フライパンひとつで料理変わる!
ピントルのフライパン専門ページ

おすすめの記事はコチラ
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方

ダイヤモンドコートフライパンの特徴と口コミや評判

ダイヤモンドコートフライパンの特徴

ここ数年で急速に普及した新しいフライパン「ダイヤモンドコートフライパン」。

表面の加工にダイヤモンドが使われたフライパンであり、「焦げ付きにくさ」と「高い耐久性」から一気に定番のフライパンの仲間入りを果たしました。

そんな、ダイヤモンドコートフライパンの特徴や注意点、評判についてご紹介します。

スポンサーリンク

ダイヤモンドコートフライパンとは?

ダイヤモンドコートフライパンとは?

フライパンと言えば一昔前までは鉄製の物がほとんどでしたが、現在ではアルミなどにフッ素(テフロン)などでコーティングしたフライパンが主流となっています。

コーティングにはフッ素(テフロン)以外にも多くの種類があり、最近ではセラミックコーティングのフライパンも増えています。

中でも、数年前から存在感を示しているのが「ダイヤモンドコーティング」のフライパンです。「焦げ付かない」ことをウリに販売された「ダイヤモンドコートフライパン」は、テレビ通販などで話題となり、現在では多くのメーカーから展開されています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mmm_yyaさん(@mmm_nutri)がシェアした投稿 -

ダイヤモンドコートフライパンとは、実はフッ素加工の1種です。

ダイヤモンドコートフライパンもフッ素フライパンと同様に、「焦げ付きにくい」特徴を有しています。異なる点は、コーティングの剥がれ易さの違いです。

フッ素加工フライパンの弱点は、コーティングの剥がれ易さです。この弱点を克服するために、非常に硬い粒子である「ダイヤモンド」を混ぜてコーティングしたのがダイヤモンドコートフライパンです。

【関連記事】
フライパンの表面加工(コーティング)の種類と特徴
フッ素(テフロン)加工フライパンの魅力や特徴

ダイヤモンドコートフライパンの特徴

ダイヤモンドコートフライパンの特徴は、フッ素加工フライパンのコーティングの剥がれ易さを克服した点にあります。

フッ素(テフロン)加工フライパンが発明された1960年から現在まで50年以上の間、研究が続けられてきたのがコーティングの耐久性です。

その研究の結果開発されたのが、ダイヤモンドコートフライパンです。硬度の高い粒子である「人工ダイヤモンド」を混ぜることによって、通常のフッ素加工フライパンを遥かに超える耐久性を獲得しました。

それゆえ、ダイヤモンドコートフライパンは摩耗に強く、コーティングが剥がれにくいという特徴を有しています。

「食材がフライパンにくっつきにくく、調理やお手入れが楽になる」というフッ素加工フライパンのメリットを長く享受できることがダイヤモンドコートフライパンの特徴です。

ダイヤモンドコートフライパンの注意点

ダイヤの粉を混ぜることによって、通常のフッ素加工フライパンよりも高い耐久性を獲得したダイヤモンドコートフライパンですが、フッ素加工の1種には変わりありませんので、注意点があります。

金属の調理器具の使用には注意

ダイヤモンドコートフライパンは剥がれにくくなったとはいえ、コーティングが全く剥がれない訳ではありません。ですので、通常のフッ素加工フライパンと同様に、金属製のフライ返しなどの調理器具の使用は避けた方が良いでしょう。

空焚きにも注意

また、温度にも注意が必要です。ダイヤモンドコートフライパンもフッ素加工の1種ですので、390度を超えるとコーティングが溶けて有毒ガスが発生する可能性があります。

一般的には250度までであれば危険はないとされていますので、通常の調理を行う分には問題ありません。

注意が必要なのは、「空焚き」です。空焚きを行えば、あっという間にフライパンの温度は200度を超えてしまいます。

家庭での調理は中火で十分なことが多いので、強火の使用を控えるだけでもフライパンを長持ちする要因となります。

ダイヤモンドコートフライパンの評判

ダイヤモンドコートフライパンを実際に使用した人による評判をまとめてみると、以下のような意見が多かったです。

  • 本当に食材がくっつかなくて感動した。
  • 傷がつきにくく、丈夫。
  • 油を調理に使わなくても済むので、重宝している。
  • 洗い物が楽になった。

好意的な意見が非常に多かったのが印象的です。

また、実際に使用した場合にどのくらいの期間でコーティングが剥がれるかについてですが、使用頻度や使い方、ダイヤモンドコートフライパンの種類によって結果は様々だと思いますが、平均すると1年前後という評判が多かったです。

短い人で6か月程度で剥がれたという人もいますが、2年半は剥がれなかったという人もいましたので、種類や使い方によって前後しますが、一般的なフッ素加工フライパンよりも耐久力に優れていることが分かります。

おすすめダイヤモンドコートフライパン

おすすめダイヤモンドコートフライパン

パール金属 ブルーダイヤモンドコートフライパン

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:3,300円~
  • Amazon評価(2018/11月):3.3/5点(40人)
  • サイズ(cm):20,24,26,28,30
  • 重さ:約780g(26cm)
  • IH調理器:◯

おすすめのダイヤモンドコートフライパンは、パール金属の「ブルーダイヤモンドコートフライパン」です。大手通販サイトamazonのフライパン部門で長らく1位を獲得している大人気のフライパンです。

耐久性に優れたブルーダイヤモンドでコーティングされており、コーティングも3層なので非常に高い耐久性を持っています。

焦げ付きにくさはもちろん優れており、価格も安く、IH対応や深さのあるタイプなど種類も豊富な点も魅力です。非常におすすめなダイヤモンドコートフライパンです。

【関連記事】
安いのに焦げ付かないフライパンおすすめランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方