いつから使える?どれを選ぶべき?
ピントルの抱っこ紐(おんぶ紐)専門ページ

おすすめの記事はコチラ
いつから必要?抱っこ紐の種類と選び方を徹底解説!
抱っこ紐
選び方
新生児から使える!人気の抱っこ紐おすすめランキング
抱っこ紐
ランキング
必見!抱っこ紐の人気ブランドおすすめランキング
抱っこ紐
ブランド
新生児から使える!人気のベビースリングおすすめランキング
ベビースリング
ランキング
防寒用ベビーケープの選び方とおすすめランキング
防寒ケープ
選び方

エルゴベビーの口コミ評判や種類選びとおすすめ抱っこ紐

エルゴベビー(Ergobaby)の抱っこ紐

抱っこ紐を選んでいるとたくさんのブランドがあってどれが良いのか迷ってしまうことが多いですよね。一見どれを選んでも同じなのでは、と思ってしまいがちですがそれぞれのブランドでこだわっている点や機能面で差があります。

今回はそんな抱っこ紐のブランドの中でもエルゴベビー(Ergobaby)の抱っこ紐について、特徴や扱っている種類、口コミや評判を紹介して、ブランド内で最もおすすめの抱っこ紐を紹介していきます。

スポンサーリンク

エルゴベビー(Ergobaby)とは?

エルゴベビー(Ergobaby)とは?

エルゴベビーは2003年にハワイで誕生したブランドで、世界50か国で使用されている大人気の抱っこ紐ブランドです。

アメリカで作られているため日本での取り扱いは輸入品となりますが、日本の正規代理店が日本国内の法令に準じた検査及び検品をしているので品質も信頼できます。

エルゴベビーの抱っこ紐の特徴

エルゴベビー抱っこ紐の特徴としては性能、ラインナップ、デザイン共に申し分なく、非常に人気があるという点です。抱っこ紐と言えばまずエルゴベビーを検討されることも多く、品質の良さが世界から認められています。

抱き方は基本的に前抱き、腰抱き、おんぶの3つでシリーズによってはさらに前向き抱っこができる物もあります。すべてのラインナップで赤ちゃんの関節や背負う人の快適性のことまで考えて作られているので安心して選ぶことができます。

街を歩いてみてもほとんどのお母さんが使っていることが何よりも人気の証拠ですが、唯一デメリットを挙げるとすれば人とかぶりやすいことと値段が若干高いことです。それを除けば最高の抱っこ紐と言えるでしょう。

>>抱っこ紐の人気ブランドまとめはコチラ

エルゴベビーの抱っこ紐の口コミや評判

エルゴベビー抱っこ紐の口コミでは「赤ちゃんが軽く感じる」「肩や腰が痛くならない」など負担の少なさが目立ちました。エルゴベビーを完全に否定する意見はほとんどありませんでしたが、強いてマイナスの口コミを挙げるとしたら「かさばりやすい」「首が座るまではインサートが必要なのが不便」というものがありました。

しかし今までずっと「首が座るまでの赤ちゃんにはインサートが必要」だったエルゴベビーですが、実は最新作で「首の座らない赤ちゃんでもインサートなしで使えて、さらに4歳まで使える抱っこ紐」というのが出ました。

唯一残念だった「首が座るまでの赤ちゃんにはインサートが必要」というのが解消されたため、まさに非の打ち所のない抱っこ紐となりつつあります。

>>エルゴを使って抱っこする方法と使い方のコツ

エルゴベビーの抱っこ紐はどんな人におすすめ?

エルゴベビーは前抱きに加えおんぶもできることで両手が空くので「年子の親」「自家用車のない人」「家事をする人」など、とにかく誰にでもおすすめしたい抱っこ紐です。

肩ベルトが分厚く肩への負担も少ないうえに腰ベルトでも重さの負担を分散しているため長時間の抱っこでも疲れにくいです。その点を考えれば「散歩をすることが多い人」にもおすすめです。

>>新生児から使える!人気の抱っこ紐おすすめランキング

スポンサーリンク

エルゴベビーの抱っこ紐の種類と選び方

エルゴベビーの抱っこ紐の種類と選び方

エルゴベビーの抱っこ紐は、以下のラインナップがあります。

この中で360以外は、前抱き・腰抱き・おんぶの3通りができ、360は前抱き・腰抱き・おんぶ・前向き抱っこの4通りの抱き方ができます。

>>エルゴベビーのオリジナルとオーガニックの違いと特徴

エルゴベビーの抱っこ紐を選ぶポイント

エルゴベビーの抱っこ紐を選ぶ際は今までは「スタンダード」が最も万人向けで選ばれていましたが、これからは「アダプト」が主流になってくると言われています。

他のシリーズの機能はどれもスタンダードと同じなので、あとは素材や通気性、デザインの好みで選ばれると良いでしょう。

ただし、赤ちゃんを大人と同じ方向を向かせて抱っこする前向き抱っこをしたい場合には「360」の一択になります。

新生児向けの選び方

新生児のうちから使いたい場合、インサートなしで使用できるのは「アダプト」のみです。どうしても他のシリーズが良い場合はオプション品のインサートを追加購入すればどのシリーズでも新生児を抱っこすることができます。

>>いつから必要?抱っこ紐の種類と選び方を徹底解説!

エルゴベビーでおすすめの抱っこ紐

それではここまで紹介してきた内容を考慮したうえで、エルゴベビーの中でも特におすすめしたい抱っこ紐をそれぞれの特徴と合わせて3つ紹介させていただきます。

アダプト

現在の価格はコチラ

エルゴベビーの中で唯一インサートなしで首の座らない新生児から使える最新作です。なんといっても嬉しいのが新生児から使えるのに4歳まで使える点です。新生児に使えてその後別のものに買い替える必要がないのは非常に魅力的ですね。

抱き方は「前抱き・腰抱き・おんぶ」の3通りで、新生児のうちは肩ベルトをクロスさせて使うこともできます。

スタンダード

現在の価格はコチラ

現段階でエルゴベビーの中で最も選ばれている、まさにスタンダードな抱っこ紐です。赤ちゃんの居心地や背負う人の負担の少なさも相まって非常に使いやすい抱っこ紐です。

抱き方は「前抱き・腰抱き・おんぶ」の3通りで、新生児のうちは別売りのインサートをつけることで抱っこが可能となります。

360

現在の価格はコチラ

360は基本的にはスタンダードをベースにしていますが、抱き方に前向き抱っこが加わって「前抱き・腰抱き・おんぶ・前向き抱っこ」の4つの抱き方ができる抱っこ紐です。

前向き抱っこは赤ちゃんの好奇心を育てると言われているので、前向き抱っこをしたいと考えるのであればこのモデルが最適です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
いつから必要?抱っこ紐の種類と選び方を徹底解説!
抱っこ紐
選び方
新生児から使える!人気の抱っこ紐おすすめランキング
抱っこ紐
ランキング
必見!抱っこ紐の人気ブランドおすすめランキング
抱っこ紐
ブランド
新生児から使える!人気のベビースリングおすすめランキング
ベビースリング
ランキング
防寒用ベビーケープの選び方とおすすめランキング
防寒ケープ
選び方