美味しいご飯が炊ける!
ピントルの炊飯器専門ページ

おすすめの記事はコチラ
2018年おすすめ!美味しく炊ける炊飯器の人気ランキング&上手な選び方
おすすめ
炊飯器
新生活!人気の一人暮らし向け炊飯器おすすめランキング
一人暮らし
炊飯器
冷めても美味しい!人気の土鍋炊飯器おすすめランキング
土鍋
炊飯器
美味しく炊ける!人気のIH炊飯器おすすめランキング
IH
炊飯器
美味しい!人気の圧力IH炊飯器おすすめランキング
圧力IH
炊飯器

炊飯器の早炊きは味が落ちるって本当?時間や電気代について徹底解説!

炊飯器の早炊きとは?

「毎朝のお弁当作り」や「夕飯の準備」の際に、「もっとお米が早く炊けたらなあ...。」なんて思ったことはありませんか?

そんな時に便利なのが、炊飯器の「早炊き」機能。

通常の炊飯では約1時間かかるところを、わずか30分程度で炊き上げることが可能になります。

今回は、「早炊きをしたら味が落ちる?」「電気代は安くなる?」など早炊きに関する疑問を解決していきます!

最後には、プロジェクターの専門ページが厳選する「早炊きにおすすめの炊飯器」をご紹介しているのでチェックしてください。

【最新のおすすめ炊飯器ランキングと選び方】
2018年おすすめ!美味しく炊ける炊飯器の人気ランキング&上手な選び方

スポンサーリンク

炊飯器のメーカーによって「早炊き」の呼び名が違う?

炊飯器の早炊きは通常コースより味が落ちる?

早炊きは、メーカーやモデルによって名称が異なり「急速」「高速炊飯」「白米急速」「おいそぎ炊飯」と表記されているケースがあります。

「あれ?我が家の炊飯器には早炊きがない!」と焦らずに、別の名称で表記がされていないかを確認してみましょう。

ほとんどの炊飯器に搭載されているコースなので、きっと見つかるはずです!

炊飯器の早炊きにかかる時間

炊飯器の早炊きとは?

炊飯器のモデルにもよりますが、「通常コース」を使用するとお米を炊くのに1時間程度かかってしまいます。

しかし「どうしても早く炊きたい!」という時に、1時間も待たなければいけないのは、しんどいですよね...。

そんなときは、「早炊き」を使用すれば、25分~30分程度でお米を炊くことが出来ます。そのため、通常のコースよりも約30分も節約が可能になります。

急いでご飯を食べたい時やお弁当を持って外出しなければいけない時に、「早炊き」は非常に便利です!

スポンサーリンク

炊飯器の早炊きと通常コースの違い

炊飯器の早炊きと通常コースの違い

炊飯時間を約30分程度、省くことができる「早炊き」ですが、具体的に通常コースと何が異なるのでしょうか?

その答えは、炊飯をする際の工程にあります。以下は炊飯の工程にかかる時間を示した表になっています。

【通常コースの場合】

給水(前炊き) 25分
炊飯 20分
蒸らし 15分

【早炊きの場合】

給水(前炊き) 5分
炊飯 20分
蒸らし 5分

実は、「通常コース」でも「早炊き」でも、炊飯を行っている時間は変わりません。

違いがあるのは、「給水(前炊き)」と「蒸らし」の部分。ここを短時間で行うことで早炊きを実現しています。

炊飯器の早炊きは味が落ちる?

炊飯器の「早炊き」は、「普通に炊くより味が落ちるのでは?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、早炊きコースで炊いたお米は、通常コースで炊いたお米より「かため」に炊き上がってしまいます。

これはお米を炊く工程である「給水(前炊き)」と「蒸らし」を通常コースよりも急速で行うため、お米に含まれる水分量が少なくなってしまうことが原因になります。

ただし、お米の味が落ちるかどうかは、好みの問題といったところでしょう。「かため」のご飯が好き!という方は、何ら問題なく使用することが出来ます。

早炊きは電気代の節約になる?

「早炊きは、通常コースよりも時間がかからないので電気代の節約になる!」とお考えの方もいるようですが、残念ながらこれは間違いです。

通常コースでは、「給水(前炊き)」の時間を利用して徐々に、内釜の温度を上げていきますが、早炊きの場合、給水時間が短くなっています。

そのため、短時間で高温にする必要があり、消費電力が通常コースに比べて大きい傾向にあります。

そのため、早炊きは通常コースよりも電気代の節約にはならず、むしろ電気代がかかってしまうことになります。

もしも電気代を節約したい場合は、「エコ炊飯」と呼ばれるモードを使用すると良いでしょう。

【炊飯器の電気代】
炊飯器の電気代はいくら?節約するマル秘テクニックを伝授!

【忙しい方必見!】早炊きにおすすめの炊飯器

最新の炊飯器の中から、時短で美味しく炊ける炊飯器をピックアップ。

炊飯器の機能や実際に使用したユーザーの意見も加味し、あなたに最高の1台をご紹介していきます!

白米1合を15分で炊飯!タイガー(TAIGER) / 炊きたて JPE-A101

現在の価格はコチラ

早炊きの炊飯器としておすすめしたいのが、タイガー(TIGER)から2018年6月に発売されたばかりの『炊きたて JPE-A101』。

なんと白米1合を約15分で炊き上げることが可能。時間のない朝の時間帯や帰宅後に早くお米を炊きたい時に最適です。

また白米だけでなく、「ミネストローネ」や「フレンチトースト」など様々なレシピを15分で調理することの出来る「時短調理機能」を搭載。

忙しいけど自炊したいという方に、是非ともおすすめしたいモデルです。カラーはブラック・ホワイトの2色展開。

炊飯方式 IH炊飯器
炊飯量 5.5合
最大消費電力 1200W
サイズ(cm) 幅27.2×奥行32.9×高さ21.1
重量 4.5kg
価格の目安 ¥42,000~
実際に「炊きたて JPE-A101」を使用した人の口コミ・評判
  • 早炊きなのに、お米がふっくらしていて満足しています。
  • 子供がいる家庭に大変便利。ご飯が少なくなっても、15分で炊き足しが可能!
  • 1合炊きでも、味が落ちないので重宝している。
  • ミネストローネを15分で調理。味がしっかりとしみこんでいるので美味しい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
2018年おすすめ!美味しく炊ける炊飯器の人気ランキング&上手な選び方
おすすめ
炊飯器
新生活!人気の一人暮らし向け炊飯器おすすめランキング
一人暮らし
炊飯器
冷めても美味しい!人気の土鍋炊飯器おすすめランキング
土鍋
炊飯器
美味しく炊ける!人気のIH炊飯器おすすめランキング
IH
炊飯器
美味しい!人気の圧力IH炊飯器おすすめランキング
圧力IH
炊飯器