いつから使える?どれを選ぶべき?
ピントルの抱っこ紐(おんぶ紐)専門ページ

おすすめの記事はコチラ
いつから必要?抱っこ紐の種類と選び方を徹底解説!
抱っこ紐
選び方
新生児から使える!人気の抱っこ紐おすすめランキング
抱っこ紐
ランキング
必見!抱っこ紐の人気ブランドおすすめランキング
抱っこ紐
ブランド
新生児から使える!人気のベビースリングおすすめランキング
ベビースリング
ランキング
防寒用ベビーケープの選び方とおすすめランキング
防寒ケープ
選び方

抱っこ紐と併用するリュックの選び方とおすすめランキング

抱っこ紐におすすめのリュック

抱っこ紐に赤ちゃんを乗せてお出かけするとき、何かと荷物が多くて大変ですよね。どんなに減らしたつもりでもオムツやおむつ替えグッズ、哺乳瓶に予備の着替え、ケープなどを持ったらそれだけで大荷物です。

さらにベビーカーを押したり子どものお世話をしたりと、とても忙しいです。でも、そんな時に活躍してくれるのが「両手を空けられて大容量なリュック」なんです。

今回は抱っこ紐とリュックは同時に使えるのか、マザーリュックのメリットデメリット、失敗しない選び方などを解説しておすすめのリュックを紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

抱っこ紐とリュックは同時に使える?

抱っこ紐とリュックは同時に使える?

基本的には前に抱っこ紐、後ろにリュックという形で使用するので全く問題なく使用できます。むしろ、抱っこ紐使ってると肩掛け系のバッグは邪魔になって使い物にならないので、両手を空けておくためにリュックは必須と言っても良いくらいです。

マザーリュックのメリット

マザーリュックの最大のメリットは「両手が空く」ことです。買い物に行くにしても移動にしても、例え抱っこ紐の中に赤ちゃんを入れておいてもずっと静かにしてくれているわけではなく、あやさなければいけない状況になります。

また、子どもが兄弟や姉妹の場合は尚更手が空いていないと子どもが転んだときや急に駆け出したときに対応できません。雨の日にもバッグを持って傘を差したのでは他に何も持てなくなってしまいますね。

このように手が空いていて困ることは1つもありませんが、手がふさがっていて困ることはたくさんあります。いざというときのためにも常に両手を空けておくことは必須なのです。

マザーリュックのデメリット

とは言えマザーリュックも完璧ではなく、荷物が取り出しにくいというデメリットもあります。例えば公園などでゆっくり座って荷物を出せる状況なら良いですが、歩きながらや立ちながらサッと荷物を取り出すことができません。

また、選び方を間違えると抱っこ紐との相性が悪く、肩の部分がゴワゴワしてしまうことがあります。ということでメリットデメリットを考慮しても状況に応じて使い分けるためにマザーズバッグは1つ持っておくと非常に便利です。

マザーリュックの選び方

抱っこ紐と兼用する場合のマザーズリュックを選ぶポイントは3つあります。

  • 大きすぎず小さすぎないサイズ感
  • 肩紐が薄いもの
  • 雑に扱っても壊れない素材もの

リュックは大きければそれだけ大容量ですが、あまり物を入れすぎても重くて疲れてしまいますし、人にもぶつかりやすくなってしまいます。見た目的にも大きすぎず小さすぎずが大切なので、ちょうど良いものを選びましょう。

それから抱っこ紐の肩ベルトがクッションになって負担は少ないので肩紐はなるべく薄いもので良いです。素材は子どもが乗ったり、地面に置いたり、多少雨に濡れても大丈夫なものだと尚安心して使えるでしょう。

最後はデザインです。デザインは好みで良いので、自分の好きなデザインのリュックを背負ってお出かけをより楽しく彩りましょう。

スポンサーリンク

抱っこ紐におすすめのリュックランキング:TOP10

それではここまでの内容を考慮して、抱っこ紐と一緒に使うのにおすすめのリュックを厳選して10個紹介させていただきますので参考にしながら選んでみてください。

>>女性に人気のリュックブランドについてはコチラ

第1位:フレドリックパッカーズ(FREDRIK PACKERS) / 500D DAY PACK

現在の価格はコチラ

フレドリックパッカーズは自転車バックのラインナップを中心とした国内ブランドです。日本ではモデルさんが使ったりブログで紹介したりすることで徐々に有名になってきました。

