美味しいご飯が炊ける!
ピントルの炊飯器専門ページ

2018年おすすめ!美味しく炊ける炊飯器の人気ランキング&上手な選び方

おすすめの炊飯器と選び方

炊飯器は各メーカーから様々なモデルが販売されていますが、「いったいどれを選んだらいいか分からない」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、炊飯器の専門ページが厳選をした2018年最新のおすすめ炊飯器と上手な選び方について解説をしていきます。

これからの購入を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

目次 [非表示]

スポンサーリンク

2018年人気モデル!おすすめの炊飯器ランキング:TOP10

RANK メーカー/モデル 特徴 炊飯方式 価格の目安
10 バルミューダ/The Gohan K03A 釜を二重にする新発想の炊飯器。機能を省くことで操作をシンプルに。 ---- ¥40,000~
9 バーミキュラ/ライスポット RP23A 「無水調理」や「低温調理」が可能なおしゃれ炊飯器。 IH炊飯器 ¥87,000~
8 アイリスオーヤマ/RC-PA50 圧力IH炊飯器がなんと1万円台から購入することが可能! 圧力IH炊飯器 ¥15,000~
7 日立/ふっくら御膳 RZ-BV100M 少量でも美味しく炊き上げる。 圧力IH炊飯器 ¥50,000~
6 象印/極め炊き NL-BB05 1万円以下で購入可能なコスパ最強モデル。 マイコン炊飯器 ¥8,000~
5 東芝/真空圧力IH RC-10VXM 最大40時間美味しい状態をキープする真空保温。 圧力IH炊飯器 ¥60,000~
4 タイガー/炊きたて JPE-A101 忙しい方必見!15分で白米からおかずまで調理。 IH炊飯器 ¥35,000~
3 三菱/備長炭 炭炊釜 NJ-VE108 しっかりとお米の粒感を味わいたい人におすすめの炊飯器。 IH炊飯器 ¥16,000~
2 パナソニック/Wおどり炊き SR-VSX108 お米のもちもち感を求めているのであればこのモデル! 圧力IH炊飯器 ¥90,000~
1 象印/極め炊き NP-VJ10 2018年最も売れた炊飯器。味や機能、価格のバランスが取れたモデル。 IH炊飯器 ¥15,000~

【10位】バルミューダ / The Gohan K03A

現在の価格はコチラ
価格 美味しさ サイズ 使い勝手 おしゃれさ 保温機能
×

内釜を厚くするのではなく、「内釜」「外釜」の二重釜を採用した新しい炊飯器。

内釜と外釜の間に水を入れる事によって、蒸気の壁が発生。少ないエネルギーで効率よく加熱を行うことが出来ます。

最近の炊飯器にある100℃を超える高温で加熱方法ではなく、100℃以下で優しく炊き上げるのが特徴。煮崩れせず「香り」や「うまみ」をうまく閉じ込めることが出来ます。

保温機能は非搭載

ご飯をおいしく食べて欲しいというメーカーの理念のもとに、あえて保温機能を搭載していません。

メーカーでは炊飯後1時間以内に「おひつ」もしくは「冷凍保存」を推奨しています。

シンプルな操作性も魅力

当モデルには、主に「予約」「炊き方」「炊飯」の3つのボタンしかありません。

高機能な炊飯器とは異なり、機能面を省くことによってシンプルな操作性を実現。

炊飯方式 ---
炊飯量 3合
最大消費電力 670W
サイズ(cm) 幅27.5×奥行25.1×高さ19.4
重量 約4kg
価格の目安 ¥40,000~
カラー ブラック/ホワイト

