フライパンひとつで料理変わる!
ピントルのフライパン専門ページ

おすすめの記事はコチラ
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方

錦見鋳造「魔法のフライパン」の実力や評判

魔法のフライパンの評判

魔法のフライパンは、鋳型に高温の溶けた鉄を流し込んで成型した鋳鉄製のフライパンです。

錦見鋳造が持つ鋳鉄製造の技術の結晶であり、完成までに実に10年の歳月をかけて生み出されました。

最大の特徴は業界の常識を打ち破る「薄さ」にあります。一般的なフライパンと比較しても1~3割ほど軽量になっており、女性でも扱いやすくなっています。

また、製造過程で混入する炭素により遠赤外線効果も期待できることも相まって、食材の芯までしっかりと熱を行き届かせることができ、美味しい料理を作ることができます。

この記事では、そんな「魔法のフライパン」の実力を徹底解説。実際に使用しているユーザーの口コミや評判もピックアップしてご紹介していきます!

スポンサーリンク

「錦見鋳造」魔法のフライパンとは?

「錦見鋳造」魔法のフライパンとは?

魔法のフライパンは、三重県の町工場である錦見(ニシキミ)鋳造株式会社が生み出した鉄鋳物フライパンです。

発売以来、高級フライパンにも関わらず12万個の爆発的なヒット商品となり、購入するのに30ヵ月待ちという驚くべき記録を打ち立てました。

テレビや雑誌などでも大きな話題となった魔法のフライパンですが、そもそもなぜそこまでの人気を博したのでしょうか?

ここでは魔法のフライパンの実力を徹底解説していきます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

くま子さん(@kumako1108)がシェアした投稿 -

「錦見鋳造」魔法のフライパンを徹底解説!

「錦見鋳造」魔法のフライパンを徹底解説!

鉄フライパンは、従来から使用されていたフライパンですが、「魔法のフライパン」はなぜここまでヒット商品になったのでしょうか?

その理由について、詳しく分析していきます!

素材へのこだわり(鋳鉄製)

素材へのこだわり(鋳鉄製)

通常の鉄フライパンは鉄板をプレスするなどして成型しますが、魔法のフライパンは鋳鉄製であり、鋳型に高温の溶けた鉄を流し込んで成型します。

プレスするとフライパンの底だけ薄くなってしまうなど、全体的にバランスが悪くなりがちです。

しかし、鋳型を使えばフライパンの面を一定の厚さに維持することができ、なおかつ製品による形状のバラつきを防ぐことができます。

また、鋳鉄製品を作る場合には炭素を混ぜますが、これがフライパンの中にも入り込んでおり、遠赤外線効果をもたらします。

これにより食材の内部までしっかりと熱が通り、美味しさを引き立たせてくれます。

【関連記事】
鋳物フライパン(スキレット)の魅力やメリット&デメリット

「薄さ」へのこだわり

「薄さ」へのこだわり

一般的な鉄フライパンの底の厚さは4~5mmほどと言われています。

しかし、魔法のフライパンの厚さはなんと「1.5mm」と世界最薄で、他のフライパンと比較しても1/3という薄さを誇っています。

一般的な鉄フライパン 4mm~5mm
魔法のフライパン 1.5mm

これはプレス式の鉄フライパンには実現できないことであり、また通常の鋳鉄技術でも難しいことです。

魔法のフライパンは、JIS規格で定められた寸法公差(製品ごとのバラつき)のわずか1/20にとどめるほど精密な鋳造法を確立しています。

錦見鋳造が持つ鋳鉄製造の技術を総動員し、10年の歳月をかけて生み出した業界の常識を打ち破る薄さの鋳鉄製フライパンです。

フライパンの厚さは熱伝導率(熱の伝わりやすさ)に大きく影響します。

魔法のフライパンは食材に均一に熱が伝わるため、誰でも美味しく仕上げることができるのです。

「軽さ」へのこだわり

「軽さ」へのこだわり

鉄のフライパンと聞くと「重そう!」という印象を抱く人も多いのでは?

一般的な鉄フライパンの重さは、26cmのものでおよそ1,200g~1,800gほどで、鋳物のフライパンともなるとさらに平均重量は増えます。

一方で、魔法のフライパンの重さは980gと、一般的なものと比較しても1~3割ほど軽く作られています。

一般的な鉄フライパン 1200g~1800g / 26cm
魔法のフライパン 980g / 26cm

鋳鉄ですので圧倒的に軽くすることは難しいですが、この差は実際に魔法のフライパンを手に取った際にすぐにわかります。

女性でも簡単に扱いやすく、実際に料理をしていても手首が疲れることは滅多にありません。

その他のこだわり

IHにも使用可能で、200℃に至るまでにわずか44秒しかかかりません(900WのIH調理器具で加熱した場合)。

鉄フライパンで調理することにより、若干量の鉄分が溶け出します。

鉄分は全身に酸素を行き届けるために重要で、近年問題視されている女性や子供の鉄分不足を補う助けになります。

魔法のフライパンの最新価格をチェックする

スポンサーリンク

「錦見鋳造」魔法のフライパンは焦げやすい?

「錦見鋳造」魔法のフライパンは焦げやすい?

