人気ランキングから上手な選び方まで
ピントルのコーヒーメーカー専門ページ

>> よく読まれる人気記事はコチラ <<
コーヒーメーカーの注目ブランド人気ランキング注目ブランド
人気ランキング
全自動ミル付きコーヒーメーカー人気ランキング全自動ミル付き
人気ランキング
1万円以内で買えるコーヒーメーカー人気ランキング1万円以内
人気ランキング
選ぶ前に知りたいコーヒーメーカーの性能を徹底比較性能
徹底比較
賢く選ぶために知っておきたいコーヒーメーカーの種類賢く選ぶ
種類別

象印マホービン(Zojirushi)の特徴とおすすめコーヒーメーカー

象印マホービン(Zojirushi)

タイガー魔法瓶のライバル企業として全国的に知名度が高く、魔法瓶だけでなく、炊飯器や電気ポットやコーヒーメーカーといった家庭用キッチン家電などを中心に製造販売を行うブランド、それが『象印マホービン』です。

コーヒーメーカーに関しては、専門的というよりもどんな方でも気軽に使える点が人気となっていると言えるでしょう。ここではそんな『象印マホービン』のコーヒーメーカーについておすすめ口コミ・評判などを紹介していきます。

スポンサーリンク

象印マホービン(Zojirushi)とは

象印マホービン(Zojirushi)とは

元々は創業者である市川金三郎と市川銀三郎の兄弟が、魔法瓶の製造を目的として「市川兄弟商会」を作ったことが始まりとなっています。当初は内瓶のみの製造であったものが1948年に株式会社協和製作所を設立してからは魔法瓶自体の製造販売を行うようになりました。

その後は魔法瓶以外にも、一般の家庭で使われるようになっていった炊飯器や電気ポット、ホットプレートなどのキッチン家電を製造するようになっていき、コーヒーメーカーも作られるようになっていきます。

社名にある像は、アジアで神聖な生き物とされていたこと、またひとたび怒ればライオンをも倒すといわれる強さから取られたとされています。またアジアで最も強いとされていた虎をライバルであるタイガー魔法瓶にたとえ、対向意識を燃やしたとする意見もあるようです。

実際に象印マホービンのマホービンがカタカナ表記となっているのは、漢字にするとすべて漢字で堅苦しくなるという以外にも、タイガー魔法瓶とは逆に動物部分を漢字に、後ろの部分をカタカナにという意図があったとも言われています。

>>タイガー魔法瓶のコーヒーメーカーについて詳しくはコチラ

象印マホービン(Zojirushi)のおすすめコーヒーメーカー

象印マホービンから展開されているコーヒーメーカーの大きな特徴の一つが、リーズナブルでオーソドックスなタイプのものが多いという点でしょう。エスプレッソを作れるタイプのものはなく、コーヒーのみを楽しむことができるタイプのみとなっています。

最近のコーヒーメーカーにみられるような、専門的で機能的、エスプレッソからカプチーノまで様々にというよりも、自宅で手軽においしいコーヒーを楽しむために堅苦しくないコーヒーメーカーをという印象を受けます。

それゆえ値段に関しても非常に安価なものが多く、手軽にコーヒーメーカーを自宅に導入することができます。あまり難しそうなものよりもとにかく手軽でそれでいて簡単にコーヒーが作りたい方にはおすすめです。

売れ筋の象印コーヒーメーカー、<『象印マホービン』珈琲通 EC-TC40>

現在の価格はコチラ
容量
ポンプ気圧
抽出時気圧
サーバータイプ
フィルタータイプ
4杯分
ガラス容器
紙フィルター
コーヒー
エスプレッソ
カプチーノ
ミルの有無
ドリップ
ストッパー
浄水
脱着タンク
スイング
バスケット

象印マホービンのコーヒーメーカーの中でも非常に売れ行きが良く、使用した方からの評価も高かった「珈琲通 EC-TB40」の後継機となった、「珈琲通 EC-TC40」が売れ筋のコーヒーメーカーとなっています。

