フライパンひとつで料理変わる!
ピントルのフライパン専門ページ

おすすめの記事はコチラ
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方

安いのに焦げ付かないフライパンおすすめランキング

おすすめの焦げ付かないフライパン

星の数ほどあるフライパン。中でも「焦げ付かない」と謳っているフライパンも数多くあります。

価格も様々であり、数万円するものから数百円で購入できるフライパンもあります。

高いフライパンが高性能なのは当然ですので、安くて焦げ付かない「お得な」フライパンをランキング形式でご紹介しますので、フライパン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

安いのに焦げ付かないフライパンとは?

安いのに焦げ付かないフライパンとは?

せっかく新しくしたフライパンがすぐに焦げ付いてしまった、なんて経験をされて方も多いのでは?

焦げ付かないフライパンが欲しいところですが、結論から申し上げますと、永久に焦げ付かないフライパンは現在までに発明されていません。

「焦げ付かない!」と謳っているフライパンは数多く発売されていますが、焦げ付かない期間には限りがあります。

そもそも焦げ付かないフライパンとは、フライパンの調理面に施されたコーティングによってもたらされます。「テフロン加工」「フッ素加工」といったものがこれに当たります。

コーティングの種類によって、フライパンの価格にも安いものから高いものまであります。ただし、安いフライパンだからといって必ずしも焦げ付きやすいという訳ではありません。

そこでこの記事では、安い価格ながらも耐久性をもった「お得」な焦げ付かないフライパンをランキング形式でご紹介していきます!

【関連記事】
フライパンの表面加工(コーティング)の種類と特徴
失敗しない!上手で賢いフライパンの選び方

第1位:パール金属 ブルーダイヤモンドコートフライパン

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:3,300円~
  • Amazon評価(2018/11月):3.3/5点(40人)
  • サイズ(cm):20,24,26,28,30
  • 重さ:約780g(26cm)
  • IH調理器:◯

おすすめの安くて焦げ付かないフライパン第1位は、パール金属のブルーダイヤモンドコートフライパン」です。

パール金属とは、新潟に本社を構えるキッチン用品メーカーで、圧力鍋やフライパンで有名なメーカーです。性能の高さと価格の安さからAmazonのフライパン部門で長らく売上1位を獲得している大人気のフライパンです。

耐久性を高めるためにフッ素樹脂にブルーダイヤモンドを混ぜてコーティング。ダイヤモンドの硬度がコーティングの耐久性を向上させるため、長期間使用していても焦げ付きません。

「焦げ付き」「コストパフォーマンス」「耐久性」を総合的に考慮して、最もおすすめのフライパンです!

この商品の最新価格をチェックする

スポンサーリンク

第2位:T-fal (ティファール) IHルビー・エクセレンス

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:3,600円~
  • Amazon評価(2018/11月):4.1/5点(439人)
  • サイズ(cm):21,26,28
  • 重さ:約1080g(26cm)
  • IH調理器:◯

おすすめの安くて焦げ付かないフライパン第2位はティファールの「IHルビー・エクセレンス」です。

ティファールはもう説明が必要ないほど有名なキッチン用品メーカーであり、世界で初めて「焦げ付かない」フライパンを開発したと言われています。

このフライパンは、性能的には特筆すべきポイントはありません。「使い勝手」や「デザイン」、「耐久性」、「焦げ付き難さ」などほぼ全ての項目で平均点以上を獲得するバランスの良さが魅力です。

価格が安い点も大きなメリットであり、おおむね3,000円~4,000円程度で購入することができます。安くてそれなりのフライパンを求めるなら、おすすめのフライパンです!

この商品の最新価格をチェックする

【関連記事】
ティファール(T-fal)の評判とおすすめのフライパン

第3位:パール金属 フォアIH対応フライパン

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:1,300円~
  • Amazon評価(2018/11月):3.6/5点(518人)
  • サイズ(cm):18,20,24,26
  • 重さ:約330g(18cm)
  • IH調理器:◯

おすすめの安くて焦げ付かないフライパン第3位は、パール金属の「フォアフライパン」です。

パール金属とは、新潟に本社を構えるキッチン用品メーカーで、圧力鍋やフライパンで有名なメーカーです。

このフライパンの特徴は、何と言っても価格の安さです。24cmのサイズでも2,000円以下で購入することのできる超格安フライパンになっています。

もちろん安さだけでなく「焦げ付きにくさ」も抜群。表面にテフロン加工(フッ素)が施されており、ユーザーからも高い評価を受けています。

価格を最大限に抑えながらも、焦げ付かないフライパンが欲しいという方はコチラのいフライパンがおすすめです!

この商品の最新価格をチェックする

第4位:和平フレイズ マーブルコートフライパン

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:2,800円~
  • Amazon評価(2018/11月):4.1/5点(140人)
  • サイズ(cm):20,22,26,28
  • 重さ:約720g(26cm)
  • IH調理器:◯

おすすめの安い焦げ付かないフライパン第4位は、和平フレイズの「マーブルコートフライパン」です。

和平フレイズは新潟県に本拠を置くキッチン用品メーカーです。マーブルコートフライパンとはフッ素加工の1種であり、耐久性を高めるために大理石の粉を混ぜてコーティングしたフライパンです。

このフライパンは、2種類の大理石を使用したダブルマーブルコーティングであり、マーブル以外にも4層のコーティングが施されています。

それゆえ耐久性が非常に高く、「食材のくっつき難さ」が長続きします。価格もおおむね2,000円前後と安いので「お得」なおすすめのフライパンです。

この商品の最新価格をチェックする

スポンサーリンク

第5位:北陸アルミニウム センレンキャストフライパン

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:4,900円~
  • Amazon評価(2018/11月):4.3/5点(990人)
  • サイズ(cm):18,20,22,24,26,28,30,33,36
  • 重さ:約620g(26cm)
  • IH調理器:◯

おすすめの安い焦げ付かないフライパン第5位は北陸アルミニウムのセンレンキャストフライパン」です。

北陸アルミニウムは富山県に本拠を構えるアルミ合金メーカーであり、フライパンなどの調理器具やインテリア、工業用品の製造を行っているメーカーです。

このフライパンは4位までに紹介したフライパンよりも少し価格が高いですが、優れた耐久性を有しています。

テフロン加工を発明したデュポン社の最高ランクのコーティング「プラチナプラス」が施されており、高密度の4層コーティングによって普通のテフロン加工よりも7倍長持ちします。

長い目で見ると非常にお得な、おすすめのフライパンです。

この商品の最新価格をチェックする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方