【9位】無水調理が可能「バーミキュラ / ライスポット RP23A」

現在の価格はコチラ
価格 美味しさ サイズ 使い勝手 おしゃれさ 保温機能
×

「炊飯器を超えたのは、炊飯鍋でした。」をコンセプトに、鋳物ホーロー鍋ブランド「バーミキュラ」がIH炊飯器を開発。

炊飯だけでなく様々な料理が「無水」で調理できることや、デザイン性の良さから人気を博しています。

ご飯の炊きあがりは、一粒一粒がしっかりと立った硬めのご飯が炊きあがる。好みは分かれるものの「こんな美味しいご飯は食べた事ない!」との意見も。

水加減が難しいのと、保温が全くできないのが難点です。

 素材本来の味を引き出す「無水調理」

余分な水分を一切使用しない「無水調理」が可能。ビタミンやミネラルといった素材に含まれる栄養素を損なわず、本来の味を引き出すことが出来ます。

また30℃~95℃まで1度刻みで温度調節することが可能。低温での調理はもちろん絶妙な火加減が必要な料理を簡単に行うことが出来ます。

安心安全のサポート体制

なんとバーミキュラの当モデルは、専用のコンシェルジェがサポート。

購入前の相談から使用方法、調理方法の相談など様々な疑問に答えてくれます。

他メーカーにはないキメの細かいサポート体制も人気の秘訣になっています。

炊飯方式 IH炊飯器
炊飯量 5合
最大消費電力 1350W
サイズ(cm) 幅31.1×奥行29.6×高さ20.8
重量 約6.9kg
価格の目安 ¥87,000~
カラー ソリッドシルバー/シーソルトホワイト/トリュフグレー
内釜 鋳物ホーロー

【8位】Amazon売れ筋ナンバー1「アイリスオーヤマ / RC-PA50」

現在の価格はコチラ
価格 美味しさ サイズ 使い勝手 おしゃれさ 保温機能

Amazonの炊飯器部門ベストセラーにも輝いた人気炊飯器アイリスオーヤマの「RC-PA50」。

圧力IH炊飯器ながら、1万代中盤で購入が可能という破格の商品。

保温機能やサイズ感にマイナス評価はありますが、味に関しては多くのユーザーが高い評価をしています。

大人気!31銘柄炊き分け機能

なんといっても当モデルの一番の魅力は、「31銘柄炊き分け機能」。

こしひかり、あきたこまち、ひとめぼれなど代表銘柄からマイナー銘柄まで、お米の特長を把握し、温度や火加減をコントロールします。

便秘解消やダイエットに「食物繊維モード」

整腸作用や血糖値の上昇を抑えることのできる食物繊維を壊さずに炊飯が出来る「食物繊維モード」を搭載。

お茶碗1杯分(160g)でレタスの1/2個の食物繊維をとることが可能です。

炊飯方式 圧力IH炊飯器
炊飯量 5.5合
最大消費電力 1230W
サイズ(cm) 幅26.5×奥行34.95×高さ23.2
重量 約6.7kg
価格の目安 ¥15,000~
カラー ブラック
内釜 極厚銅釜

【7位】少量炊きなら「日立 / ふっくら御膳 RZ-BV100M」

現在の価格はコチラ
価格 美味しさ サイズ 使い勝手 おしゃれさ 保温機能

第7位は、日立の「ふっくら御膳 RZ-BV100M」を選出。

内釜内の圧力を1.2気圧まであげることによって最高105℃で加熱を行います。また蒸らし時にはスチームを使用することによって98℃以上の高温をキープ。

内釜の上部が空いてしまう「少量炊き」の際もスチームを使用することによって、内釜内の温度低下を防ぐことが可能になっています。

炊飯量は5.5合ですが、普段は0.5合~2合程度の炊飯が多い!という方におすすめのモデルです。

蒸気カットで置き場所に困らない

炊飯中に本体から蒸気が出ないため、炊飯器の設置場所に困らないというメリットがあります。

また小さなお子様が誤って蒸気でやけどする心配がないのも嬉しいポイントです。

内釜はなんと6年の長期保証

当モデルの「打込鉄・釜」は6年間のカーボンフッ素保証が付いています。

通常の内釜の保証期間は、3年程度なので、安心のサポート体制と言えるでしょう。

【炊飯器を長持ちさせるためには!?】
炊飯器の寿命は5年?長持ちさせるコツや買い替えのタイミングを解説

炊飯方式 圧力IH炊飯器
炊飯量 5.5合
最大消費電力 1400W
サイズ(cm) 幅25.8×奥行37.8×高さ23.6
重量 約5.7kg
価格の目安 ¥50,000~
カラー メタリックレッド/パールホワイト
内釜 打込鉄・釜