コーヒー豆が持つ本来の香りや美味しさを引き出すために邪魔となるカルキを、しっかりと取り除く浄水機能が搭載されていて、カルキ初期除去率は98%となっています。

必要以上の機能を付けずに、自宅で簡単手軽にコーヒーを楽しむことが出来るという点が人気の要因となっているようです。

ミル付き象印コーヒーメーカー、<『象印マホービン』珈琲通 EC-VL60>

現在の価格はコチラ
容量
ポンプ気圧
抽出時気圧
サーバータイプ
フィルタータイプ
6杯分
ガラス容器
紙フィルター
コーヒー
エスプレッソ
カプチーノ
ミルの有無
ドリップ
ストッパー
浄水
脱着タンク
スイング
バスケット

やっぱりコーヒーは挽きたてが良い、という方におすすめの象印コーヒーメーカーと言えばこちらの「珈琲通 EC-VL60」です。ミル付きとなっているのでその場で豆を挽くことができ、いつでもコーヒーを新鮮なまま楽しむことができます。

コーヒーが持つ本来のコクと香りを最大限に引き出すための「ダブル加熱95℃抽出」というシステムを搭載。熱湯と蒸気で豆を一度蒸らしてからドリップするのでコーヒーの香りをしっかりと引き出します。

お手入れに関しては、スイングバスケットとフィルターケースを取り外すことができるため、洗いやすく清潔に保つことが簡単であることも人気の秘密となっています。この機能を備えて5,000円前後で買えるならば安いですね。

量も重視、象印コーヒーメーカー、<『象印マホービン』珈琲通 EC-JS80>

現在の価格はコチラ
容量
ポンプ気圧
抽出時気圧
サーバータイプ
フィルタータイプ
8杯分
ステンレス容器
フィルターレス
紙フィルター
コーヒー
エスプレッソ
カプチーノ
ミルの有無
ドリップ
ストッパー
浄水
脱着タンク
スイング
バスケット

象印マホービンらしく、ステンレスの魔法瓶を採用しているため、コーヒーをいれた後も美味しく飲める温度のままで保存してくれます。これによってコーヒーのコクと香りをそのままにいつでもおいしいコーヒーを楽しむことが出来るでしょう。

たっぷり8杯分(1.08リットル)も作れるので、急な来客時でもしっかりと対応できる容量となっています。コーヒーを作る時には量も重視しつつも美味しく飲めるコーヒーメーカーをと考える方にはおすすめです。

水タンクは外して使えるので、給水やお手入れがしやすい構造となっています。フィルターケースも外せるのでお手入れを簡単にしたい方のニーズもしっかり満たしたコーヒーメーカーと言えるでしょう。

スポンサーリンク

象印マホービン(Zojirushi)の口コミ・評判

  • 構造がシンプルなのに熱くて美味しいコーヒーが飲めます。(EC-TC40)
  • 安くて美味しくてコンパクト、是非使ってみてほしい。(EC-TC40)
  • 他のミル付きコーヒーメーカーに比べてミルの音が静かです。(EC-VL60)
  • ミル付きなのに小スペース、しかも美味しいので満足です。(EC-VL60)
  • ミルで挽いた後にコーヒーを移しにくいのが難点。(EC-VL60)
  • フィルターを使用した方が美味しいコーヒーが飲めます。(EC-JS80)
  • 容量が多いので場所を取る、保温力がイマイチ、それ以外の部分には満足です。(EC-JS80)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれる人気記事はコチラ <<
コーヒーメーカーの注目ブランド人気ランキング注目ブランド
人気ランキング
全自動ミル付きコーヒーメーカー人気ランキング全自動ミル付き
人気ランキング
1万円以内で買えるコーヒーメーカー人気ランキング1万円以内
人気ランキング
選ぶ前に知りたいコーヒーメーカーの性能を徹底比較性能
徹底比較
賢く選ぶために知っておきたいコーヒーメーカーの種類賢く選ぶ
種類別