フライパンひとつで料理変わる!
ピントルのフライパン専門ページ

おすすめの記事はコチラ
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方

マーブルコートフライパンの特徴と口コミや評判

マーブルコートフライパンの特徴

「マーブルコートフライパン」という名前は、テレビの通販番組で聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

食材の「くっ付き難さ」が魅力のフライパンであり、耐久性を高めるために大理石が使用されています。

そんなマーブルコートフライパンの特徴注意点評判についてご紹介します。

スポンサーリンク

マーブルコートフライパンとは?

マーブルコートフライパンとは?

マーブルコートフライパンの「マーブル」とは、大理石(Marble)のことを指します。

大理石を粉状に加工したものを表面にコーティングしたものが「マーブルコートフライパン」です。大理石によるマーブルコーティングは、フッ素加工の1種であり、フッ素樹脂と共にコーティングされます。

つまり、マーブルコートフライパンとはフッ素(テフロン)加工フライパンの1種であり、ダイヤモンドコートフライパンとの違いは、「ダイヤモンドが使用されているか」「大理石が使用されているか」の違いになります。

大理石がコーティングに使用されている理由は、耐久性の向上の為です。フッ素(テフロン)加工フライパンは発明されて以降、50年以上に渡って耐久性の改善が研究されてきました。

研究の結果生み出されたのが「マーブルコート」です。フッ素樹脂に大理石の粉を混ぜてコーティングすることによって、通常のフッ素加工フライパンよりも遥かに高い耐久性を得ることが可能となりました。

【関連記事】
フライパンに使われる素材の種類と特徴

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

maminaさん(@maminak)がシェアした投稿 -

マーブルコートフライパンの特徴

マーブルコートフライパンの特徴は、耐久性が高い点です。

フッ素加工フライパンは「食材がくっ付き難く、調理やお手入れが楽」という大きなメリットがありますが、フッ素樹脂が柔らかく熱に弱いことから、耐久性が弱点でした。

それを克服するために開発されたマーブルコートフライパンは、大理石の粉を混ぜ合わせて何層にも渡ってコーティングすることで耐久性を大幅に改善したフライパンです。

つまり、マーブルコートフライパンとは、摩耗に強くコーティングが剥がれにくいという特徴を持ち、フッ素加工フライパンの持つ「くっ付き難く、調理やお手入れが楽」というメリットを長く享受できるという特徴があります。

マーブルコートフライパンの注意点

マーブルコートフライパンは、「焦げ付かない」ことから高い人気を誇るフライパンです。

普通のフッ素加工フライパンよりも大幅に長持ちすることから、評判も上々です。しかし、マーブルコートフライパンもフッ素加工の1種ですので、消耗品です。

ですので、マーブルコートフライパンも摩耗しますし、コーティングも剥がれていきます。それゆえ、フッ素加工フライパンと同様に使用する上での注意点があります。注意点としては以下の通りです。

  • 高温注意。中火以下での使用を推奨。「空焚き」は絶対に避ける。
  • 調理後はすぐに料理を取り出す。
  • 洗ったらすぐに水気を拭き取る。
  • 金属製のフライ返しなどの調理器具を使わない。

マーブルコートフライパンはフッ素加工の1種ですので、フッ素樹脂が使用されています。

ですので、高温にし過ぎるとフッ素樹脂から有害ガスが発生する可能性があります。有毒ガスに関しては通常の使用では危険性は無いと言われています。しかし、高温での使用はコーティングの寿命を縮めますので、火力は中火までにした方が無難です。

また、摩耗に強く耐久性が高いとはいえ、コーティングは剥がれていきます。ですので寿命を延ばす為には、金属製の調理器具は使用を控えた方が無難です。

同じ理由から、調理後は速やかに料理を移し、洗った後で水気を拭いておくことをおすすめします。

マーブルコートフライパンの評判

マーブルコートフライパンの購入を検討している人の為に、実際にマーブルコートフライパンを使用した人の評判をまとめましたので参考にしてみて下さい。

  • 驚くほど焦げ付かない。
  • 耐久性が高く、長持ちする。
  • 傷つきにくい。
  • 普通のフライパンよりも熱が上がるまで時間がかかる。

多かったのはこのような意見です。マーブルコートフライパンは「くっ付き難さ・焦げにくさ」に優れ、それが長持ちするという好意的な意見が大半でした。

普通のフッ素加工フライパンよりもどのくらいコーティングが長持ちするかについては、マーブルコートフライパンのメーカーや種類、何層コーティングかによって異なりますが、体感的には2倍以上は長持ちするという評判が多かったです。

一般的なマーブルコートフライパンの寿命は1年から2年と言われていますが、8層コーティングの物は3年以上持つとも言われています。もちろん、使い方や使う頻度によって左右しますので、参考程度に留めておいてください。

おすすめマーブルコートフライパン

おすすめマーブルコートフライパン

和平フレイズ ダブルマーブル IH対応

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:3,100円~
  • Amazon評価(2018/11月):3.6/5点(144人)
  • サイズ(cm):20,22,26,28,30
  • 重さ:約510g(22cm)
  • IH調理器:◯

おすすめのマーブルコートフライパンは、和平フレイズのマーブルコートフライパンです。

コーティングは一般的な4層ですが、2種類のマーブルを用いたダブルマーブルコーティングであり、耐久性に優れています。

価格も非常にお手頃であり、種類も大小はもちろん、卵焼き用や底の深い鍋タイプまで豊富に取り揃えています。「こびりつき難さ」と「耐摩耗性能」に優れたおすすめのマーブルコートフライパンです。

【関連記事】
安いのに焦げ付かないフライパンおすすめランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方