタンク容量などを僅かに増やした新製品となります。高性能なのは変わらず、機能的な部分も全て継承しているのでどちらを購入しても遜色ありません。ただ最小運転音がやや大きくなっているのは気になります。

性能はそのままに価格を少し下げてあるので、価格で選ぶならこちらでもいいかもしれません

>>超音波式加湿器の特徴や評判

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
種類や電気代を徹底比較!加湿器の上手な選び方
加湿器
選び方
人気の超音波式加湿器おすすめランキング:TOP10
超音波式
ランキング
人気のスチーム式加湿器おすすめランキング:TOP10
スチーム式
ランキング
人気の気化式加湿器おすすめランキング:TOP10
気化式
ランキング
人気のハイブリッド式加湿器おすすめランキング:TOP10
ハイブリッド式
ランキング