フライパンひとつで料理変わる!
ピントルのフライパン専門ページ

おすすめの記事はコチラ
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方

アルミフライパンの魅力やメリット&デメリット

アルミフライパンの魅力

イタリアンのお店でスタイリッシュなアルミフライパンを見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?

アルミフライパンは、扱いが難しいフライパンではありますがリーズナブルで軽いというメリットがあります。

ここでは、そんなアルミフライパンの特徴やメリットについて紹介していきます!

スポンサーリンク

アルミフライパンの特徴

アルミフライパンの特徴

他の素材のフライパンに比べて、軽くてリーズナブルな価格で手に入れることのできる「アルミフライパン」。アルミパンと呼ばれることもあります。

熱伝導に非常に優れているフライパンである反面、高温になると食材がひっつきやすいので、やや扱いが難しいという側面もあります。

使用の用途としては、パスタを作るときに最適なフライパン。むしろパスタ専用フライパンといっても過言ではないほどです。

メインのフライパンというよりは、使い分けるためのフライパン(サブフライパン)として購入されることが多くなっています。

そういう意味では「料理をする頻度が高い人」が使いこなせるのがアルミフライパンの特徴であり、調理に慣れていない人だと扱いが大変かもしれません。

アルミフライパンのメリット

アルミフライパンのメリット

  • 軽いので煽りやすい。
  • 熱伝導が良いので細かい火力調整がしやすい。
  • 銀色なのでソースや食材の色(状態)がわかりやすい。

パスタ専用と言われるだけあってパスタを調理するのに適したメリットばかり揃っています。

熱伝導の良さから火の加減を調整しやすいので料理慣れしている人に最適であるといえます。

また、ソースの調整やワインを加えた際のアルコールを飛ばす工程もやり易くなっています。

アルミフライパンのデメリット

アルミフライパンのデメリット

  • 食材がひっつきやすいので扱いが難しい。
  • 高温、強い酸やアルカリに弱いので強火が必要な調理に向いていない。
  • 油なじみが良いわけではないので「焼く・炒める」には向いていない。

デメリットを見て分かる通りかなりピーキーなフライパンであることがわかるかと思います。

料理初心者の人はアルミフライパンを選ばないのが無難かもしれません。

パスタのような水分が多い調理方法には向いてますが、普段使いのフライパンとしては使用するのは難しいと言わざるを得ません。

アルミフライパンを選ぶポイント

アルミフライパンを選ぶポイント

アルミフライパンを選ぶ際のポイントはサイズ選びにあります。

軽い分ちょっと大きめのサイズのアルミフライパンを買っても重くて使いづらいということがありません。

それに加えてパスタで使用する場合に大きいサイズの方が調理しやすいメリットもあります。

リゾットを作るのにも向いているので、調理しやすい大きめのアルミフライパンを選ぶように意識してみると失敗がないでしょう。

【関連記事】
失敗しない!上手で賢いフライパンの選び方

スポンサーリンク

アルミフライパンの洗い方

アルミフライパンの洗い方

気になるアルミフライパンのお手入れの方法ですが、使用後は他の食器と同様に、中性洗剤を使用して普通に洗って問題ありません。

もしもアルミフライパンが焦げ付いてしまった場合は、水を入れて軽く沸騰させ、冷ましてからタワシやスポンジでこすると、手入れがしやすくなります。

使用前のお手入れ方法

アルミフライパンを買ったら調理で使う前に、まずお米を研いだ汁とクズ野菜を一緒に煮立てることによって黒ずみや変色を防ぐことができます。

また、黒ずみが付いてしまった場合は水とレモンを10分前後煮立たせることによって取り除くことができます。

【関連記事】
フライパンのコゲ落としと素材別の手入れ方法

おすすめのアルミフライパン

おすすめのアルミフライパン

アルミフライパンの中でも特におすすめな商品を紹介します。

パスタ作り用などでアルミフライパンを探している人はぜひチェックしてみてください。

【関連記事】
人気のアルミフライパンおすすめランキング

中尾アルミ製作所:アルミフライパン

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:5,200円~
  • Amazon評価(2018/11月):4.0/5点(6人)
  • サイズ(cm):15,18,21,24,27,30,33,36
  • 重さ:約900g(27cm)

日本製の鍋で非常に知名度が高い人気メーカーなのが中尾アルミです。

料理のプロからも長年認められているほどの実績もある信頼あるフライパンを展開しています。軽くて扱いやすいのはもちろん、加工がされていないので長く使っていくことができます。

取っ手もアルミなので熱くなってしまう為、ミトンなどのアイテムが必要になります。熱伝導が非常に良いので余熱で調理もできる優れたアルミフライパンとしてぜひおすすめしたい逸品となっています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フライパン倶楽部さん(@furaipanclub)がシェアした投稿 -

北陸アルミのマイスター

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:4,900円~
  • Amazon評価(2018/11月):3.3/5点(44人)
  • サイズ(cm):18,21,24,27,30,33,36
  • 重さ:約900g(24cm)
  • IH調理器:×

非常に多くの種類のフライパンを展開しているアルミニウム製品のメーカーが北陸アルミです。

北陸アルミが展開しているフライパンをパスタ用に使用している人が多く、使い勝手がよくパスタを美味しく作れるフライパンとしておすすめの商品となっています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mariさん(@cyobibinba)がシェアした投稿 -

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方