【6位】コスパ最強の安いモデルなら「象印 / 極め炊き NL-BB05」

現在の価格はコチラ
価格 美味しさ サイズ 使い勝手 おしゃれさ 保温機能

従来のマイコン炊飯器は、底ヒーターのみで加熱を行っていたため、お米をふっくらと炊き上げることが出来ませんでした。

そんなマイコン炊飯器の欠点を払拭したのが、象印「極め炊き NL-BB05」。

「上ふた」・「側面×2」・「底」の全ての面にヒーターを搭載し、あらゆる方向から内釜を加熱。しっかりと熱が通るので炊きムラを抑えることが出来ます。

そして最大の魅力は8,000円~という価格帯。手軽に購入できるので一人暮らしや単身世帯に大変人気のあるモデルです。

【1万円以下のモデル多数!!】
格安のおすすめ炊飯器ランキング!1万円以下で購入できる激安モデルも

発酵~焼き上げまで簡単!「パン調理機能」を搭載

この価格帯の炊飯器としては珍しく「パン調理機能」を搭載しています。

丸パン・ごはん入り丸パン・フォカッチャ・メロンパンなどお好きなパンをこの一台で作ることができます。

厚さ4mmの黒厚釜を使用した上位モデルも

象印「極め炊き NL-BB05」の上位モデルにあたる「NL-DS10」にも注目が必要です。

NL-BB05が厚さ2.5mmの黒厚釜を使用しているのに対し、NL-DS10は4mmを採用。

その他にも「やわらかめ・ふつう・かため」とご飯の硬さを調節できる白米炊き分け3コースや最大で24時間の保温にも対応している。

炊飯方式 マイコン炊飯器
炊飯量 3合
最大消費電力 495W
サイズ(cm) 幅23.5×奥行32.5×高さ19.5
重量 約2.7kg
価格の目安 ¥8,000~
カラー カッパーブラウン/シャンパンホワイト
内釜 黒厚釜

【5位】長時間の保温に優れた「東芝 / 真空圧力IH RC-10VXM」

現在の価格はコチラ
価格 美味しさ サイズ 使い勝手 おしゃれさ 保温機能

東芝独自の「真空αテクノロジー」を採用した2018年7月発売の最新圧力IH炊飯ジャー。

内釜の内部を真空状態にすることによって、お米の芯までしっかりと吸水を行わせます。圧力をかけて高温で炊き上げることによって水分量の多いふっくらご飯に炊きあがります。

また保温にも真空機能を利用しており、美味しい状態を長時間キープが可能。

最大40時間の「真空保温」

内釜の空気を、外に追い出すため、お米の酸化を防ぐことが可能になっています。

そのため最大40時間の長時間保温。ユーザーからは、18時間保温をしてもパサパサにならず、もちもち感が味わえる!との声も。

11通りの炊き分けが可能「かまど名人コース」

水分量を変化させることによって「しゃっきり」~「もちもち」まで11通りの炊き分けが可能になっています。

お好みや気分によって食感の違いを楽しむことが出来るので、大変便利。

炊飯方式 圧力IH炊飯器
炊飯量 5.5合
最大消費電力 1420W
サイズ(cm) 幅27×奥行36×高さ22.9
重量 約6.1kg
価格の目安 ¥60,000~
カラー グランホワイト/ディープレッド
内釜 鍛造かまど 本丸鉄釜

