フライパンひとつで料理変わる!
ピントルのフライパン専門ページ

おすすめの記事はコチラ
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方

フライパンの表面加工(コーティング)の種類と特徴

表面加工(コーティング)の種類と特徴

最も普及しているフライパンと言われている「フッ素(テフロン)加工のフライパン」。

フッ素加工以外にもフライパンの表面加工法があることはご存知ですか?近年よく耳にするようになった「マーブルコート」や「セラミックフライパン」などです。

そんなフライパンの表面加工の種類と特徴についてご説明します。

スポンサーリンク

フライパンの表面加工(コーティング)の種類

フライパンの表面加工(コーティング)の種類

フライパンに表面加工(コーティング)を施すと、「食材がくっつかない」「耐久性が高まる」といったメリットがあります。

コーティングフライパンの代表格である「フッ素(テフロン)加工のフライパン」は、最も普及しているフライパンと言っても過言ではありません。

そんなフライパンの表面加工にも、いくつかの種類があり特徴や使い勝手も異なります。

そこで、フライパンの表面加工の種類と特徴についてご説明しますので、フライパン選びの参考にしてみて下さい。

フッ素(テフロン)加工フライパンの特徴

最も普及しているフライパンのコーティングが「フッ素(テフロン)加工」です。

フッ素(テフロン)加工とは、「摩擦係数」が非常に小さなフッ素樹脂をフライパンの調理面にコーティングする加工法です。

フッ素樹脂をコーティングさせることにより、フライパンの調理面の滑りが良くなります。そのため、食材がくっつきにくく、簡単に汚れを洗い流すことが可能になるのです。

このお手入れのしやすさが、フッ素加工(テフロン)フライパンの人気の秘訣になっています。

一方で、フッ素(テフロン)加工フライパンには弱点もあります。

それは、「耐久性の低さ」です。フッ素加工フライパンは、フッ素樹脂の特性から「摩耗」と「熱」に弱いという特徴があります。

「金属製のフライ返しを使用しない」「火加減を弱くする」「空焚きをしない」など扱いに注意する必要があります。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mm.jp.035さん(@japan_035)がシェアした投稿 -

フッ素(テフロン)加工フライパンの魅力や特徴
フッ素(テフロン)加工フライパンおすすめランキング

ダイヤモンドコート加工フライパンの特徴

ダイヤモンドコートとは、フッ素(テフロン)加工の1種です。

通常のフッ素(テフロン)加工フライパンは利便性の高さから急速に普及しましたが、「摩耗」や「熱」に弱いという問題点が指摘されていました。

そのためフッ素(テフロン)加工フライパンの誕生以来、50年以上に渡って耐久性を高めるための研究がなされてきました。そこで生まれたのが「ダイヤモンドコート加工」です。

ダイヤモンドコート加工は、非常に硬い粒子である「人工ダイヤモンド」をフッ素樹脂に混ぜてコーティングした表面加工方法です。このダイヤモンドによって通常のフッ素(テフロン)加工を遥かに超える耐久性を獲得しました。

ダイヤモンドコート加工フライパンは摩耗に強く、コーティングが剥がれにくいという特徴を有しており「食材がひっつき難く、お手入れが楽」というフッ素加工のメリットを長く享受できるのが特徴です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キンキキさん(@kdino5151)がシェアした投稿 -

ダイヤモンドコートフライパンの特徴と口コミや評判

マーブルコート加工フライパンの特徴

マーブルコート加工はダイヤモンドコート加工と同様に、フッ素(テフロン)加工の1種です。

開発のコンセプトも同様であり、フッ素(テフロン)加工の弱点である「耐久性」を高めるために生み出されました。

非常に硬い粒子であるマーブル、つまり大理石をフッ素樹脂と共に表面にコーティングしたフライパンが「マーブルコートフライパン」です。つまり、ダイヤモンドコートフライパンとの違いは、使われているのが「ダイヤモンド」か「大理石」かの違いです。

特徴も同様であり、通常のフッ素(テフロン)加工フライパンよりも遥かに高い耐久性を誇ります。マーブルコートフライパンは、「摩耗に強くてコーティングが剥がれにくい」という特徴を有し、フッ素(テフロン)加工フライパンの持つ「くっ付き難く、調理やお手入れが楽」というメリットを長く享受できるフライパンです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

maminaさん(@maminak)がシェアした投稿 -

マーブルコートフライパンの特徴と口コミや評判

セラミック加工フライパンの特徴

近年最も注目されているのが「セラミックフライパン」です。セラミックフライパンは見た目の美しさと、優れた機能性から高い人気を誇っています。

セラミックフライパンとは、調理面をセラミックでコーティングしたフライパンのことです。特徴としては、「硬さ」と「耐熱性」が挙げられます。セラミックは非常に硬く、摩耗にも強いので丈夫で長持ちします。

また耐熱性も非常に高く、耐熱温度は400度以上と言われています。通常の調理では400度以上になることはまずありませんので、十分な耐熱性を有しています。

また、フッ素(テフロン)加工とは異なり、有害物質が出る危険性もありませんので安全に使用することができます。

ひっつきにくさ」にも魅力があり、セールスポイントにもなっていますが、使い方に注意が必要です。火加減や油の使用など、焦げ付かないように使用するには守るべき手順があるのも特徴です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KANAさん(@cassie_____kana)がシェアした投稿 -

セラミックフライパンの特徴と口コミや評判
人気のセラミックフライパンおすすめランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方