人気ランキングから上手な選び方まで
ピントルのコーヒーメーカー専門ページ

>> よく読まれる人気記事はコチラ <<
コーヒーメーカーの注目ブランド人気ランキング注目ブランド
人気ランキング
全自動ミル付きコーヒーメーカー人気ランキング全自動ミル付き
人気ランキング
1万円以内で買えるコーヒーメーカー人気ランキング1万円以内
人気ランキング
選ぶ前に知りたいコーヒーメーカーの性能を徹底比較性能
徹底比較
賢く選ぶために知っておきたいコーヒーメーカーの種類賢く選ぶ
種類別

おしゃれなデザインで注目のおすすめコーヒーメーカー

おしゃれなデザインのコーヒーメーカー

手軽に美味しいコーヒーを飲むために欠かせないアイテムとなっている「コーヒーメーカー」ですが、選ぶ時には機能や性能、価格だけでなくデザインにこだわってみるのはいかがでしょうか?

キッチンなどに出しっぱなしになることが多いコーヒーメーカーですから、インテリアとしても活躍してもらいましょう!ということで、デザインにこだわったおすすめのコーヒーメーカーを厳選して紹介していきます。

スポンサーリンク

おしゃれなコーヒーメーカー選びのポイント

おしゃれなコーヒーメーカー選びのポイント

せっかくだからおしゃれなコーヒーメーカーを選びたいと思っても、どんな基準で選べばよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこでまずは、おしゃれなコーヒーメーカーを選ぶためのポイントについて解説していきます。インテリアとしての要素も兼ね備えたデザイン重視でコーヒーメーカーを選ぼうという方はぜひ参考にしてみてください!

色で選ぶ

インテリアとしてもおしゃれなコーヒーメーカーを選ぶためにまずおさえておきたいのが、です。どんな色のコーヒーメーカーを置くかによってその場所の雰囲気がガラリと変わります。

無彩色系を選ぶ

まず最もベーシックなのは、シルバー系のコーヒーメーカーです。無彩色であることからどんなキッチンやダイニングとも合わせやすく初心者にもおすすめです。

ただし味気ない印象を与えることにもなるので、シルバーのコーヒーメーカーを選ぶのであれば形にこだわる必要があるとも言えるでしょう。

類似色を組み合わせる

続いても初心者向けの色選び。それが類似色を選ぶというやり方です。類似色とは、読んで字の如く似たような色を選ぶということです。

コーヒーメーカーを置く場所の周りの色と似たような色、例えばベージュ系のテーブルにはブラウン系のコーヒーメーカーを選ぶといった具合です。特にコーヒーメーカーのようなワンポイントのアイテムとしてはかなり面積に差が出やすくメリハリもつけやすいのでおすすめです。

補色を選ぶ

類似色は失敗がないかわりに代わり映えがしないのでおしゃれとは思えない。そんな風に感じる方もいらっしゃるかもしれません。そんな方には補色を使うという手段がおすすめです。

補色とは、色相関で反対側にある色のことをいいます。たとえば赤と青緑青とオレンジ黄色と青紫がこれにあたります。ちなみにこの場合もどちらかを差し色として使うと効果的と言われており、インテリアとしてのコーヒーメーカーはもってこいのアイテムとなります。

同色でトーンを変える

色にはトーンがあります。簡単にいえば、同じ青でも濃さ(明度と彩度)によって色合いが異なるということです。ビビッドトーンとペールトーンの組み合わせなどが初心者にはおすすめです。

特にビビッドなどの彩度の高い色をアクセントに使うことでしつこさを薄め部屋全体をおしゃれに魅せることが可能となります。

複数色ならトーンを合わせる

すでにインテリアで複数色使っている方であればすでにご存じかもしれませんが、複数の色を使いたい場合にはトーンを合わせるほうが統一感が出ます。

コーヒーメーカーを置こうとしている場所がビビッドトーンで統一されているのであれば、コーヒーメーカーもビビッドトーンが使われたものがおすすめです。

形で選ぶ

「コーヒーメーカーの種類の記事」でも紹介していますが、コーヒーメーカーには非常に様々な種類があり、形に関してもその種類は豊富です。その中から形がおしゃれなコーヒーメーカーを選ぶのがおすすめです。