【4位】時短調理に高い評価「タイガー / 炊きたて JPE-A101」

現在の価格はコチラ
価格 美味しさ サイズ 使い勝手 おしゃれさ 保温機能

とにかく忙しい共働きの方から人気が高いのがタイガー(TIGER)「炊きたて JPE-A101」。

「時短少量早炊き」機能を搭載し、白米1合をなんと15分で炊き上げることが出来ます。

またなんと白米だけでなく「おかず」や「スイーツ」も時短で調理を行うことが可能。毎日が忙しくて自炊している暇がない!なんて思っている方におすすめです。

タイガーの公式HPには「JPE-A101」で調理することのできるレシピが公開されていますので、そちらもチェックしてみてください!(タイガー公式:15min Recipe

【炊飯器の早炊きについて詳しくはコチラ】
炊飯器の早炊きは味が落ちるって本当?時間や電気代について徹底解説!

白米3種炊き

「エコ炊きメニュー」「白米メニュー」「極うまメニュー」の3種類から好みや用途に合わせて白米を炊き上げることが可能です。

エコ炊きメニュー 消費電力を抑え電気代を節約することが可能
白米メニュー 高火力で連続沸騰。
極うまメニュー 吸水時間を2倍にし、より高火力で連続沸騰。
豊富な栄養価が魅力「麦めし」専用メニュー

栄養価が豊富な大麦を白米と一緒に炊き上げる「麦めし」専用メニューを搭載。

麦専用計量カップや水目盛りが付属しているので、「麦1割」「麦3割」など好みによって大麦の量を調節可能です。

炊飯方式 IH炊飯器
炊飯量 5.5合
最大消費電力 1200W
サイズ(cm) 幅27.2×奥行32.9×高さ21.1
重量 約4.5kg
価格の目安 ¥35,000~
カラー ブラック
内釜 W銅入5層遠赤特厚釜&熱封土鍋コーティング

【3位】しっかりとした粒感が味わえる「三菱 / 備長炭 炭炊釜 NJ-VE108」

現在の価格はコチラ
価格 美味しさ サイズ 使い勝手 おしゃれさ 保温機能

メーカーによって炊き上がりのお米の味は異なってきますが、特に三菱の「備長炭 炭炊釜」シリーズは特徴的です。

柔らかくもっちり感のある炊き上がりではなく、すこし硬めでしっかりと粒感があるのが特徴。

硬めのお米が好き、という方に特に人気のモデルになっています。一旦冷凍庫に保管をしていても、解凍後に美味しく食べることが出来るので、お弁当を作る方にもおすすめ!

超音波の力でうまみ成分を引き出す

吸水時に、1秒間で約88,000回の微振動を行うことにより、お米の芯までしっかりと水分を含ませることが出来ます。

お米本来のうまみをしっかりと閉じ込め、炊き上げることを可能に。

スマートフォン対応モデルも

三菱の備長炭 炭炊釜シリーズには、スマートフォンの専用アプリから簡単に炊飯器の操作が行えるモデル「NJ-VA107」が存在します。

音声での操作も可能で「白米 ふつう 18時」とスマートフォンに向かって話すだけで、予約運転を行ってくれます。

炊飯方式 IH炊飯器
炊飯量 5.5合
最大消費電力 1200W
サイズ(cm) 幅23.7×奥行29.2×高さ22.7
重量 約4.9kg
価格の目安 ¥16,000~
カラー ピュアホワイト
内釜 備長炭コート2層厚釜

【2位】もちもち感にこだわるなら「パナソニック / Wおどり炊き SR-VSX108」

現在の価格はコチラ
価格 美味しさ サイズ 使い勝手 おしゃれさ 保温機能

第2位にランクインしたのは、パナソニックから「Wおどり炊き」シリーズの最高峰モデル。

2018年6月に発売されたばかりの最新機種ですが、さっそく人気の売れ筋商品になっています。(SR-SPX107の後継モデル)

