喉や肌を乾燥から守る!
ピントルの加湿器専門ページ

よく読まれるページはコチラ
種類や電気代を徹底比較!加湿器の上手な選び方
加湿器
選び方
人気の超音波式加湿器おすすめランキング:TOP10
超音波式
ランキング
人気のスチーム式加湿器おすすめランキング:TOP10
スチーム式
ランキング
人気の気化式加湿器おすすめランキング:TOP10
気化式
ランキング
人気のハイブリッド式加湿器おすすめランキング:TOP10
ハイブリッド式
ランキング

スティック加湿器の特徴や評判とおすすめランキング

おすすめスティック加湿器

加湿器の形状は様々な物が販売されていますが、水が入った容器に差し込むことで使うスティック加湿器というものがあるのをご存知でしょうか?

小さいタイプの加湿器なので持ち運びしやすく、電源さえ取れればどこでも使える代物となっています。こちらではこのスティック加湿器の特徴や評判とおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

スティック加湿器の魅力や特徴

スティック加湿器の魅力や特徴

一般的な加湿器と違い非常に小型で縦長ではあるものの、持ち運びが可能なのが特徴です。水の中に本体を直接入れ、内部の棒状の綿芯で吸い上げるため非常に静かなのが特徴です。

噴出口内部にある超音波発生器により、水を振動で細かいミストにして噴出するものが主になっています。電源はUSB端子やmicro USB端子を使うものが多いですが、携帯充電用のタップや、大容量バッテリーでも電気を補うことが可能となっています。

そのためパソコンが無くても使用は可能となっています。容器は製品の長さによって違いがありますが、ペットボトルさえあればそこに水を入れて使用することができます。ただ底まで長さが足りないものは、途中で水を補充する必要も出てきます。

通常はコップなどに水を入れてそこに入れることで使用することになります。小型なので広い範囲の加湿は難しいですが、加湿器周辺の加湿には効果があります。上向きに水蒸気を噴霧してくれるので、顔の肌や目の乾燥を和らげるのには使用できます。

スティック加湿器のデメリット

先述しましたがペットボトルにも使用できるものの、長さによっては底まで届かず途中で水の補充が必要となることもあります。350ml程度のペットボトルであれば底まで届くものも多いですが、基本的にはコップなどを使っていただくといいです。

また縦に長いたく、頂点が重くなっているため入れる容器によっては転倒しやすいのがデメリットです。コップでも横に大きく転倒しにくいものに入れておくといいです。

超音波式であることが多く、使用した後にしっかり乾燥させていないと加湿器内部で雑菌やカビが繁殖してしまうことがあります。

加湿器全体にも言えることですが水を使っている以上、定期的な清掃は必須となります。特に顔に向けて使用しているのであれば、雑菌やカビの胞子をダイレクトに口へ向けて飛ばしていることになります。これが肺に入ってしまうと加湿器病という病気になってしまうので、気を付けて使用する必要があります。

スティック加湿器の口コミや評判

机の上で使う分には満足されている方が多いようです。あくまでも自分の周辺の加湿を目的としているので効果としては十分と感じている方が多かったです。特に広くて乾燥しやすいオフィスなどでは喉が痛くなる方が多く、場所を取らず緩和できるので重宝しています。

ただこれだけコンパクトだと故障もしやすく、ヘビーユーザーにとってはすぐに壊れてしまう加湿器という評価をされている方も見えました。製品の耐久性はメーカーなどの違いもありそれぞれですが、全体的にはどの製品の口コミでも壊れやすいという声が数件挙がっています。

デザインが可愛いものが多いため、女性の方には好まれるようですが、この壊れやすさのせいでおすすめしにくいという声もいくつか挙がっています。購入される際にはよく考えて買っていただくといいです。

スティック加湿器はどんな人におすすめ?

先ほども出てきましたが、乾燥しやすいオフィスなどで自分の周辺、特に顔周りの加湿には使用し易くておすすめです。喉の痛みを緩和する程度の加湿であれば効果を得ることも可能になっています。オフィスではパソコンを使う機会も多いので、使用しやすいくなっています。

個人としても一人暮らしや実家でも自室で1人でいるときには使いやすい加湿器になります。転倒しやすいので寝ている時の使用はあまりおすすめできませんが、日常生活の中、机の上での作業中などには使用しやすい加湿器となっています。

>>小型卓上加湿器おすすめランキングはコチラ

スティック加湿器のおすすめランキング:TOP5

スティック加湿器のおすすめランキング:TOP5

スティック型加湿器の特徴などを知っていただいた上で、ここからはそのおすすめの製品をご紹介していきます。どれも手に入れやすい製品ですが、形状などが異なるので価格や好みで選んでいただくといいかもしれません。

第1位:ブルーノ(BRUNO) / BDE006

現在の価格はコチラ

ブルーノから販売されているチューリップ型のスティック型加湿器です。持ち運びにも便利な専用のケースもついているので携帯にも最適です。

価格は少し高めですが、そのデザインと使いやすさもあり人気の製品となっています。車での長時間の移動時でも使え、利便性の点から1位とさせていただきました。

>>ブルーノの加湿器の特徴や評判

第2位:ドウシシャ(d-design) / DS-KW1402U

現在の価格はコチラ

ディズニーのミッキーをあしらったスティック型加湿器になります。こちらはUSB電源だけでなくAC電源も付いているので、家庭用電源からも電気を供給することが可能となっています。

価格も1位のものより安いのですが、消費電力がやや大きめであることと、吸い上げ用の管が折れやすいことから2位とさせていただきました。

>>ドウシシャの加湿器の特徴や評判

第3位:ブルーノ(BRUNO) / BDE009

現在の価格はコチラ

先端が小鳥の形をした可愛らしいスティック型加湿器になります。ブルーノはデザインにもこだわりを持っているので、全体的には置いておいても安心の製品となっています。

価格はやや高めですが性能も良いのがこの製品の特徴です。ただ振動子にカルキが溜まると不具合を起こすことがあるので注意が必要です。

>>ブルーノの加湿器の特徴や評判

第4位:エレス(ELAiCE) / Mistick

現在の価格はコチラ

円錐形をしたスティック型加湿器です。太めのデザインであるため折れにくく、重厚感のある仕上がりになっています。価格としても安めですが、加湿能力にやや難があるとの声も挙がっており、この順位となりました。

第5位:セラヴィ(C'est La Vie) / CLV-3504-PZ

現在の価格はコチラ

太い円柱状のスティック型加湿器です。非常に安いのが売りなのですが、4位のものよりもさらに加湿能力に疑問点が残る製品です。さらに壊れやすいものもあり安定しないため5位としました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
種類や電気代を徹底比較!加湿器の上手な選び方
加湿器
選び方
人気の超音波式加湿器おすすめランキング:TOP10
超音波式
ランキング
人気のスチーム式加湿器おすすめランキング:TOP10
スチーム式
ランキング
人気の気化式加湿器おすすめランキング:TOP10
気化式
ランキング
人気のハイブリッド式加湿器おすすめランキング:TOP10
ハイブリッド式
ランキング