例えばサイフォン式のコーヒーメーカーであれば置いてあるだけでもとってもおしゃれな雰囲気を醸し出してくれるでしょう。知らない人であればコーヒーメーカーであることも分からないかもしれませんね。

パーコレーター式のコーヒーメーカーなどもインテリアとしてとってもおしゃれです。自宅に遊びに来た人にも印象に残るデザインのものが多くあると言えるのはないでしょうか。

おしゃれであると同時に機械として自動であることをコーヒーメーカーに求める方ではあれば、少し本格的にエスプレッソマシンがおすすめです。見た目も本格的な製品が多くインパクトは抜群でしょう。

デザインで選ぶ!おすすめおしゃれコーヒーメーカー10選

デザインで選ぶ!おすすめおしゃれコーヒーメーカー10選

ここまでおしゃれなコーヒーメーカーを選ぶ際のポイントについて解説してきましたが、実際にそれらを踏まえた上で見た目にもおしゃれなコーヒーメーカーを厳選しました。

美味しいコーヒーを飲むための機能も兼ね備えつつ、インテリアとしても効果的でスタイリッシュなコーヒーメーカーを紹介していきます。

デロンギ(De'Longhi) / ケーミックスコレクション ドリップコーヒーメーカー

現在の価格はコチラ

おしゃれなコーヒーメーカーを紹介する上でまず欠かすことの出来ない製品と言えるのが、デロンギのケーミックスコレクションです。

世界的に権威のある「レッドドットデザイン賞」を受賞した経験を持つ、デロンギ専属のデザイナーであるDarren Mullen(ダレン・ミューレン)によってデザインされたシンプルながらもスタイリッシュなデザインが特徴のドリップ式コーヒーメーカーです。

カラーバリエーションも非常に豊富なので、キッチンなど置く場所のインテリアに色を合わせたい方にも非常におすすめと言えるでしょう。

アルミやステンレスなどの質感の良い素材を使用し、高級感だけでなく耐久性や堅牢性を兼ね備えたプロダクツデザインであり、シンプルでスタイリッシュな外観はモダンな雰囲気とあいまって様々なタイプの部屋に溶け込みます。

上部のカップラックにカップを置くことで、よりおしゃれなシルエットになるのも魅力です。

レコルト(recolte) / グランカフェデュオ

現在の価格はコチラ

まるで近未来の宇宙船を思わせる丸みを帯びた曲線美が素晴らしいデザインが特徴のレコルトのドリップコーヒーメーカー、「グランカフェデュオ」はまさしくおしゃれなコーヒーメーカーの代表格です。

”笑顔から注がれるコーヒー"というタイトルをつけたくなるようなハッピーなデザインで、角のないシルエットはスタイリッシュでありながらも可愛らしさを持った優れた構図となっています。

無駄のない無骨で男性的な部屋にも、上品で繊細な家具を揃えた女性的な部屋にも、無理なく合わせられるおしゃれデザインと言えるでしょう。

カラーバリエーションに関しても三種類のラインナップが用意されているだけでなく、本体に合わせたマグカップのカラーがコーヒーメーカーのおしゃれさをさらに引き立たせています。

ペーパーフィルターを使用せずゴールドフィルターを繰り返し洗って使用するタイプとなっており経済的にも嬉しい機能性を持っています。

±0(プラスマイナスゼロ) / コーヒーメーカー2カップ

現在の価格はコチラ

置く場所を選ばないシンプルなデザインが大きな特徴のドリップ式コーヒーメーカーです。無駄を極限まで削ぎ落とした非常に現代的なデザインはまさしくおしゃれなコーヒーメーカーと言って間違いありません。

シンプルながらもスタイリッシュなシルエットは出しっぱなしにしても全くインテリアを邪魔しないどころか、ワンポイントとしてのアクセントを与えてくれる存在です。

また横幅が17センチという非常にコンパクトなサイズがどんなキッチンやテーブルでも置きやすいのが大きな特徴と言えるでしょう。

機能面においても活性炭フィルターとシャワーノズルを用いることで美味しいコーヒーが飲めるだけでなく、パーマネントフィルター方式を採用することでフィルターを用意する必要もありません。

