いつから使える?どれを選ぶべき?
ピントルの抱っこ紐(おんぶ紐)専門ページ

おすすめの記事はコチラ
いつから必要?抱っこ紐の種類と選び方を徹底解説!
抱っこ紐
選び方
新生児から使える!人気の抱っこ紐おすすめランキング
抱っこ紐
ランキング
必見!抱っこ紐の人気ブランドおすすめランキング
抱っこ紐
ブランド
新生児から使える!人気のベビースリングおすすめランキング
ベビースリング
ランキング
防寒用ベビーケープの選び方とおすすめランキング
防寒ケープ
選び方

ボバの口コミ評判や種類選びとおすすめ抱っこ紐

ボバ(boba)の抱っこ紐

抱っこ紐を選んでいるとたくさんのブランドがあってどれが良いのか迷ってしまうことが多いですよね。一見どれを選んでも同じなのでは、と思ってしまいがちですがそれぞれのブランドでこだわっている点や機能面で差があります。

今回はそんな抱っこ紐のブランドの中でもボバ(boba)の抱っこ紐について、特徴や扱っている種類、口コミや評判を紹介して、ブランド内で最もおすすめの抱っこ紐を紹介していきます。

スポンサーリンク

ボバ(boba)とは?

ボバ(boba)とは?

ボバは夫婦のアイディアで誕生したというアメリカの抱っこ紐ブランドです。名前の由来は開発地「ボルダー」に敬意を表し「BoulderBaby」から「Boba」と名付けられました。日本ではスマートトレーディングという会社が輸入し、販売しています。

ボバの抱っこ紐の特徴

ボバの抱っこ紐は新生児用インサートが最初から付属されているので新生児から抱っこすることができ、ショルダーストラップの調整が上からでも下からでもできることで脱着が楽で、背当ても長めなので赤ちゃんがぴったり密着できるように独自の立体的な作りになっています。

他にない特徴としては「赤ちゃんの足置き」があり、赤ちゃんが大きくなってきて足が垂れ下がってしまうようになってからM字姿勢を維持するために役立ちます。

ラインナップは多くないですが、カラーバリエーションは多いので選ぶ楽しさはあります。

>>抱っこ紐の人気ブランドまとめはコチラ

ボバの抱っこ紐の口コミや評判

ボバの抱っこ紐を使用している家庭からは「生地がしっかりしている」「最初から新生児に使えるのが嬉しい」「他の人と被りにくいのが良い」という意見が見られました。

また、赤ちゃんが大きくなった家庭では足置きのお陰で赤ちゃんが楽そうという声もあります。さらに背当てが長くしっかりしていることで、赤ちゃんが抱っこ紐の中で眠ってしまっても首カックンが起こりにくいようです。

ただ、生地がしっかりしているせいで夏は若干暑く、ほこりがつきやすい生地だという意見もあります。説明書による装着の仕方がわかりにくいという声もあるのですが、この点は動画などを参考に装着すれば問題ないでしょう。

ボバの抱っこ紐はどんな人におすすめ?

ボバの抱っこ紐は「新生児から抱っこ紐を使いたい人」「他の人が使っている抱っこ紐と被りたくない人」におすすめです。

もともと1日中抱っこできる抱っこ紐を目指している点や、他には無い足置きストラップがあることから「1日の中で長い時間抱っこ紐を使用したい」という場合にもおすすめとなっています。

>>新生児から使える!人気の抱っこ紐おすすめランキング

スポンサーリンク

ボバの抱っこ紐の種類と選び方

ボバの抱っこ紐の種類と選び方

ボバの抱っこ紐は以下の3つの種類に分かれます。

ボバの抱っこ紐を選ぶポイント

基本的にメインの抱っこ紐として使うのは「Boba Carrier 4G plus」で、クロス抱っこ紐として「Boba Wrap」、旅行や荷物をコンパクトにしたいときなどのサブ抱っこ紐として「Boba Air」という位置付けになります。

ベビーラップと言うと日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、ストラップのない1枚布で赤ちゃんもお母さんも疲れにくく1日中抱っこしていることも可能です。

新生児向けの選び方

新生児から使うのであれば「Boba Carrier 4G plus」か「Boba Wrap」になります。「Boba Wrap」は普通の抱っこ紐とはちょっと違うので、一般的な腰ベルトタイプの抱っこ紐で新生児から使える物なら「Boba Carrier 4G plus」を選ばれると良いでしょう。

最初から新生児用インサートが付属しているのでオプション品などを買い足す必要はありません。

>>いつから必要?抱っこ紐の種類と選び方を徹底解説!

ボバでおすすめの抱っこ紐

それではここまで紹介してきた内容を考慮したうえで、ボバの抱っこ紐をそれぞれの特徴と合わせて3つ紹介させていただきます。

Boba Carrier 4G plus

現在の価格はコチラ

新生児からも使えて大きくなってからは足置きが活躍する抱っこ紐です。抱き方は「対面抱き」「腰抱き」「おんぶ」ができます。カラーやデザインのバリエーションが豊富なので、お気に入りの抱っこ紐が見つかるでしょう。

Boba Wrap

現在の価格はコチラ

ボバラップはベビーラップと言って1枚布で抱っこするタイプの抱っこ紐です。赤ちゃんにもお母さんにも負担が少ないので、1日中抱っこすることも可能です。こちらは新生児から16kgまで使用することができます。

Boba Air

現在の価格はコチラ

ボバエアーはとにかく軽量でコンパクトに収納することができるので、サブ抱っこ紐として選ばれています。6ヶ月から使用可能で抱き方は「対面抱き」「おんぶ」ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
いつから必要?抱っこ紐の種類と選び方を徹底解説!
抱っこ紐
選び方
新生児から使える!人気の抱っこ紐おすすめランキング
抱っこ紐
ランキング
必見!抱っこ紐の人気ブランドおすすめランキング
抱っこ紐
ブランド
新生児から使える!人気のベビースリングおすすめランキング
ベビースリング
ランキング
防寒用ベビーケープの選び方とおすすめランキング
防寒ケープ
選び方