魔法のフライパンには、ネガティブな口コミが見受けられます。これらのほとんどが「焦げ付き」に関するものです。

確かに、魔法のフライパンは特殊なコーティングが施されていないため、一般的なフライパンよりも焦げ付きやすいということがあります。

しかし、実はちょっとしたことを意識するだけで、すぐに焦げ付きを回避できてしまいます。

洗剤で洗ってはいけない

魔法のフライパンは、油がフライパンに馴染むことによって、焦げ付きを防ぎます。

そのため、洗剤の使用は基本的に厳禁になります。ただし、購入して1回目の使用の前には洗剤を使用しても構いません。

油をフライパンに馴染ませる

「油ならし」、「油返し」、「焼き込み」などと表現されますが、使い始める前や使い終わったあと(水とたわしで洗ったあと)などに、鉄フライパンを熱して油を垂らして馴染ませます。

余分な油は拭き取り、表面に油の膜ができたような状態のまま保管します。

こうすることで、例えば次回チャーハンなどを作った際なども、パラパラした仕上がりになり、焦げ付くこともありません。

他のコーティングされたフライパンと比較しても大差ありませんし、コーティングが剥がれたフライパンとは比べものになりません。

ひと手間ではありますが、使えば使うほど味が出るのも魔法のフライパンの良さと言えます。

「錦見鋳造」魔法のフライパンの口コミや評判

魔法のフライパンの評判

実際に魔法のフライパンを購入したユーザーに口コミや評判を見ていきましょう。

  • 軽すぎず、重すぎないので、扱いやすい。
  • 定価が高かったけど、モノ自体は最高です。
  • コーティング系のフライパンには戻れません。
  • フライパンのフォルムと食材の焼き上がりが最高。
  • 思い切って購入して正解でした!

魔法のフライパンは多くのユーザーから高評価の意見が見られました。特にテフロンなどのコーティング系のフライパンから買い替えたユーザーは、「料理の焼き上がりの違いに驚いた」という声が多くみられます。

ただし、その一方で魔法のフライパンを「買い替えてすぐ焦げ付かせてしまった。」との意見も。

魔法のフライパンの扱い、特に洗剤を使用しないという点をしっかりと頭に入れておく必要がありそうです!

「錦見鋳造」魔法のフライパンのラインナップ

現在、魔法のフライパンは「24cm」「26cm」「28cm」の3種類で展開がされています。全てのタイプで、電磁調理器(IH)に対応しています。

また、中華料理をつくる際に便利な「魔法の北京鍋」のシリーズも「27cm」「29cm」の2種類で展開。ご自宅でチャーハンなどの中華料理をよく行うという方はコチラがおすすめです。

ご使用の用途や、重さ、ご家族の人数などで、適切なサイズを選ぶようにしましょう。

魔法のフライパン 24cm

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:16,000円~
  • サイズ(外形,深さ,底径):24×4.3×15cm
  • 重さ:850g
  • IH調理器:◯

1人分~2人分の調理に向いた大きさです。一人暮らしの方はコチラのサイズで充分でしょう。

また、お弁当のおかず作りにも向いたサイズのフライパンです。

魔法のフライパン 26cm

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:18,000円~
  • サイズ(外形,深さ,底径):26×4.5×16cm
  • 重さ:980g
  • IH調理器:◯

2人~3人分の調理に向いたサイズのフライパンです。お肉を焼いたり、炒め物をする際には、コチラの方が使い勝手がよくなっています。

魔法のフライパン 28cm

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:20,000円~
  • サイズ(外形,深さ,底径):28×5.0×17.5cm
  • 重さ:1150g
  • IH調理器:◯

4人以上の調理をする際には、28cmがおすすめです。サイズは大きくなるので、扱いはやや難しいですが、幅広い調理が可能なことから、1番人気のサイズになっています。

魔法の北京鍋 27cm

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:20,000円~
  • サイズ(外形,深さ,底径):27×7.0×12cm
  • 重さ:1280g
  • IH調理器:◯

中華料理を頻繁に作る方におすすめの「魔法の北京鍋」。2人~3人分のチャーハンや焼きそばを作ることが可能です。

魔法の北京鍋 29cm

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:20,000円~
  • サイズ(外形,深さ,底径):29×7.5×13cm
  • 重さ:1480g
  • IH調理器:◯

29cmの大きなサイズなので、炒め物だけでなく揚げ物もラクラク調理が可能です。

スポンサーリンク

錦見鋳造「魔法のフライパン」に関するQ&A

魔法のフライパン製造秘話

 ある新聞記事が目にとまった。"どんな業界でも生き抜くためには、価格競争ならば他社より3分の1安くするか、技術競争ならば他社より3倍難しいことをやれるかどうか"。「これだ!と思いました。価格競争はキリがない。それならうちは他社よりも3倍難しいことをしよう、と」。このときから錦見氏の自社製品づくりがはじまった。
引用:http://hanjohanjo.jp/

バブル崩壊後にメーカーからの厳しい値下げ要求を受けた社長の錦見氏は、技術と品質へのこだわりを追求し続け、苦難の末に魔法のフライパンは誕生しました。

現在では世界中から注文が殺到しているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方