フライパンひとつで料理変わる!
ピントルのフライパン専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方

鉄フライパンの魅力やメリット&デメリット

鉄フライパンの魅力

プロの料理人も使用している鉄フライパン。長く使っていける一生ものとして使っていくほどに使いやすく味が出るフライパンとして人気があります。しかし中には「面倒そう」、「敷居が高そう」と思っている人もいるかと思います。

ここではそんな、鉄フライパンの特徴やおすすめの商品を紹介していきます。

スポンサーリンク

鉄フライパンの特徴

鉄フライパンの特徴

長く使用できおいしく料理を作れることから人気となっている鉄フライパン。他の素材のフライパンに比べて重く、サイズによっては女性が取り扱うには少々大変な場合もあるかもしれません。

しかし高温調理に向いているフライパンなので中華料理などが特に向いていますし、手入れをしっかりしていけば使い勝手の良いフライパンとして長く使っていくことができますし、なにより丈夫で焦げにも強いのが魅力となっています。

「煮る・蒸す」などの水分を多く調理に使う調理には向いていませんが、「炒める・焼く・揚げる」という調理法にはこれ以上ないほど適したフライパンになっているのが特徴です。

鉄フライパンのメリット

  • 高温に強く熱伝導に優れている。
  • 丈夫で傷にも強い。
  • 使うほどフライパンに油が馴染むので焦げ付きにくくなる。

鉄フライパンは上記のメリットがあるので短時間で美味しく調理を行うことができます。丈夫なので変形もしづらいですし、なにより傷に強いので汚れや焦げ付きなどをタワシなどでゴシゴシ洗うことができます。洗剤を使う必要がありません。

使っていくと油が鉄フライパンにどんどん馴染んでいくので焦げ付き防止にもなるので、使いづらいイメージが強いフライパンではありますが、長い目で見ると使い勝手に優れたフライパンであることがわかると思います。

鉄フライパンのデメリット

  • 初めて使用する際の下準備や使用後の空焼きが必要。
  • サイズによっては重く扱いづらい。
  • 熱伝導が良いので焦げ付きに注意しないといけない。
  • 煮物や茹でる調理法に不向き。

手入れによって長く便利に使っていけるのが鉄フライパンの特徴ではありますが、防錆加工を取り除くための空焼きや、調理後錆にならないようにする為に水分を飛ばす為の空焼きが必要になるので、他のフライパンに比べてると人によっては若干手間に感じる人もいると思います。重い素材なので特に女性はサイズによって扱うのが大変かもしれません。

熱伝導が非常に良いので火加減に注意する必要があり、油を鉄フライパンに馴染ませて使っていくので油が浮いてしまう水分を多く使う煮物や茹でるなどの調理には向いていない点がデメリットです。

鉄フライパンで作った料理は健康に良い?

鉄フライパンで調理をすることによって料理で鉄分を摂取することができることが実証されています。

しかし基本的には貧血を治したいというレベルの即効性や効能を期待できるほどではありません。簡単にいうとサプリメント程度と思ってもらうとわかりやすいかと思います。

なにかと不足しがちな鉄分を鉄フライパンで調理するだけである程度摂取できるのは意外と魅力的な部分ではないでしょうか。健康の維持に気をつけている人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

購入前に知っておきたい選び方のポイント

鉄フライパンの選び方のポイントは、鉄フライパンにどのような加工がされているかです。最近では初使用前の空焼きや油返しが必要のない鉄フライパンも販売されてきています。油返しとは鉄フライパンに油を馴染ませる作業を指します。購入前にはどんな手入れが必要か必ず確認してください。

もう1点はサイズです。鉄フライパンは鉄の性質上どうしても重くなります。毎日使うフライパンだからこそ取り回しが大事になると思うので、あまり大きすぎる鉄フライパンを選んでしまうと女性は調理する時重くてつらいかと思います。大きさも重要ですが使いやすさも考慮したサイズにするのをおすすめします。

「どんな加工がされているのか、どのサイズが使う人にとって適切か」をポイントに適した鉄フライパンを選んでみてください。

>>賢いフライパンの選び方について詳しくはコチラ

鉄フライパンの手入れ

鉄フライパンの手入れ&洗い方

鉄フライパンを長く便利に使っていく為には手入れや洗い方が大事になってきます。鉄フライパンの長所をなくさない為にも重要なポイントなのでしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

鉄フライパンの焼きこみ(油ならし)

鉄フライパンは初めて使用する前に防錆加工を取り除く為に焼きこみが必要になります。この防錆加工はあくまで製品としてされているもので、取り除かないと油に馴染ませることができません。まず買ったら料理で鉄フライパンを使用する前

  1. 洗剤で汚れを洗い流し水分をしっかり取る。
  2. 中火以下で熱し温まってきたら強火にする。製品にもよりますが目安は15分前後。
  3. 満遍なく熱したら十分に冷ました後、洗剤で洗い水分をしっかり取ります。
  4. 油をひいて加熱し塗料がしっかり浮き出たらお湯で流しながらこすり洗い。必ず換気しながら行ってください。
  5. くず野菜を炒めて油を馴染ませて終了。

購入した鉄フライパンを初めて使用する際はこの焼きこみ作業が必要になります。最近では焼きこみが必要がない鉄フライパンも販売されているので、どんな加工がされているのか購入前にチェックしましょう。

鉄フライパンの洗い方

鉄フライパンが暖かいうちに新聞などで大まかな汚れを取り、洗剤を使わずに水やお湯を使って洗いましょう。スポンジやたわしを使用します。洗剤を使うと鉄フライパンに馴染んだ油も落としてしまうので注意が必要です。

焦げの取り方は、まず焦げが隠れるくらいの水を入れ煮立たせます。焦げがふやけてきた所を火からおろしてスチールたわしでこすり落とします。落とし終わったら水洗いして火にかけて乾燥させます。

>>フライパンの手入れについて詳しくはコチラ

おすすめの鉄フライパン

料理を美味しく作ることができる鉄フライパンですが、その中でも特におすすめな鉄フライパンを紹介します。自分のニーズに合う鉄フライパンを選んでみてください。

>>人気の鉄フライパンはコチラ

柳宗理 鉄フライパン

現在の価格はコチラ

鉄フライパンで非常に人気が高いのが柳宗理の鉄フライパンです。フライパンの表面に凹凸のある特殊ファイバーライン加工によって、油の馴染みが良く鉄フライパンで心配になってしまう焦げも付きにくいのが特徴の鉄フライパンです。

フライパンの左右に注ぎ口が張り出している独特な形状も特徴となっているので料理を移すのに便利になっているおすすめの鉄フライパンです。

>>柳宗理の鉄フライパンの実力を徹底解説

リバーライト 極シリーズ

現在の価格はコチラ

錆びにくい鉄フライパンとして絶大な人気を獲得している鉄フライパンがリバーライトの極(きわめ)シリーズの鉄フライパンです。

手入れや洗い方が重要な鉄フライパンですが、特殊な熱処理によってお手入れが簡単になっているのが最大の魅力です。油なじみも良く後片付けも簡単になっているぜひおすすめしたい鉄フライパンとなっています。

>>極フライパンの実力を徹底解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
セラミックフライパンおすすめランキング
セラミック
おすすめ
人気の鉄フライパンおすすめランキング

おすすめ
人気のステンレスフライパンおすすめランキング
ステンレス
おすすめ
人気のアルミフライパンおすすめランキング
アルミ
おすすめ
上手で賢いフライパンの選び方
フライパン
選び方