肩紐がシートベルト織りのテープとフェルト製のパッドで作られているので薄くて負担にも強く、まさにマザーリュックにおすすめのリュックです。

第2位:フェールラーベン(FJALLRAVEN) / カンケンバッグ

現在の価格はコチラ

フェールラーベンはスウェーデン発のアウトドアブランドで、大人気なのはやっぱりカンケンバッグです。ストックホルムの電話帳がモチーフになっている四角いシルエットが非常にオシャレですね。カラーバリエーションが豊富なので自分にぴったりのリュックが見つかるでしょう。

第3位:アネロ(anello) / AT-B0197B

現在の価格はコチラ

アネロのリュックももはや定番となりつつありますね。カジュアルにもきれいめコーデにもよく合い、夫婦兼用もできるとSNSなどで話題を呼んでいるオシャレリュックです。

底がしっかりしていて、入り口は大きく開くガマ口なので見かけによらずたくさん入ることで子育て夫婦から人気を集めています。

第4位:ロンシャン(LONGCHAMP) / ル・プリアージュ リュックサック

現在の価格はコチラ

ロンシャンはパリのお洒落な女性も愛用する老舗バッグブランドですが、リュックの取り扱いもあるんです。コンパクトで上品なロンシャンのリュックはどんな服装に合わせてもオシャレで、1つ持っておくと大活躍間違いなしです。

第5位:ハーシェルサプライ(Herschel Supply) / SETTLEMENT MID-VOLUME CLASSIC

現在の価格はコチラ

ハーシェルサプライはカナダの小さな田舎町が発祥のリュックサックブランドです。セレクトショップなどでも多く扱われていて徐々に人気を博してきています。ブランド内でデザイン、カラー、大きさとラインナップが非常に多いのでぜひ1度はチェックしていただきたいブランドです。

第6位:エルベシャプリエ(Herve Chapelier) / コーデュラデイパック

現在の価格はコチラ

エルベシャプリエはフランス生まれのブランドで、ナイロン製なので軽くて丈夫、ちょっとくったりしたデザインがお洒落なのでマザーリュックにぴったりです。カラーバリエーションも豊富で、選択次第では夫婦兼用しやすいのも魅力的です。

第7位:イーストパック(EASTPACK) / EK620

現在の価格はコチラ

イーストパックはデイパックの定番と言っても過言でない程有名で、やっぱりマザーリュックとしてもおすすめしたいブランドです。もともと米軍向けリュックを製造していた経験があるので、丈夫で疲れにくいリュックの製造を得意としています。

また、デザインやカラーバリエーションも非常に豊富ですが、あえてシンプルなリュックにすることで落ち着いたお洒落な雰囲気を出すことも可能です。

第8位:マリメッコ(marimekko) / METRO

現在の価格はコチラ

北欧ブランド、マリメッコのリュックはカジュアルテイストでお洒落な女性から大人気のリュックです。入口が大きく開くのも特徴で、荷物の出し入れがスムーズなのもマザーリュックとしておすすめしたい理由です。

第9位:ママプラス(Mamaplus) / マザーズリュック

現在の価格はコチラ

こちらはまさに抱っこ紐と一緒に背負うことを考えて作られたリュックで、両サイドにファスナーがついていることでリュックを降ろすことなく荷物が取り出せるようになっています。

また、リュックのカラーを抱っこ紐の定番カラーと同じようなラインナップにしてあることで抱っこ紐と一緒に使ってもスッキリして見えるのも、抱っこ紐と一緒に使いたい理由の1つです。

第10位:ランバンオンブルー(LANVIN en Bleu) / トロカデロ リュックサック

現在の価格はコチラ

ランバンオンブルーのリュックは少々値段が張りますが、マザーリュックとしても人気があります。光沢のあるナイロン生地が上品で、全体的に落ち着いているのにトップのリボンモチーフが大人可愛いを演出してくれています。これより大きいサイズもありますが、お洒落さを優先した場合はこのくらいのサイズが好まれるようです。

>>新生児から使える抱っこ紐のおすすめ人気ランキングはコチラ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
いつから必要?抱っこ紐の種類と選び方を徹底解説!
抱っこ紐
選び方
新生児から使える!人気の抱っこ紐おすすめランキング
抱っこ紐
ランキング
必見!抱っこ紐の人気ブランドおすすめランキング
抱っこ紐
ブランド
新生児から使える!人気のベビースリングおすすめランキング
ベビースリング
ランキング
防寒用ベビーケープの選び方とおすすめランキング
防寒ケープ
選び方