手軽さ、おしゃれさ、美味しさの三拍子揃ったコーヒーメーカーとしておすすめです。

クイジナート (Cuisinart) / 全自動タイマー付きコーヒーメーカー

現在の価格はコチラ

その見た目はまさしくスタイリッシュ。「おしゃれ」という表現でも間違いありませんが、どちらかと言うとカッコイイ!と言うのが正しいのではと感じる本格的なミル付きの全自動コーヒーメーカーです。

ステンレスが特徴的なデザインとなっており、どんな色調にも合わせやすくインテリアにおけるカラーコーディネートにこだわりの強い方にもおすすめです。

12杯分ものコーヒーを作ることができるので、ご家族向けに好まれやすいと言えますが、男性の一人暮らしの方のキッチンに置かれていてもその存在感はキッチンをおしゃれに飾ってくれるでしょう。

またミル付きであるために上部にコーヒー豆が見えるのも本格的でおしゃれと言えます。しかも全自動なので夜のうちにボタンを押しておけば、朝にはコーヒーの香りと共に目覚め、美味しいコーヒーをすぐに楽しむことができるでしょう。

機能性と存在感、そしておしゃれにこだわりたい方におすすめのコーヒーメーカーです。

デロンギ(De'Longhi) / エスプレッソマシン(ECO310)

現在の価格はコチラ

古き良きイタリアのカフェを彷彿とさせるレトロでモダンなデザインがとってもおしゃれなエスプレッソマシンです。

こだわりのコーヒーを愉しむにふさわしいメタルの高級感と、どこか懐かしく可愛らしいシルエットが特徴で、このコーヒーメーカーがあるだけで一気にその部屋のおしゃれさが際立ちます。

カラーバリエーションも、アズーロブルー、ブラック、ホワイト、レッドとお部屋の雰囲気に合わせて選べます。

もちろんデザインがおしゃれというだけでなく、コーヒーメーカーの上部にあるトレーはカップウォーマーとなっているため、置いておくだけでカップをあらかじめ温めて最適な温度でエスプレッソが楽しめるという機能性も兼ね備える仕様。

おしゃれと言えば、ラテアートを楽しむこともできるので、自宅でラテアートを楽しみたいという方にも非常におすすめのコーヒーメーカーと言えるでしょう。

アスカソ(ascaso) / dreamUP

現在の価格はコチラ

エスプレッソやラテアートを楽しむ人のために、本気でデザインされたアスカソのドリームアップ。

スイッチや温度計に至るまで、まるでタイムスリップしたかのようなレトロなデザインに仕上げられているのが大きな特徴と言えるでしょう。

豊富なカラーバリエーションはどんな部屋、キッチンにも合わせやすく、とってもおしゃれで真面目なエスプレッソマシンとなっています。

そんな温故知新かつ独創的なデザインを手がけたのは、数々のインダストリアルデザインを生み出してきたMarc Ayanyoが担当し、1962年からスペインでエスプレッソマシンを作り続けてきたアスカソの品質と優れたデザインがあわさった、おしゃれなコーヒーメーカーです。

家庭用のエスプレッソマシンとして全自動にはないアナログ感を体験することができるコーヒーメーカーとしておすすめです。

デロンギ(De'Longhi) / エスプレッソマシン(EC221)

現在の価格はコチラ

近未来的な曲線に身を包んだスタイリッシュなデザインが特徴のエスプレッソマシン。新時代のデロンギらしいSFロボットのようなビジュアルがおしゃれなコーヒーメーカーです。

欲しいところに欲しいボタンがある使い勝手の良さも非常に高評価となっており使いやすいデザインであることもその特徴の一つと言えるでしょう。

曲線的なデザインに仕上げているため、同じようなサイズ感のコーヒーメーカーと比べてもコンパクトに見えるのも魅力的で、部屋のインテリアとしてデザインを見たときも、主張しすぎず溶け込みすぎず適度なアピール感がとってもおしゃれです。