お米の鮮度を検知して、炊き方を自動で調整する「鮮度センシング」や、甘みだけでなくお米の旨みを引き出すための「旨み熟成浸水」などを新搭載。

お米のもちもち感に対する評価は最高峰。価格こそ高いですが、柔らかめの食感を味わいたい方はこのモデルがおすすめです。

価格は9万円と、なかなか手が出しずらいので今回は2位に。

お米の芯まで熱を伝える「Wおどり炊きシステム」

IHコイルを0.04秒で高速に切り替える「大火力おどり炊き」と加圧減圧を繰り返す「可変圧力おどり炊き」の2種類のシステムを搭載。

お米を内釜の内部で激しくおどらせることによって、ムラなく炊き上げることを可能にしました。

最高220℃の「IHスチーム」のお米の旨みを引き出す

最高220℃の高温スチームを、内釜内部に高速噴射。お米にスチームコーティングがされるので、水分が抜けにくく旨みが逃げないのが特徴です。

炊飯方式 圧力IH炊飯器
炊飯量 5.5合
最大消費電力 1210W
サイズ(cm) 幅27.5×奥行36.1×高さ23.4
重量 約7.8kg
価格の目安 ¥90,000~
カラー ホワイト/ブラック
内釜 ダイヤモンド竈釜

【1位】2018年の最高評価モデル「象印 / 極め炊き NP-VJ10」

現在の価格はコチラ
価格 美味しさ サイズ 使い勝手 おしゃれさ 保温機能

2018年売れに売れた大人気炊飯器、象印のIH炊飯ジャー「極め炊き NP-VJ10」。

1.5万円前後という価格帯ながら、炊き上がりの「味」、炊飯器の「機能」の両面でユーザーから高い評価を受けています。

「やわらかめ・ふつう・かため」とお米の炊き方を選べる「白米炊き分け3コース」を搭載。ご自身の好みにより近いご飯を味わうことができます。

お米の旨みをしっかり引き出す「熟成炊き」、手軽に作れる「パン焼き」「ケーキメニュー」なども搭載。

大きな欠点がなく、非常にバランスが取れたモデル。特別こだわりがないのであれば、2018年購入すべきモデルでは当モデルで間違いないでしょう!

30時間の長時間保温が可能な「うるつや保温」も魅力

30時間の長時間保温(うるつや保温)が可能。絶妙な火加減で乾燥を防ぎ、美味しい状態をキープ。

またアツアツのご飯を食べたい人向けの「高め保温」も搭載。目的によって2種類の保温スタイルが選べるのも嬉しいポイント!

【保温機能をよく使う方はコチラ】
保温機能に優れた炊飯器のおすすめランキング

プラチナ厚釜を使用した上位モデルも

「極め炊き NP-VJ10」の上位モデル「NP-HF10」は、「プラチナ厚釜」を採用。

内釜の表面にプラチナコーティングを施すことによって、炊飯時の水質を弱アルカリ化。お米の中まで水が浸透することによって、甘み成分(還元糖)をより引き出すことが出来ます。

炊飯方式 IH炊飯器
炊飯量 5.5合
最大消費電力 1105W
サイズ(cm) 幅25.5×奥行37.5×高さ20.5
重量 約4kg
価格の目安 ¥15,000~
カラー ブラウン
内釜 黒まる厚釜

美味しく炊ける炊飯器の選び方

炊飯器は各メーカーから様々な機種が発売されています。

「どれを買ったらいいか分からない」というかたも多いと思いますので、こちらでは美味しく炊ける炊飯器の選び方を簡単に解説していきます。

炊飯量

まずは一回にどれくらいの量のご飯が必要なのかを確認しましょう。

一回で炊いて食べきってしまうのか、多めに炊いて冷凍させるのか、など普段の生活を思い出しながら決めると良いでしょう。

炊飯器は「5.5合炊き」が一番種類が多くなっています。

冷凍しても美味しく食べれるモデルや保温機能が充実したモデルも多くなっているので、少し大きめのモデルを買われてもいいかも知れません。

【炊飯量の目安】

炊飯量(合) 目安の人数
2合 1人
3合 2人~3人
5.5合 4人~6人
10合(1升) 7人~

【一人暮らしならこのモデル】
一人暮らしにおすすめの炊飯器ランキング

炊飯方式

炊飯器と一言で言っても、実は3種類の炊飯方式があるのを知っていますか?