もちろんコーヒーメーカーのトップブランドであるデロンギらしいプロ仕様な作りもポイントとなっており、ラテアートを楽しみたい、エスプレッソマシンでもおしゃれなものが欲しいという方に非常におすすめです。

シロカ(siroca) / 全自動コーヒーメーカー

現在の価格はコチラ

ドリップしたコーヒーポッドが三方向に囲まれたデザインが特徴的なドリップ式コーヒーメーカーです。

ステンレス製の外見は置く場所を選ばずスタイリッシュな雰囲気を生み出してくれます。また余計なものが削ぎ落とされたシンプルなデザインはインテリアとして男女を問わず使いやすいおしゃれなコーヒーメーカーと言えるでしょう。

機能的な面においても、ミル付きの全自動ということで使い手を選ばず、コーヒー豆と水をセットしボタンを押すだけで美味しいコーヒーが自動的に出来上がるので忙しい朝でも本格的なドリップコーヒーを楽しむことができます。

ミル付き全自動のコーヒーメーカーとしては非常にコンパクトなので、置く場所が狭いとお困りの方にもぜひ検討の余地があるコーヒーメーカーとなっているでしょう。

ガラスサーバーとステンレスサーバー、蒸らし機能があるものとない、ミルは杯数に応じて段階分けされています。

【SC-A121】ガラスサーバー、蒸らし機能:あり、ミル段階:4段階

【SC-A111】ガラスサーバー、蒸らし機能:あり、ミル段階:2段階

【SC-A130】ステンレスサーバー、蒸らし機能:あり、ミル段階:4段階

【STC-501】ステンレスサーバー、蒸らし機能:なし、ミル段階:2段階

【STC-502】ステンレスサーバー、蒸らし機能:なし、ミル段階:2段階(STC-501とはカラー違い、501がシルバー、502がレッドとなっています)

【STC-401】ガラスサーバー、蒸らし機能:なし、ミル段階:2段階

ビアレッティ(BIALETTI) / モカ・エキスプレス

現在の価格はコチラ

イタリアでは家にあるのが当たり前とも言われるタイプのコーヒーメーカーではありますが、日本ではなかなか見かけない、ましてや自宅に置いてあればそれはもうおしゃれなコーヒーメーカーとして言いようがありません。

そのトラディショナルなシルエットは独特の雰囲気を醸し出しながらも、ハンドル部分は人間工学に基づいて作られたという、テクノロジーと「古き良き」を見事に融合させたデザインが特徴です。

アルミ合金製で作られたシルバー色の外見は置き場所を選ばず、一目でその場所全体をおしゃれな雰囲気へと引き立てます。

火にかけるだけで本格的なエスプレッソを手軽に楽しむことができ、味にもこだわりたいという方にもおすすめとなっています。

ツインバード(TWINBIRD) / サイフォン式コーヒーメーカー

現在の価格はコチラ

見た目に非常にインパクトの強いコーヒーメーカーと言えば、やはりこのサイフォン式のコーヒーメーカーを紹介しないわけにはいかないでしょう。

もしもあなたが友人の家を訪れた際に、キッチンにこのコーヒーメーカーが置かれていれば間違いないく「おしゃれ」という言葉を発するに違いありません。

知らない人が見ればコーヒーメーカーであることすらすぐにはわからない外見はまさしくおしゃれなコーヒーメーカーということで間違いありません。

ましてやサイフォン式でコーヒーを淹れるところは、それだけでおしゃれという表現しか見つからないような特徴的なコーヒーメーカーと言えるでしょう。見た目にも淹れる姿にもこだわりたい方におすすめです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれる人気記事はコチラ <<
コーヒーメーカーの注目ブランド人気ランキング注目ブランド
人気ランキング
全自動ミル付きコーヒーメーカー人気ランキング全自動ミル付き
人気ランキング
1万円以内で買えるコーヒーメーカー人気ランキング1万円以内
人気ランキング
選ぶ前に知りたいコーヒーメーカーの性能を徹底比較性能
徹底比較
賢く選ぶために知っておきたいコーヒーメーカーの種類賢く選ぶ
種類別