  1. 圧力IH炊飯器
  2. IH炊飯器
  3. マイコン炊飯器

これらの種類によって価格や炊き上がりのご飯の味にも差がでてきます。

現在の主流は「IH炊飯器」、美味しさを追求するなら「圧力IH炊飯器」、安い炊飯器が欲しいのなら「マイコン炊飯器」と覚えておくと良いでしょう。

炊飯方式 圧力IH炊飯器 IH炊飯器 マイコン炊飯器
価格 ¥30,000~ ¥15,000~ ¥8,000~
炊き上がりの美味しさ ★★★ ★★
特徴 圧力をかけることにより沸騰の温度を高めて、よりお米に熱が入り易くしている。各メーカーの高級モデルに多く採用。保温性能やその他機能面でも充実がみられる。 「IHコイル」を使用することによって、マイコン炊飯器よりも高火力でムラなくご飯を炊き上げることが出来る。売れ筋モデルの多くはこのタイプを採用。 一番シンプルな構造で、価格が安く比較的手に入り易いのが特徴。底部分のヒーターのみから加熱を行うため、火力に欠ける。3合程度の少量炊きに多くみられる。

内釜の素材

炊飯器の内釜に使用される「素材」も炊飯器を選ぶ上で重要になってきます。

ただし、結論から申し上げますと、どの素材も長所と短所が存在し、「これがベスト」という素材は存在しません。

あまり気にしすぎず、大まかな特徴だけ覚えておくと良いでしょう。

素材 特徴
アルミ釜 マイコン炊飯器に使用されている。価格が安く、冷めにくいというメリット。IH炊飯器との相性が悪いというデメリットが存在。
鉄釜 IH炊飯器との相性が良く、効率的に熱を伝えることが出来る。炊き上がりのお米の味に大きな特徴はない。重みがあり扱いづらいのが難点。
炭素釜 発熱効率が高いことや冷めにくい性質があるので、内釜として優秀。しかし、衝撃に非常に弱く壊れやすい。また高価なのも欠点。
土鍋 お米を加熱するまでに時間がかかるが、お米が冷めにくいのが特徴。おこげが好きなひとに向いている。その反面、衝撃への弱さや価格の高さが欠点。
多層釜 複数の素材を何層も組み合わせて作れらている。発熱性能が高くなるように各メーカーによって設計されているが、重みがあるという欠点が存在。また組み合わせにより性能が大きく異なる。

蒸気レス

最新の炊飯器の中には、炊飯時に蒸気を出さないタイプも存在します。

設置場所がより自由になることや、小さなお子さんが誤って蒸気で怪我をする恐れがない、といったメリットがあります。

また全く蒸気を出さないわけではありませんが、通常の炊飯器より蒸気量を大幅に減らした「蒸気カット」や「蒸気セーブモード」を搭載したモデルもあります。

【設置場所がより自由に!!】
2018年最新のおすすめ蒸気レス炊飯器をご紹介!ユーザーの口コミやメリット・デメリットも解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
満足度NO.1!人気の炊飯器おすすめランキング
おすすめ
炊飯器
冷めても美味しい!人気の土鍋炊飯器おすすめランキング
土鍋
炊飯器
美味しく炊ける!人気のIH炊飯器おすすめランキング
IH
炊飯器
美味しい!人気の圧力IH炊飯器おすすめランキング
圧力IH
炊飯器
新生活!人気の一人暮らし向け炊飯器おすすめランキング
一人暮らし向け
炊飯器